ザック・ラヴィーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザック・ラヴィーン
Zach LaVine
Zach LaVine vs USC (cropped).jpg
UCLAでのラヴィーン
シカゴ・ブルズ  No.8
ポジション SG/PG
背番号 8
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 94kg (207 lb)
ウィングスパン 204cm  (6 ft 9 in)[1]
シューズ アディダス[2]
基本情報
本名 Zachary Thomas LaVine
ラテン文字 Zach LaVine
誕生日 (1995-03-10) 1995年3月10日(23歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州の旗 ワシントン州レントン
出身 UCLA
ドラフト 2014年 13位 
選手経歴
2014-2017
2017-
ミネソタ・ティンバーウルブズ
シカゴ・ブルズ
受賞歴

ザッカリー・トーマス・ラヴィーンZachary Thomas LaVine 1995年3月10日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州レントン出身のプロバスケットボール選手。NBAシカゴ・ブルズに所属している。

来歴[編集]

生い立ち~UCLA[編集]

アメリカンフットボール選手だった父とソフトボール選手だった母との間に生まれたラヴィーンは、高校時代はワシントン州の "ミスター・バスケットボール" として鳴らした[3]。大学は地元のワシントン大学からのリクルートがあったもののUCLAに進学し、カイル・アンダーソンなどとプレーした[4]

ミネソタ・ティンバーウルブズ[編集]

大学では1年間プレーしただけで2014年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。13位でミネソタ・ティンバーウルブズから指名された。 2014年12月6日のサンアントニオ・スパーズ戦で、22点10アシストの"ダブル・ダブル"を達成。2015年のNBAオールスターゲームのウィークエンド期間中のスラムダンクコンテストでは、豪快な演技を見せつけ、見事に優勝した[5]。更に翌年のライジング・スターズ・チャレンジでは、両チーム最多の30得点を記録し、MVPに選出され[6]、スラムダンクコンテストも連覇を達成した。

2016年11月9日のオーランド・マジック戦では、自己最多の37得点を記録した[7]。しかし、2017年2月3日のデトロイト・ピストンズ戦で左膝の前十字靭帯を断裂する重傷を負い、手術の為に2016-17シーズン残り全試合を欠場することになった[8]

シカゴ・ブルズ[編集]

2017年のNBAドラフト開催日、シカゴ・ブルズに移籍した[9]

2018年1月13日に行われたデトロイト・ピストンズ戦で約11ヶ月振りに怪我から復帰した。この試合でラヴィーンは14得点を記録し、チームの勝利に貢献した[10]

プレースタイル[編集]

スラムダンクのイメージとは裏腹に、NBAトレンドとなりつつあるキャッチアンドリリースとプルアップジャンパー両方が得意なコンボガードである。そのため、オフェンスに関しては短時間での得点量産を見込める。ディフェンスに関しては、ディフェンスポジションの悪さが改善点としてあげられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]