トヨタ東京販売ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トヨタアドミニスタから転送)
Jump to navigation Jump to search
トヨタ東京販売ホールディングス株式会社
TOYOTA Tokyo Sales Holdings Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TSH
本社所在地 日本の旗 日本
108-0023
東京都港区芝浦4丁目8番3号
トヨタ東京販売ホールディングス芝浦ビル
設立 2000年8月10日
業種 サービス業
法人番号 5010401042032
事業内容 子会社の業務管理・戦略統括
自動車用品取付・架装、自動車陸送、
情報システム管理統括
代表者 吉武一郎(取締役社長
資本金 181億円
売上高 連結:4,397億円
従業員数 単独:256名
連結:7,841名(2013年3月現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 トヨタ自動車 100%
主要子会社 東京トヨタ自動車
東京トヨペット
トヨタ東京カローラ
トヨタ西東京カローラ
ネッツトヨタ東京
トヨテック
トヨタメトロジック
外部リンク http://www.toyota-tsh.co.jp/
テンプレートを表示

トヨタ東京販売ホールディングス株式会社TOYOTA Tokyo Sales Holdings Inc.)は東京都港区に本社を置く東京のトヨタディーラーを統括する持株会社中間持株会社)である。

会社概要[編集]

  • 旧社名は「トヨタアドミニスタ東京」(2000年)(Toyota Administa Tokyo)→「トヨタアドミニスタ」(2001年 - 2017年3月)。過去にはグループ内では「TAT」の略称で表記されていた(旧々社名の名残)。社名変更に伴い現在は「TSH」と略される。
  • トヨタ自動車の黎明期、当時の東京市場でのディーラー(販売代理店)展開において日産自動車に有力ディーラーを取られたため、100%子会社でディーラー展開を図った[1]という歴史的経緯の中、各販売チャンネルの統括会社として設立された。
  • トヨタディーラー6社、レクサス販売店、車両物流情報システムを統括、各ディーラーの管理業務や営業サポート・企画がこの会社に集約されており、役員を除くほぼ全ての従業員がディーラー各社からの転籍者と出向者で構成されている。
  • トヨタ自動車設立当時に義務付けられていた自動車ホテルの跡地である港区芝浦の「トヨタ東京販売ホールディングス芝浦ビル」に本社を構えており、同ビル内には東京トヨペット・トヨタ東京カローラ・ネッツトヨタ東京の本社、子会社であるトヨテックの本社、損害保険会社の東京海上日動あいおいニッセイ同和損害保険の営業部が同居している。
  • また、同じ敷地内には「トヨタテクノクラフト」の本社(レクサスサービスセンター)ビル、そのビル内には「トヨタ自動車南関東分室」がある。
  • かつてはフォルクスワーゲンの販売事業も行っていたが、2016年12月をもって事業を終了している。
  • 2019年4月を目処に、トヨタ西東京カローラをネッツトヨタ多摩に譲渡し、残りの4販社とトヨタ東京販売ホールディングスを統合する予定である[2]

事業内容[編集]

TSHグループとして以下の事業を展開している。

自動車販売事業[編集]

東京都内のトヨタ販売店のうちトヨタ自動車が出資するディーラー(直営店)

の5社を統括している。 グループ全体での従業員数は約7,800人、店舗数は約300店舗、自動車販売台数は約18万台、売上高は約4,500億円となり、自動車ディーラーとして考えれば国内最大規模といえる。

2011年2月にはトヨタ初となる系列合同ディーラー『T-プラザ』の第1号店(『T-プラザ金町』。トヨタ店以外の全てのチャネルが入る)を東京都葛飾区にオープンさせている。

かつては自社内でも中古車販売事業「カーロッツ」を展開していたが、現在は撤退している。

物流事業[編集]

車両物流会社『トヨタメトロジック』を傘下にし、新車物流センターとして機能している。トヨタ・レクサス・フォルクスワーゲンの新車点検整備・ディーラーオプションの取付・特別架装・車両保管と車両配送などの業務を集約とした事業を行っている。

東京の直営店以外にも

と、民営店やトヨタディーラーが運営していないレクサス販売店(オブザーバー)の物流事業も請負っている。

情報システム事業[編集]

情報システム会社『トヨテック』を傘下にし、上記販売店の基幹業務の支援および開発、システムコンサルティング、コンピュータシステムの企画・設計・開発・維持・運用管理などの請負、ソフトウェア開発事業を行っている。

かつての事業[編集]

フォルクスワーゲン販売店

2016年12月をもって、事業終了になった。 上記事業が終了になったことにより、トヨタ自動車100%出資のVolkswagen販売店は国内から姿を消すことになった。

沿革[編集]

  • 2000年8月 - トヨタアドミニスタ東京株式会社設立
  • 2001年7月 - トヨタアドミニスタ株式会社へ社名変更
  • 2001年8月 - トヨタ自動車から都内販売店(5社)とトヨタメトロジック株式会社の全株式を移転
  • 2002年4月 - 本社を池袋(アムラックス内)から芝浦に移転
  • 2002年12月 - 株式会社トヨテックを子会社化
  • 2003年8月 - トヨタアドミニスタ芝浦ビル竣工
  • 2006年11月 - DUO東京株式会社設立
  • 2011年2月 - 合同ディーラー「T-プラザ金町(東京都葛飾区)」[3]を開店
  • 2011年4月 - 一部社員と派遣社員を除いた全従業員を転籍
  • 2016年12月 - フォルクスワーゲン事業終了、それに伴い、DUO東京株式会社を吸収合併
  • 2017年4月 - トヨタ東京販売ホールディングス株式会社に社名を変更。[4]
  • 2018年4月 - トヨタレンタリース東京がグループを離れる(トヨタフリートリースと合併して「トヨタモビリティサービス株式会社」になり、トヨタ自動車の完全子会社化)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、東京トヨタ自動車他資本系列として創業後トヨタ自動車が買収しており他チャネルの販売店とは異なる経緯を持つ。
  2. ^ トヨタ、東京の販売会社を統合へ トヨペット、カローラ、ネッツなど「融合」し新会社設立(乗りものニュース、2018年4月2日)
  3. ^ 東京トヨペット、トヨタ東京カローラ、ネッツトヨタ東京の3社合同店舗。
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]