相沢滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相沢 滋
七十七銀行硬式野球部 コーチ兼任選手
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 七十七銀行

相沢 滋(あいざわ しげる)は、社会人野球の選手(投手)。七十七銀行所属。

経歴・人物[編集]

古川高等学校時代、2年時の秋季大会で利根川直弥仙台六大学野球連盟で本塁打王、ベストナイン)、石田茂樹中日ドラゴンズの視察が見に来た俊足・強肩の好選手)らと仙台育英高校を破りベスト4まで勝ち進んだ。宮城県選抜にも選ばれ台湾遠征した。

高校卒業後は、東北学院大学に進み、仙台六大学リーグで活躍した。

大学卒業後、社会人野球の七十七銀行に入行。

都市対抗野球2次予選東北大会決勝でJR東日本東北に2-1で勝利。摂津正投手との投手戦にも勝利し、最優秀選手賞に選ばれる。

2004年には都市対抗野球で全国ベスト4にまでエースとして導いた。