宮城県古川高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古川高等学校から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城県古川高等学校
Furukawa high school.JPG
過去の名称 宮城県尋常中学校志田郡立分校
宮城県中学校志田郡立分校
宮城県第三中学校
県立宮城県第三中学校
宮城県立古川中学校
宮城県古川中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮城県の旗 宮城県
学区 宮城県
理念 「志懐霜雪」
三国志
校訓 「質実剛健」
「学問尊重」
「自主自律」
設立年月日 1897年
共学・別学 男女共学
分校 栗原分校
一迫分校
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 04105A
所在地 989-6155
宮城県大崎市古川南町二丁目3番17号
北緯38度34分14.7秒東経140度57分23.6秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

宮城県古川高等学校(みやぎけん ふるかわこうとうがっこう、英称:Miyagi Prefectural furukawa High School)は、宮城県大崎市にある男女共学県立高等学校

通称は「古高(ふるこう・ふるたか)」・「古川高(ふるかわこう)」・「学問探究」を標榜する学舎として知られている。

宮城県教育委員会の「進学拠点校等充実普及事業」・「魅力ある県立高校づくり支援事業」・「授業力向上支援事業」にも指定されている。2017年度には欧州連合主催の「EUがあなたの学校にやってくる」実施校にも選ばれた。

沿革[編集]

年表[編集]

年号 沿革
1897年明治30年4月1日 宮城県尋常中学校志田郡立分校と称し創立される。
1899年明治32年)4月1日 宮城県中学校志田郡立分校と改称する。
1900年明治33年)4月1日 宮城県第三中学校として独立する。
1901年明治34年)4月1日 宮城県第三中学校と改称する。宮城県第三中学校栗原分校(宮城県築館高等学校)設置。
1901年(明治34年7月1日 県立宮城県第三中学校と改称する。
1904年明治37年)4月1日 栗原分校が独立し宮城県第五中学校と改称。
1907年明治40年6月1日 宮城県立古川中学校と改称する。
1919年大正8年10月10日 宮城県古川中学校と改称する。
1948年昭和23年)4月1日 学制改革により宮城県古川高等学校と改称する。
1997年平成9年11月6日 創立百周年記念式典を挙行する。
2005年平成17年)4月1日 男女共学開始。

概要[編集]

  • 1897年に宮城県尋常中学校志田郡立分校として創立。旧制第三中学,古川中学などを経て1948年4月1日新制の高等学校に移行、宮城県古川高等学校。創設以来男子校だったが2005年男女共学になる。2016年現在、普通科で各学年6学級編成。宮城県古川高等学校卒業生は全日制課程19,340名 定時制課程(1963年度まで)369名の計19,709名、旧制中学時代の宮城県古川中学校の卒業生は4,126名になる。およそ120年の歴史と伝統を誇り各界に卒業生を送り出している。中国の故事に習い蛍と雪を校章にしている[1]

古高伝統「志懐霜雪」の精神[編集]

教育目標[編集]

教育基本法及び学校教育法に定められた高等学校教育の目的並びに目標を達成するために本校として次の目標を定める。

(1)健全な心身の育成

  • 清潔にして健全な品性を養うよう心がけるとともに、進んで心身を鍛え、質実剛健の精神を身につけるよう努める。

(2)真実の追求

  • 学問尊重の気風を興し、自発的学習意欲を高め、謙虚に真実を追求する態度と適正な判断力を養うよう努める。

(3)自主性の養成

  • 自主自立の精神を養い、自己の能力の伸長に努め、適正に応じた進路の実現を図る。

(4)人格の尊重

  • 正しく自己を愛するとともに、他を愛することのできる豊かな愛情を育て、お互いに信頼し合える誠実な頼もしい人となるよう努める。

(5)人類への貢献

  • 文化国家の形成者としての社会的使命を自覚して文化の発展に寄与し、更に国際社会への視野を広げ、世界の平和と人類の幸福の為に貢献する。

努力目標[編集]

学習指導[編集]

  • 1、平常授業体制を強化する。
  • 2、自主的な学習姿勢の育成に努める。
  • 3、個に応じた指導を工夫、整備する。

進路指導[編集]

  • 「学問尊重」を第一とする本校は「授業第一主義」の方針を立て大学受験対策の知識は「通常の授業」のみで習得でき東京大学京都大学国公立大学医学部、その他 国公立大学慶応大学早稲田大学などの私立大学にも十分対応できるように「基礎学力の充実」をはかり「朝学習・7時間授業・0.8時間授業」、「蛍雪講座・小論文対策講座・その他多くの課外授業・進路講演会・長期休暇の勉強合宿・大学教授出前講座・大学見学会」、「進路の手引き(シラバス)・先輩からの便り・進路ニュース」の発行、「進路指導室・進路資料室」などの設置を行い「第一志望大学」に現役合格させることを目的に進学指導をしている。 
  • 以前は2年次から「第二外国語」としてドイツ語を履修しており英語ではなくドイツ語で大学受験する者もいた。
  • 以前は業者模試の他に「三校連合模試」(石巻高校・築館高校・古川高校)による独自の合同模試が定期的に行われていたが現在は中止されている。
  • 2017年度から各地域の進学拠点校(白石高校気仙沼高校佐沼高校古川黎明高校・石巻高校・古川高校)の六校による難関大学志望者による合同勉強合宿が行われており勉強以外にディスカッションなども行われている。

キャリアセミナー[編集]

  • 本校ではただ単に大学進学させるのではなく将来どのような「専門職研究者」になって社会活動を送るのかということを考えて自分の進むべき進路を決め「正しい場所で正しい方向性を持った努力」をさせるための職業教育をしており様々な分野で活躍する本校OBなどによる講演会や外部講師によるセミナー、職場見学会などを行っている。

シティズンシップ教育[編集]

  • 本校では2017年度からイギリスで必須化されている「若者を立派な大人にするための総合的な取り組み」(シティズンシップ教育)を導入した人材育成をしている。

国際交流[編集]

進路状況[編集]

  • 2016年度の合格実績は国公立大学113人(現浪合計)現役97人、浪人16人。主な合格先(京都大1、名古屋大1、東北大8(医2、工1、理2、経2、文1)、筑波大1、首都大学東京1、東京学芸大1、電気通信大1、横市大2、千葉大1、新潟大1など)。私立大学390人(現浪合計)現役340人、浪人50人。主な合格先(慶応大1、早稲田大2、明治大12、青山学院大4、立教大2、中央大8、法政大17、東京理科大2、成城大2、成蹊大1、明治学院大5、国学院大2、武蔵大3、獨協大1、東京都市大1、日本大18、東洋大3、駒澤大9、専修大7、東京農業大9、芝浦工業大3、東京電気大4、神奈川大5、東海大5、北里大1、同志社大1、立命館大3、近畿大3、岩手医科大1、東北医科薬科大8、東北学院大105など)。京都大や名古屋大、東北大医学部などの国公立大学、慶応大や早稲田大をはじめとする私立大学にも多数の合格者を出している。※「本校進路指導部申告情報」、「サンデー毎日」、「週刊朝日」参照。

指定校推薦[編集]

学習環境[編集]

  • 蛍雪会館二階の蛍雪学習室、図書館、指定空き教室(全て冷暖房完備)を早朝昼放課後休日に開放しており職員室滞在の教員にも質問は自由で「自学自習」の学習環境は整っている。休み時間や蛍雪会館一階の食堂で食事をしながら勉強している者、通学帰宅時の新幹線や電車やバスの中でも時間を惜しんで勉強している光景も見られ学問尊重の気風と伝統が漂った校風の学校である。古川駅前のふるさとプラザ4階に自習室が置かれ新幹線・電車・バスの待ち時間も有効に活用できる。

生徒指導[編集]

  • 1、個人の特徴を十分に生かした生徒指導を行うために、生徒一人ひとりに対する理解を深める。
  • 2、生徒活動などを通じて、共同生活の基本的生活習慣を体得させ、かつ教師と生徒との人間的なふれ合いを深めて、学校生活を充実させる。
  • 3、服装・言語・生活態度などの指導を適切に行い、質実剛健をもって自発的に規律を守る自主的な人間を育成する。

基礎データ[編集]

校風・建学の精神[編集]

  • 「自由の学風」を建学の精神とし「質実剛健」「文武両道」を教育の旨としている。生徒と教師は「自由(リベラル)な校風」のなかで「自主自律の精神」に従い「勉学・部活動・学校行事・趣味・その他の社会活動(留学・ボランティアなど)」に積極的に取り組み、様々な経験をしながら教養を深め、「三育併進」(智力・気力・体力)ともに優れたバランスの良い調和の取れた豊かな人間性を持った人材の育成に努めている。

校訓[編集]

  • 「質実剛健」
  • 「学問尊重」
  • 「自主自律」

校歌・図南歌[編集]

  • 1910年4月制定、作詞者は本校で国語・英語の教諭を務めていた星合愛人、作曲者は東京音楽学校教授の田村虎蔵。田村は東京都立上野高等学校校歌の作曲もしている。また図南歌という母校への思いを込めた曲もあり、第二校歌ともいわれる位置づけで歌い継がれている。作詞は中学第42回の卒業生、作曲はそのときの物理担当の教諭による[2]

象徴[編集]

校章[編集]

  • 「晋の車胤は貧しくて油が買えず蛍を集めて、その明かりで勉強し、晋の孫康も雪明りで勉強し、ともに後に大成した」(晋書蒙求)の「蛍雪の功(蛍窓雪案)」空しからずの中国の故事と本校の学問尊重の気風が融和し「蛍雪章」となった。蛍雪章は「真理追求」の情熱を示している。「蛍雪章」を校章としているのは本校の他に愛媛県今治西高校がある(月刊誌『螢雪時代』)。古高生は「蛍雪健児」(けいせつけんじ)とも称される。

校旗[編集]

  • 紫地に月桂樹の葉と中の文字を染め抜いている。

応援団旗[編集]

  • 紫紺を地に蛍雪章を描いたものが使用されている。

スクールカラー[編集]

校章や校旗の他、部活動のユニホームの校章のマークに紫紺の色が使われており、校舎も薄紫色である。

通称[編集]

服装[編集]

  • 男女とも私服。

兄弟校・姉妹校[編集]

文庫[編集]

『守屋文庫』
『杉野目文庫』
『森先生記念文庫』

揮毫[編集]

『志懐霜雪』
  • 高橋是清による揮毫、本校校長室に飾ってある。読み方は、「こころざしはそうせつをいだく」、「其(その)志は高尚でいさぎよく」という意味。
『行之貴日新』
  • 後藤新平による揮毫、本校校長室に飾ってある。
千里始足下
高山起微塵
吾道亦如此
行之貴日新
白居易続座右銘[3][4]の一部で、読み方は「千里も足下より始まる 高山も微塵より起こる 吾が道もまたかくのごとし これを行いて日々に新たならんことを貴ぶ」。
「千里の道も一歩から、何事も新しい気持ちで取り組むことが大切である」という意味。
『不撓不屈 』
  • 中40回卒業生伊藤宗一郎による揮毫、本校正玄関に飾ってある。

財団法人古川高等学校育英会[編集]

  • 中五回卒の亀谷徳兵衛から1977年クラブ活動の助成に2000万円の寄贈があり、財団法人古川高等学校育英会を設立。その利子をクラブ活動で成績顕著な生徒10名以内に贈りクラブ活動の向上に役立てている。高24回卒の小嶋進が旧古川女子高校のクラブ活動の向上にと毎年100万の寄贈をしていた。

キャンパス構成[編集]

  • グラウンドやテニスコート3面、野球場(第二グラウンド)、ハンドボールコート、体育館、第二体育館、相撲場、プール施設などがある。校舎、家庭科棟などに分かれる。他には、同窓会館である蛍雪会館や凌雲文化センターやトレーニングセンター、運動部室棟、文化部室棟、シャワールームなどが設置されている。鬼首かむろ山小屋がある。

周辺環境[編集]

  • キャンパス西側には古川星陵病院、セブンイレブン、郵便局、古川信用金庫、瑞泉寺。北側には福祉施設Fプラザ、公園、緒だえ川、市役所、七日町、東側にはファミリーマート、ウジエスーパー、七十七銀行、古川駅があり市の中心部に位置し大変便利な環境に位置している。

古高相撲部土俵びらき[編集]

有桓寮[編集]

  • 大正時代に遠隔地から通学する生徒のために二階建ての洋風館の寄宿舎を建設。収容人数50名

古高学校林[編集]

  • 大正天皇即位記念として同窓会が三本木長に購入した山林に1915年11月職員、生徒、同窓会員の寄付による杉苗500本を移植した。翌年3月に2100本を植え付け、更に4月、21年5月松苗1000本を植えて植林は終了した。40年後、校長公舎新築の際の財源となった。その伐採跡には昭和28年4月、赤松4500本、杉1000本を捕植した。平成元年に伐採し、平成2年、杉、ヒノキを捕植し現在に至っており、山林の所有名義は同窓会会長となっている。

設置学科[編集]

廃止された課程[編集]

年間学校行事[編集]

2学期制

前期 4月 入学式、始業式、新任式、応援練習、PTA総会、築高定期戦
5月 大崎地区総体、面談週間、吹奏楽部定期演奏会、舟形山遠足1年
6月 避難訓練、県高校総体、第1期考査、生徒総会、仙台駅前総体エール
7月 古高祭(文化祭)、全校集会、東北大オープンキャンパス、1~2年学習合宿、保護者面談、3年夏季課外
8月 3年夏季課外、全校集会、体育大会
9月 第2期考査
後期 10月 後期始業式、芸術鑑賞会、面談週間
11月 避難訓練・防災教室、大学出前講座、第3期考査、
12月 2年修学旅行、全校集会
1月 全校集会、センター試験
2月 前期高校入試、第4期考査、同窓会入会式
3月 卒業式、後期高校入試、修業式、吹奏楽部スプリングコンサート

宮城県の旗 宮城県築館高等学校とは、全校を挙げた「古高・築高定期戦」(古川高校では「築高戦」、築館高校では「古高戦」と呼ばれる)が毎年4月に開催されている。通算成績は37勝15敗3分け。

定期戦・仙台駅前総体エール[編集]

築館高校定期戦
  • 毎年4月末に兄弟校である宮城県築館高等学校と伝統行事の「築高定期戦」を県総体の前哨戦として行なっている。この行事に向け、新入生は朝昼放課後の応援練習に励み校歌、図南歌、他数曲の応援歌を覚え古高生の自覚と誇りを身につける。
小牛田農林高校剣道定期戦
  • 過去に宮城県小牛田農林高等学校と毎年、両校剣道部同士の対抗戦をしていたが現在は中止されている。対戦成績は本校剣道部が一度も勝つことが出来ず不本意な結果となっており本校剣道場には「打倒小牛田」の垂幕があり目標とし活動している。小牛田農林高等学校剣道部は全国制覇もしている高校剣道界の名門校である。
仙台駅前総体エール
  • 毎年6月初めの宮城県高校総体当日に仙台駅前ペデストリアンデッキで総体エールを行っている(宮城県の高校では本校だけに許可されている伝統行事)。仙台在住のOB・OGなども数多く訪れ杜の都仙台風物詩にもなっている。

生徒会活動、部活動[編集]

生徒会活動

通常の生徒会活動は生徒会執行部が行う。行事活動には別に有志による運営委員会を発足させ、立案から実行までを行う。生徒会誌「凌雲」の発行。

應援團

古高には、常設の應援團があり、1年間を通して活動を行う。団員は詰襟学生服に身を包み、エールや校歌等を歌ったりして応援する。四月の築高定期戦と六月の仙台駅前総体エールを中心に活動し、他の部から要請があれば、試合会場に行き応援することがある。応援活動の基礎になっているのは「クラス回り」である。応援団は評議委員会によって定められた團則に沿って活動している。

古川高等学校校歌・応援歌一覧
運動部
  • 野球
    1897年明治30年)7月に東京から帰省中の吉野作造が旧制古川中学(現古川高等学校)の生徒たちに野球を教えたのが古川の野球の始まりと言われている。1921年に創部、以来県大会(甲子園県予選)を三度制し優勝しているが当時は一県一校代表制ではなかったため2次予選の東北予選を通過することができず甲子園出場はいまだない。しかし第16回神宮大会1962年)昭和37年には北海道・東北地区代表として一度出場している。プロ野球選手も二人輩出し社会人野球でも活躍しているOBもおり、各地域の指導者となって後進の指導に当たっている卒業生も数多くいる。2018年の秋季県大会を準々決勝東北高校に4-3、準決勝大崎中央高校(宮城第3)に4-0、決勝では仙台育英に敗れはしたが準優勝し57年ぶりに東北大会に宮城第2代表として出場し弘前東(青森第2)に4-3、秋田修英(秋田第1)に3-1と勝利し(共に私立強豪校)、公立では唯一のベスト4に進出する快進撃みせ校風である「文武両道」を体現し「公立の星」と言われた。最速137キロの直球を投げるエースで4番の千坂は学業成績も優秀なことから”IQ鉄腕”と呼ばれ今大会屈指の好投手として活躍した。主将の高橋寛太捕手の好リードも光り、リードオフマンの大石雄大を中心とした攻撃力にも力がある。チーム全体としても手堅い守備力に定評がある。今期から監督に就任した茂泉公己監督も2014年佐沼高校を夏の県大会準優勝に導いた実績の持ち主である。2019年の「21世紀枠選抜大会」の最有力候補になっている。甲子園出場は本校卒業生及び地域社会の悲願であり、今回の出場を勝ち取るために地域一丸となって活動している。
  • 宮城県高野連は11月7日、選抜高校野球大会(来年3月23日開幕、甲子園)の21世紀枠推薦校に本校を推薦した。推薦理由としては「今秋は県準Vで57年ぶりの東北大会出場」、「地域への感謝の気持ちを日頃から実戦し、進学校として文武両道を貫き、平日は放課後の2時間程度の決められた練習時間で、東北大会で2勝し4強入りした」、「15年9月の豪雨で近隣の渋井川が決壊した際にはいち早く後片付けに駆けつけ、東日本大震災の被災地である塩釜市・野々島での復興支援に毎年参加するなど、ボランティア活動を実践している」、「県内のチームの模範とされるにふさわしい」などである。
文化部
同好会
専門部
  • LHR委員会
  • 図書委員会
  • 視聴覚委員会
  • 保健委員会
  • 生徒会誌編集委員会
  • 風紀委員会
  • 舟形登山実行委員会
  • 古高祭実行委員会
  • 体育祭実行委員会
  • 交通委員会
  • ボランティア委員会

歴代校長[編集]

歴代の学校長一覧
氏名 就任 退任 出身校
1 下条幸次郎 明治.30.4 明治33.4
分校主事 森慎一郎 明治.30.4 明治32.7
2 小林満三郎 明治.33.4 明治36.3
3 石井要 明治.36.4 明治38.3
4 児玉実徳 明治.38.34 明治2.3
5 糟谷宗資 明治.42.3 大正3.2
6 河合絹吉 大正.3.2 大正.4.10
7 安部虎之助 大正.4.10 大正.9.6
8 小松崎亮太郎 大正.9.6 大正.12.3
9 山下勝太郎 大正.12.3 昭和.2.9
10 武智啓次郎 昭和.2.9 昭和4.4
11 畑平次 昭和.4.4昭 和7.7
12 土井賢士 昭和.7.7 昭和10.4
13 相原賢蔵 昭和.10.4 昭和19.5
14 高野正己 昭和.19.7 昭和21.3
15 浅野直久 昭和.21.4 昭和22.2
16 池村豊次郎 昭和.22.2 昭和24.3
17 長田雅太郎 昭和.24.3 昭和27.4
18 小圷洋 昭和.27.5 昭和36.3 東京大学
19 村上忠孝 昭和.36.4 昭和40.3
20 一場武之 昭和.40.4 昭和43.3
21 小野寺明男 昭和.43.4 昭和45.3
22 駒板泰一 昭和.45.4 昭和49.3
23 大場岩夫 昭和.49.4 昭和51.3
24 小野善次 昭和.51.4 昭和53.3
25 岡本精一 昭和.53.4 昭和58.3
26 佐藤友美 昭和.58.4 昭和60.3
27 齋藤富二 昭和.60.4 昭和62.3
28 庄子典男 昭和.62.4 平成元.3
29 大槻勇 平成元.4 平成4.3 東北大学
30 渋谷候夫 平成元.4.4 平成7.3
31 高橋健三 平成元.7.4 平成9.3 東北大学
32 久保田齋 平成9.4 平成11.3 東北大学
33 大沼康哉 平成11.4 平成14.3 東北大学
34 二宮景喜 平成14.4 平成16.3 国際基督教大学
35 鈴木克之 平成16.4 平成18.3 岩手大学教育学部
36 山本照夫 平成18.4平 成21.3 東北大学
37 佐々城洋 平成21.4.1 平成23.3.31 東北大学
38 鈴木悟 平成23.4.1 平成27.3.31 山形大学教育学部
39 浅野悟 平成27.4.1 平成28.3.31 東北大学
40 金和弘 平成29.4.1 東京理科大学

歴代同窓会会長[編集]

歴代の同窓会会長一覧
氏名 就任 退任
1 糟谷宗資 明治.30.4 明治33.4
2 河合絹吉 明治.33.4 明治36.3
3 阿部虎之助 明治.36.4 明治38.3
4 小松崎亮太郎 明治.38.3 明治42.3
5 山下勝太郎 明治.42.3 大正3.2
6 武智啓次郎 大正.3.2 大正.4.10
7 畑平次 大正.4.10 大正.9.6
8 土井賢志 大正.9.6 大正.12.3
9 山下勝太郎 大正.12.3 昭和.2.9
10 相原賢蔵 昭和.2.9 昭和4.4
11 高野正己 昭和.4.4 昭和7.7
12 池村豊次郎 昭和.7.7 昭和10.4
13 佐々木忠右ェ門 昭和.10.4 昭和19.5
14 佐藤宗樹 昭和.19.7 昭和21.3
15 今野慶太郎 昭和.21.4 昭和22.2
16 米城一善 昭和.22.2 昭和24.3
17 野村喜太郎 平成5 平成17
18 渡辺義之 平成18 平成28
19 伊藤貞嘉 平成29

著名な関係者[編集]

著名な教職員[編集]

出身者[編集]

社会運動[編集]

政治[編集]

行政[編集]

経済[編集]

法曹[編集]

医療[編集]

学界・研究[編集]

教育[編集]

芸術・文化[編集]

芸能[編集]

マスコミ[編集]

技術開発[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

同窓会組織[編集]

  • 同窓会組織として「宮城県古川中学校・古川高等学校同窓会」(略称:古中・古高同窓会)があり、居住地域別・職域別・年次別・クラブ活動別などの同窓会がそれぞれ組織されており会報「螢雪」が年2回発行されている。
「地域別同窓会組織」
  • 本部古高同窓会
  • 在京古高同窓会
  • 関西古高同窓会
  • その他支部同窓会
「職域別同窓会組織」
「同期会」
  • 各学年別同窓会
「部活動OB会」
  • 各部活動別同窓会
「関東在住四校合同同窓会」
「在京古高・築高同窓会」
  • 関東在住の古川高校と築館高校の卒業生よる兄弟校同士の合同同窓会を検討中で現在は役員どうしの交流になっている。
「タカラジェンヌ連つかさ後援会」
  • 本校高61回卒のタカラジェンヌ蓮つかさを後押しする会で関西蛍雪会と在京蛍雪会が中心となってバックアップしている。各公演観劇後には「囲む会」を行い同窓生と親睦を深めている。
「カンテル組」
  • 本校元教諭の菅野照雄先生の教え子たちが作る会。
「憲法九条」を守る会

アクセス[編集]

所在地
  • 〒989-6155 宮城県大崎市古川南町二丁目3の17。
新幹線
電車
バス
バイク
  • 原則として本校までバイクにて直接通学することは禁止されている。ただし、遠距離通学者に限り最寄の駅まで利用することは許可されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]