ベジタリアニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菜食主義は英語のベジタリアニズム(Vegetarianism)の日本語の訳語で、植物性食品を主とした食生活を行うことである。 社会一般では菜食主義の表現が一般的だが、近年、欧米では動物愛護の観点から肉食を避ける運動があり、この運動の影響を受けた日本人の間ではカタカナ語のベジタリアンが使われる。それを実践する者を菜食主義者・ベジタリアンと呼ぶ。

また、欧米では動物製品(乳製品や卵及び革製品や絹製品)を一切摂取あるいは使用しないヴィーガンがいるため、その分類が細かく、動物性食品を全く摂らない狭義のベジタリアンから、乳製品を摂取するラクト・ベジタリアン、卵を食べるオボ・ベジタリアンなどが存在するが、日本ではこのような考えや習慣が浸透していない。

疾患との関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Godos J, et al. Vegetarianism and breast, colorectal and prostate cancer risk: an overview and meta-analysis of cohort studies. J Hum Nutr Diet. 2016 Oct 6. doi: 10.1111/jhn.12426. [Epub ahead of print]

関連事項[編集]

  • ヴィーガニズム - 衣食を含むあらゆる目的のために動物を殺すことがないよう、動物製品を一切使わないようにする思想・主義である。それを実践する者をヴィーガンと呼ぶ。