ラジェンドラ・パチャウリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラージェーンドラ・パチャウリー

ラージェーンドラ・クマール・パチャウリー(英語:Rajendra Kumar Pachauri, ヒンディー語:राजेंद्र कुमार पचौरी, 1940年8月20日 - 2020年2月13日)は、環境エネルギー問題の専門家。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の議長を2002年から2015年までの2期13年務めた。2002年よりIPCCの3代目の議長となり、2007年にはアル・ゴアと共にIPCCがノーベル平和賞を受賞した。

生涯[編集]

インドで生まれ、アメリカのノースカロライナ州立大学で学ぶ。

インドの財閥タタ・グループのタタ・エネルギー研究所の所長や日本の財団法人・地球環境戦略研究機関の理事を務める。2007年の来日時には立命館大学から名誉博士号を授与され、2009年には日本政府から旭日重光章を叙勲されている。

2015年2月24日にセクハラ疑惑によりIPCCの議長職を退任[1]。議長代行にはギズーリ副議長が就いた。

2020年2月13日、ニューデリー市内の病院で死去。79歳没[2]

人物[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部サイト[編集]