勝浦タンタンメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝浦式タンタンメンから転送)
移動先: 案内検索
勝浦タンタンメン

勝浦タンタンメン(かつうらタンタンメン)は、千葉県勝浦市の飲食店で供される担担麺の名を用いたご当地ラーメンである。

勝浦のタンタンメンは、当地の海女・漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着していた。

基本スタイルは醤油をベースにしたスープに中華麺が入り、具材としてラー油唐辛子で炒めた玉ねぎと豚挽き肉が載っている[1][2][3]。一般的な担担麺に使われるゴマ芝麻醤は使用しない[1][3]

メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。

また勝浦タンタンメンはONE勝浦企業組合が管理する地域団体商標である。

歴史[編集]

発祥は1954年(昭和29年)創業[4]の千葉県勝浦市(当時、後に鴨川市に移転・現存)「江ざわ」とされる[1][2][3][4]。当時、大衆食堂であった同店の店主が担担麺の存在を知り、再現してメニュー化しようと取り組んだが、ゴマの風味を出す調味料芝麻醤が手に入らなかったことで試行錯誤した結果、独自の味が生み出された[1]。普及の経緯は、寒い海仕事を行った海女漁師などの漁業関係者が冷えた体を温めるためのメニューとして好んで食され[1][2][3][4]、勝浦市内の飲食店において急速に広がり定着した[1]

現在勝浦市では、中華料理店のみならず、焼肉店や喫茶店など、様々なジャンルの飲食店30店舗以上で提供されている[1][2][3][5]ローソンヤックスドラッグからも期間限定で商品化・発売されたことがあるほか[6]2012年10月にはエースコックが「勝浦タンタンメン」の商品名でカップラーメンを発売している[7]

派生した展開も行われており「勝浦タンタンメン味のおにぎり」「勝浦タンタンメンチップス」など関連する商品が常時・期間限定で発売されている[5][8]

2011年には勝浦市内の店舗などにより「熱血!!勝浦タンタンメン船団」を結成し、11月12日13日兵庫県姫路市で開催されたB-1グランプリ全国大会に初出場、63団体中7位で入賞した。場所柄、近畿以西の西日本の団体と、東日本大震災後ということもあり東北地方の団体の入賞が多い中、関東地方から唯一の入賞となった[9]2012年10月20日21日福岡県北九州市で開催されたB-1グランプリ全国大会でも、同じく関東地方から唯一となる8位入賞を果たした[10]2015年10月3日4日青森県十和田市で開催されたB-1グランプリ全国大会では、ゴールドグランプリを獲得した[11]。このほか、地方大会でも、2011年9月10日11日埼玉県行田市で開催された「関東B-1グランプリin 行田」で2位となり[9]、2012年11月24日25日山梨県甲府市で開催された「2012関東・東海B-1グランプリin甲府」ではゴールドグランプリ(1位)を獲得した[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]