HUB (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゼロ (プロレスラー)から転送)
Jump to navigation Jump to search
HUB
HUBの画像
プロフィール
リングネーム HUB
怪人ハブ男
ゼロ
スーパードルフィン
ゴア
スペル・デメキン
本名 木川 勇人
ニックネーム ザ・セイクリッド・バイパー
猛毒蛇人間
ザ・マットネス
新生大阪プロレスのエース
ザ・ドッペルゲンガー
伝説のスーパー金魚
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1978-08-07) 1978年8月7日(39歳)
出身地 静岡県島田市
所属 フリー
スポーツ歴 柔道
サッカー
ソフトボール
テニス
トレーナー スペル・デルフィン
徳山昌守
デビュー 1999年3月2日
テンプレートを表示

HUB(ハブ、1978年8月7日 - )は、ハブをモチーフにした日本覆面レスラー。本名:木川 勇人(きがわ ゆうと)。

経歴[編集]

スペル・デメキン[編集]

1998年みちのくプロレスに入門。

1999年1月17日、みちのくプロレスを退団。

1999年3月2日、CMLL JAPAN石川県産業展示館2号館大会でスペル・デメキンとしてスペル・デルフィンツバサとタッグを組んで対星川尚浩&薬師寺正人&瀬野優戦でデビュー。4月、大阪プロレスに入団してギミックでデルフィンの弟という設定になる。

2002年9月、椎間板ヘルニアで欠場。12月に復帰。

2003年2月、ギミックでメキシコ修行に行く。11月、一時帰国して、みちのくプロレスに参戦。

ゴア[編集]

2003年2月、突如登場してルード軍「岸和田愚連隊」に所属する。若手特攻隊長の役割を担う。初期はドクロのマスクに黒い迷彩模様の野戦用軍服という出で立ちであったが、年末ごろより、マスクを大きく変更して鬼面のような顔とデメキン時代を思わせるようなヒレを左右に配したデザインになる。

2004年2月、SUPER J-CUPトーナメントに出場するが1回戦敗退(対戦相手はガルーダ)。

2005年1月、内部抗争により、岸和田愚連隊を追放される。同月、正体がスペル・デメキンである事を明かしてベビー級に再転身。2月の府立大会へ向けて場して沖縄にてボクサーの徳山昌守と特訓する。

スーパードルフィン[編集]

かつて、ギミック上の兄であるスペル・デルフィンの命名により、スーパードルフィンとなる。

2005年2月、大阪府立体育会館大会にてスーパードルフィンとして登場。大阪プロレス選手権試合でビッグボス"MA-G-MA"に勝利し第10代王者となる。4月、9月、10月と3度の防衛に成功している。

2006年2月、負傷を押して出場した大阪プロレス選手権試合にてスペル・デルフィンに敗れ王座から陥落する。左膝前十字靭帯断裂の為、長期欠場に入る。

2007年2月、グランキューブ大阪大会にてアジアン・クーガーを相手に復帰戦を行う。

4月、突如、ルードターン。GAINAからバッドフォース入隊の勧誘を受ける。

4月28日、メインイベント終了後の乱闘にゴアのマスクを被って参加。バッドフォース入りを宣言して大阪プロレス旗揚げ8周年記念大会での新キャラクターでの登場を予告。

ゼロ[編集]

2007年4月29日、予告通り新たなキャラクター「ゼロ」として登場。コスチュームもかつてのゴアを彷彿とさせるものに一新する。ゴア時代の黒+黄色、黒+赤のカラーリングに対してゼロは黒+緑となっている。このカラーリングはバッドフォースの軍団色となり、他のバッドフォースのレスラーも、これに倣いコスチュームの色を変更している。

12月、GAINAと共に大阪プロレスタッグ王座を奪取。

2008年沖縄プロレスの旗揚げに参加する為にバッドフォースを解散。沖縄プロレス旗揚げ後も、大阪プロレスにはゼロとして参戦することがあったが、10月26日に大阪プロレスタッグ王座を失陥してからは、大阪プロレスへの参戦もなくゼロのリングネームも使用しなくなった。

怪人ハブ男[編集]

2008年、沖縄プロレス旗揚げに参加。沖縄プロレスでは怪人ハブ男として活動する。

2009年6月24日、MWF旗揚げ戦で行われたMWF世界タッグ王座決定戦で、シーサー王と組んで、スペル・デルフィン&マグニチュード岸和田から勝利。

7月5日、初代沖縄プロレス王座決定トーナメントに優勝して沖縄プロレス王座を戴冠。

2010年5月、沖縄プロレス王座を返上して第2代沖縄プロレス王座決定トーナメントの開催を宣言。トーナメントは準決勝で敗れてしまい2年連続での優勝はならなかった。

9月8日、菅原拓也と組んでNWAインターナショナルライトタッグ王座を奪取。

9月、ZERO1天下一Jr.に出場して初出場ながら準優勝を飾った。その決勝戦中に首を負傷してしまい欠場。10月29日に復帰。

2011年7月30日に沖縄プロレス王座を奪取するが、8月にはNWAインターナショナルライトタッグ、MWF世界タッグを相次いで失陥した。

2012年8月、「沖縄プロレス」が本土へ移動。興行団体となったため退団。

みちのくプロレスふく面ワールドリーグ戦」に初出場。準決勝にて獣神サンダー・ライガーに敗退している。

9月12日、ZERO1の天下一Jr.に出場。

HUB[編集]

2012年9月、フリーとしてDRAGON GATE参戦。帰ってきたベテラン軍に加入してリングネームをHUB(ハブ)と改名を発表。

改名後、沖縄プロレス在籍時に参戦発表していた上記の「みちのく」と「ZERO1」は怪人ハブ男のままで参戦。

2013年からはDRAGON GATEや大日本プロレスWRESTLE-1やZERO1や道頓堀プロレスといろんな団体に参戦をしている。

さらに、ZERO1の天下一jrでも優勝してインターナショナルジュニアヘビー級王座とNWA世界ジュニアヘビー級王座を奪取。

なお、WRESTLE-1のみでは東京愚連隊と共に行動している。

HUB主催の自主興行「毒人」ではビリーケン・キッドに勝利するも、2回目の自主興行ではライバル日高郁人に敗北。

2015年大日本プロレスや東京愚連隊の自主興行や道頓堀プロレスに参戦中で大阪を拠点に活動中。しかし、ZERO1でジュニア二冠王座はジェイソン・リーに敗れ惜しくも陥落。道頓堀プロレスには定期参戦中でヲロチと結託している。

得意技[編集]

技のキレが鋭く、瞬発力をいかしたスピーディーな試合運びが特徴。

猛毒波布空爆(旧:魔界一のスプラッシュ、世界一のスプラッシュ、フィッシャーマンズスプラッシュ)
バイパーストライク
相手を肩車の要領で肩の上に担ぎ上げて相手の左足から離した左手を相手の首の後ろに持っていって、頭の上から押さえつけることで相手の顔を下に向かせて相手の体をうつ伏せの状態で右肩に担いだような格好で相手の首と右足を抱えたまま尻餅をつくように腰を落として落下させた相手の顔面を自身の右サイドへ叩きつける。
バイパーデスロック
亜留魔下首領
スチュハートスペシャルと同型。相手をゴリースペシャルの要領で担ぎ上げて相手の首を両手で鷲掴みにして両足を軽く屈伸させて反動をつけて掴んでいた相手の首を下方向へと引っ張った勢いで相手の体に360度後方回転を加えて回転する相手の体を自身の正面に落下させて相手の右腿を左手で左腿を右手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の背中を自身の両足の間へ叩きつける。
新型亜留魔下首領
背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませて右腕を相手の背中に左腕を右首筋の方から相手の顎の下に、それぞれ回し、右方向へと180度水平旋回させながら抱え上げて相手をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩の上に着地させて両手で掴み直した相手の首を下方向へと引っ張ることで相手の体を360度後方回転を加えて回転する相手の体を自身の正面に落下させて相手の右腿を左手で左腿を右手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の背中を自身の両足の間へ叩きつける。
アルマゲドンX
相手をピラミッドドライバーの要領で持ち上げて相手をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げて抱えていた上半身を下方向へと引っ張ることで相手の体に360度後方回転を加えて仰向けの状態で自身の正面に落下させて相手の右腿を左手で左腿を右手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の背中を自身の両足の間へ叩きつける。
大蛇怒雷婆
タイガードライバーと同型。
蛇苦波布
ジャックハマーと同型。
上叩蛇落
アバランチDVDと同型。
蛇剣神滝(旧:カオスブレイク)
因果応報(旧:バベル)
蛇縛魔洞(旧:リミッターショック)
向かい合った相手の右腕を右手で左腕を左手で、それぞれ掴み、自身の体を左方向へと180度捻って相手と背中合わせになって交差させた相手の両腕を相手の喉元にフックさせながら体を前屈みにして背中に背負い上げた相手の右足のつま先を自身の左腿の外側に左足のつま先を右腿の外側にフックさせて相手を背負ったまま尻餅をつき、着地の衝撃で相手の背骨や首に痛みを走らせる。
波布蛇箱(旧:エゴパッケージ)
閃光毒牙
とぐろ巻き式ラリアット(旧:蛇腕潰沈)
右腕にマスクの後ろにある、しっぽを巻きつけてから放つラリアット
しっぽ攻撃
マスクの、しっぽをのように相手に叩きつける。しっぽはマスクの一部であるため、攻撃が認められている。
怪人エビ固め
ゼロドライバー(旧:ドルフィンドライバー)
前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自身の首の後ろに引っ掛けて、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回し、相手の右足を抱え込み、相手の左膝の裏に外腿の方から右手を回すことで相手の両足を交差させて相手の体を垂直になるまで持ち上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に着地させて下半身を下から押し上げることで相手の体をマットに対して垂直にして落下する相手の方に体を向けながら両膝をつき、上下逆さまになった相手の体を叩きつける。
スティグマータ
アトミックドロップ風に抱え上げた相手の両足をコーナーのセカンドロープに乗せてリングに背を向けた状態で相手をコーナーに据え付けて自身はエプロンの方から相手を乗せたコーナーのセカンドロープに登って前屈みになった相手の首の後ろに左手を相手の左腿の裏に右手を、それぞれ回し、相手をマットと水平になる高さまで抱え上げてセカンドロープからエプロンに跳び降りて落下させた相手の顔面をコーナートップロープのターンバックルへ叩きつける。
リミッターデスドロップ
向かい合った相手の右腕を右手で左腕を左手で、それぞれ掴み、自身の体を左方向へと180度捻って相手と背中合わせになって交差させた相手の両腕を相手の喉元にフックさせながら体を前屈みにして背中に背負い上げた相手の右足のつま先を自身の左腿の外側に左足のつま先を右腿の外側にフックさせて相手を背中に担ぎ上げて相手の両腕を掴んでいた両手のロックを解いて体を軽くジャンプして相手の体を押しつぶしように後ろに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下した相手の顔面を叩きつける。
WR
左手で掴んだ相手の右腕を捻りながら相手と向かい合って前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回し、頭を抱え込み、自身の右足を前方へと振り上げて振り下ろした右足で相手の右足を刈り取って自身の体を360度前方回転させるようにジャンプして背中から着地して、その勢いで後ろにひっくり返った相手の頭部を打ちつける。
WRリミテッド
向かい合った相手の右腕を右手で左腕を左手で掴み、交差させて前屈みになった相手の背中に右腕を回し、胴体を抱え込み、自身の右足を前方へと振り上げて振り下ろした右足で相手の右足を後ろから刈り取って自身の体を360度前方回転させるようにジャンプして背中から着地して、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部を痛打させる。
スイングDDT改
リングの方を向きながらコーナーのセカンドロープに登ってコーナー最上段に腰をかけてコーナー側にいる相手の頭を正面から左脇に抱え込み、リングにジャンプして相手の体を軸にして自身の体を右方向へと旋回させて、もう1度セカンドロープに両足を着地させてロープを蹴って体に回転を加えて背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭を叩きつける。
セルフサービス剣山
デス・バイ・ロデリックと同型。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担ぎ上げて重量挙げをするような感じで相手の体を下からプッシュアップして背中から倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両足をめり込ませる。
串刺し
インビジブル
向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の右腿を右手で外側から掬い上げて相手の右足の下に外側から自身の頭を潜り込ませて上半身を起こすことで相手の体を持ち上げて相手を抱えたまま左半身から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。
マックスペイン
相手をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げて相手の首の後ろに左手を添え直して相手を抱えたまま右半身から倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自身の右サイドへ叩きつける。
ペディグリー
クロスレッグフィッシャーマンズバスター
クロスレッグフィッシャーマンズスープレックス

入場曲[編集]

  • 猛毒波布空爆

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]