佐藤仁一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 仁一(さとう じんいち、1951年昭和26年)4月22日[1] - )は、日本政治家宮城県議会議員。元宮城県岩出山町(現・大崎市

来歴[編集]

宮城県大崎市玉造郡岩出山町出身、宮城県古川高等学校卒業後酪農業に従事する[2]1990年、岩出山町長に当選、大崎市に合併する2006年まで4期務める。この間、岩出山町にあるあ・ら・伊達な道の駅の社長に就任、経営を黒字に転換させた[2]2010年の大崎市長選挙に立候補したが、現職の伊藤康志に敗れた[3]2014年の大崎市議会議員選挙に立候補してトップ当選した[4]2018年の選挙でも再選[5]2019年の宮城県議会議員選挙で大崎市選挙区から立憲民主党公認で立候補し、当選した[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]