オボ・ラクト・ベジタリアニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オボ・ラクト・ベジタリアン: Ovo-lacto vegetarian)またはラクト・オボ・ベジタリアン: Lacto-ovo vegetarian)は、を食べないベジタリアンだが、乳製品などの動物由来の製品を消費する。ペスクタリアン英語版と違って、彼らはやその他の魚介類を食べない。典型的なオボ・ラクト・ベジタリアン食は、果物、野菜、穀類、ナッツ、種、ハーブ、根、茸、乳、チーズ、ヨーグルト、ケフィア、及び卵を含むことができる[1]

語源[編集]

この用語はラテン語で牛乳を意味する「Lac」と、卵を意味する「Ovum」に英語の「Vegetarian」を付けたかばん語であり、牛乳と卵を摂取するベジタリアンと定義付けている。

食習慣[編集]

西洋世界では、オボ・ラクト・ベジタリアンが最も一般的なベジタリアンである[2]。普通「ベジタリアン」という用語を使用する場合、オボ・ラクト・ベジタリアンを指すと見なされる[3]。オボ・ラクト・ベジタリアンは、特にヨーロッパの一部地域や北アメリカの大都市のレストランや商店ではよく専用の食べ物が提供される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]