喜劇 昨日の敵は今日も敵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昨日の敵は今日も敵から転送)
移動先: 案内検索
喜劇 昨日の敵は今日も敵
監督 前田陽一
脚本 石松愛弘、前田陽一
製作 渡辺晋大木舜二
出演者 堺正章
なべおさみ
吉沢京子
いかりや長介
音楽 山本直純
撮影 梁井潤
編集 諏訪三千男
製作会社 東宝
渡辺プロダクション
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年4月29日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 昨日の敵は今日も敵』(きげき きのうのてきはきょうもてき)は、1971年に制作された堺正章主演の映画。カラー、シネマスコープ、85分。

概要[編集]

  • 1971年の正月映画で公開された『喜劇 右むけェ左!』に引き続き、渡辺プロの2本立て作品である。
  • 本作では箱根小涌園でのロケを敢行し、協賛としてもクレジットされている。
  • また、本作に出演した桜井センリは同時上映された『だまされて貰います』にも出演している。

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

城南大学の応援団と音楽部は犬猿の仲である。ある日鍋山団長に引率された丸田、ひげ、ニキビらの応援団は、資金調達のため、箱根のホテルにボーイのアルバイトにでかけていった。そんなことは露知らぬ音楽部一同も、リーダーのヤスオを先頭に箱根へ演奏旅行とシャレこみ、両者はホテルでバッタリ鉢合わせ。この連中が、日頃の喧嘩も忘れてモーレツにアタックしたのが、美女さゆりを始めとする十数名の西北大学の空手部女性群。そんな騒動の中で、佐藤、五十嵐、池田のトリオがチャーミングなひとみを連れてホテルの迎賓館へやってきた。五十嵐が主催したドンチャン騒ぎの宴会の席上、公害問題を鋭く追求し、美しい自然を返せと大演説をブチ上げた。都市造りの広大なビジョンを打ちだす五十嵐が、城南大学の先輩と知った逆田と鍋山は大感激。一方、美しいひとみに、すっかりまいった逆田は猛ハッスル。新しい国家造りをさけぶ五十嵐は、ホテルを本拠にして、日本の独立を宣言することに……。

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

同時上映[編集]

だまされて貰います

外部リンク[編集]