京都女子大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都女子大学短期大学部
Gthumb.svg
大学設置/創立 1950年
学校種別 私立
設置者 学校法人京都女子学園
本部所在地 京都府京都市東山区今熊野北日吉町35
北緯34度59分17.3秒 東経135度46分48秒 / 北緯34.988139度 東経135.78000度 / 34.988139; 135.78000座標: 北緯34度59分17.3秒 東経135度46分48秒 / 北緯34.988139度 東経135.78000度 / 34.988139; 135.78000
学部 文学科
初等教育学科
生活造形学科
ウェブサイト 京都女子大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

京都女子大学短期大学部(きょうとじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: Kyoto Women's Junior College)は、京都府京都市東山区今熊野北日吉町35に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は京都女子短大部、京女短。 学校法人京都女子学園(はじめ龍谷女子学園)の運営する京都女子大学に付設された短期大学部である。2010年度を最後に学生募集を停止し、組織の大部分は京都女子大学に統合された。

開学当初から文科(後に文学科)・家政科(後に生活科学科、更に生活造形学科)、次いで初等教育科(後に初等教育学科)を置く。学科数や入学定員等の規模は、日本の短期大学としては大きかった(最大時には入学定員計1,260人)。「親鸞上人の体せられた仏教精神に基づく人間教育」を建学の精神とし、仏教系大学として、一般教育科目として「仏教学」が開講される。京都女子大学と関係は深く、短大卒業後に京都女子大学へ編入学する者も一定数存在した。

沿革[編集]

  • 1950年 京都女子大学短期大学部開学。運営主体は財団法人龍谷女子学園。文科国語専攻・英語専攻、家政科被服専攻・食物専攻を置く。
  • 1951年 運営主体を学校法人京都女子学園に変更。学科を増設する。
    • 国語科II部→1958年3月31日廃止[1]
    • 家政科II部→1958年3月31日廃止[2]
  • 1958年 初等教育科を増設。
  • 1991年 学科名を変更する。
    • 文科→文学科
      • 国語専攻→国語・国文専攻
      • 英語専攻→英語・英文専攻
    • 家政科→生活科学科
      • 被服専攻→生活造形専攻
      • 食物専攻→食物栄養専攻
    • 初等教育科→初等教育学科
  • 2004年 生活科学科食物栄養専攻を京都女子大学家政学部に移行し、生活科学科を生活造形学科に改称
  • 2011年 学生募集を停止

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市東山区今熊野北日吉町35

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

京都女子大学短期大学部のカレッジマークは大学と同様「フジ」をイメージしている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 文学科
  • 生活造形学科:美的感性と表現力の養成をねらいとされている課程で、「生活科学概論」・「色彩学」・「生活美学」・「服装論」・「被服構成学」・「アパレル造形実習」などの科目や、教職課程が設置されている関係上、「食生活実習」・「衣服実習」・「保育学」などの科目もある。
  • 初等教育学科:「教育心理学」・「幼児教育学」・「保育内容指導法」・「発達心理学」・「現代学校論」など初等教育者として必要な科目を学ぶ。
過去に設置されていた学科[編集]
  • 生活科学科食物栄養専攻:「栄養学総論」・「食品加工学」・「調理学実習」・「栄養指導論実習」・「給食管理実習」など栄養士資格を取得するための科目が中心に開講されていた。学生募集は2003年度までで、翌年度より京都女子大学家政学部に移行した。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
  • 司書司書教諭
    • 文学科
      • 国語・国文専攻
      • 英語・英文専攻
    • 生活造形学科
    • 初等教育学科
  • 栄養士:過去にあった生活科学科食物栄養専攻にて設置されていた。
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状
    • 国語:文学科国語・国文専攻
    • 英語:文学科英語・英文専攻
    • 家庭:生活造形学科
    • 保健:過去にあった生活科学科食物栄養専攻にて設置されていた。
  • 小学校教諭二種免許状:初等教育学科にて設置されている。
  • 幼稚園教諭二種免許状:初等教育学科にて設置されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 京都女子大学短期大学部のクラブ活動は体育系・文化系ともに大学と合同となっている。

学園祭[編集]

  • 京都女子大学短期大学部の学園祭は「藤花祭」と呼ばれ、大学と合同で行われているのが特徴である。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

京都女子大学短期大学部は、大学と同様に同窓会組織である「藤陵会」がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

大学と共同でキャンパスを使用している。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

姉妹校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

これまで、京都女子大学以外では以下の実績がある。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1954年度在籍者数は全学年で71人。
  2. ^ 1954年度度在籍者数は全学年で123人。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。