袖井林二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

袖井 林二郎(そでい りんじろう、1932年3月9日 - )は、日本政治学者評論家。専門は、戦後日米関係史、国際政治史、アメリカ政治論。

宮城県遠田郡小牛田町(現・美里町)出身。戦後史関係資料を広範に探索してきたことで知られている。妻は社会学者袖井孝子

略歴[編集]

著作[編集]

単書[編集]

  • 『燃えるアメリカゆれるアメリカ』現代史資料センター出版会 1972
  • 『マッカーサーの二千日』 中央公論社、1974、中公文庫、1976、改版2004
  • 『私たちは敵だったのか 在米ヒバクシャの黙示録』潮出版社 1978、角川文庫 1980、岩波同時代ライブラリー 1995
Were We the Enemy?: American Survivors of Hiroshima, edited by John Junkerman, (Westview Press, 1998).
  • 『反核のアメリカ』 潮出版社、1982
  • 『拝啓マッカーサー元帥様――占領下の日本人の手紙』 大月書店、1985、中公文庫 1991、岩波現代文庫、2002
  • 『夢二加州客中』集英社 1985
  • 『占領した者された者――日米関係の原点を考える』 サイマル出版会 1986
  • 『リメンバー昭和!――同時代史の覚え書』 丸ノ内出版 1999
  • 『アーサー・シイク義憤のユダヤ絵師』社会評論社 2007
  • 『夢二 異国への旅』ミネルヴァ書房 2012 

共著[編集]

編著[編集]

  • 『世界史のなかの日本占領――国際シンポジウム』(日本評論社、1985)

共編著[編集]

  • (福島鑄郎)『マッカーサー――記録・戦後日本の原点』(日本放送出版協会、1982)
  • (竹前栄治)『戦後日本の原点――占領史の現在』(悠思社、1992)

訳書[編集]

  • H.ベアワルド『指導者追放 占領下日本政治史の一断面』勁草書房 1970
  • ジェラルド・リーチ『バイオクラット 試験管ベビーから人造人間まで』袖井孝子共訳 読売新聞社 1972 
  • アンジェラ・デービス編著『もし奴らが朝にきたら 黒人政治犯・闘いの声』監訳 現代評論社 1972
  • ハワード・B・ションバーガー『ジャパニーズ・コネクション――海運王K・スガハラ外伝』文藝春秋、1995
  • 吉田茂=マッカーサー往復書簡集 1945-1951』(編訳 法政大学出版局 2000、講談社学術文庫、2012) 

参考[編集]

  • 袖井林二郎教授略歴・著作目録 (袖井林二郎教授定年退職記念号) 法学志林 2000-03