ネイト・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネイト・ロビンソン
Nate Robinson
Nate Robinson.jpg
ニューヨーク・ニックス時代のロビンソン (2007年)
フリーエージェント
ポジション PG
身長 175cm  (5 ft 9 in)
体重 82kg (181 lb)
基本情報
本名 ナサニエル・コーネリアス・ロビンソン
愛称 Crypt Nate
ラテン文字 Nate Robinson
英語 Nathaniel Cornelius Robinson
誕生日 1984年5月31日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州シアトル
ドラフト 2005年 21位
選手経歴
2005-2010
2010-2011
2012
2012-2013
2013-2015
2015
ニューヨーク・ニックス
ボストン・セルティックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
シカゴ・ブルズ
デンバー・ナゲッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ

ネイト・ロビンソンNate Robinson)ことナサニエル・コーネリアス・ロビンソンNathaniel Cornelius Robinson, 1984年5月31日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスなどに所属していた。公称身長175cm、体重82kg。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

ワシントン州の高校時代は、バスケットボールアメリカンフットボール二刀流の万能選手として有名で、フットボールのポジションはQBだった。 ワシントン大学アメリカンフットボールの奨学生として入学したが、その後バスケットボールに専念[1]、主にシューティングガードとしてプレイし、2005年のNCAAトーナメントではチームのスウィート16(ベスト16)進出に貢献し、自身は2年連続でパシフィック・テン・カンファレンスのファーストチーム入りを果たした。

2005年のNBAドラフトフェニックス・サンズから1巡目21位指名を受け、直後に交渉権がニューヨーク・ニックスに譲渡された。NBAではリーグでも特に低身長であるため、ミスマッチを避けるために控え選手としてプレイし、抜群の身体能力を武器にスコアラーとして活躍している。
垂直飛びは90.2cm[2]を記録し、2006年スラムダンクコンテストでは元NBA選手で元スラムダンク王のスパッド・ウェブ(168cm)を飛び越えてダンクを決めて優勝を果たした(他の年度でも優勝経験あり[3])。また2006年11月20日ヒューストン・ロケッツ戦ではリーグ最長身のプレイヤーである姚明 (229cm)のダンクをブロックするという離れ業をやってのけた(身長差は50cm以上である)。2005年にはチームメイトのジェローム・ジェームス(チーム最長身のプレイヤー)と諍いを起こし、2006年12月16日デンバー・ナゲッツとの乱闘騒ぎでは、乱闘に参加した主要メンバーの1人として10試合の出場停止処分を受けるなど、プレイでもプレイ以外でも話題が絶えない。

2010年2月、マーカス・ランドリーと共に、エディ・ハウスJ.R・ギデンスビル・ウォーカー、そして年度未定の条件付きドラフト2巡指名権と交換で、ボストン・セルティックスへ移籍した。 プレーオフでは控えPGとして活躍を見せ、特にイースタン・カンファレンス決勝第6戦では 第2Qだけで13ptを取りチームを勝利に導く活躍を見せた。 この活躍を報道陣に聞かれロビンソンは「ドックのおかげだ」と語り ドック・リバースHCから「気持ちを持ち続けるんだ。そのうち、君のおかげで試合に勝つときが必ずくるから」 との言葉に耳を傾き続けたからだ、と答えた。[4]

2011年2月24日、ケンドリック・パーキンスと共に、ネナド・クリスティッチジェフ・グリーンとの大型トレードに伴い、オクラホマシティ・サンダーへ移籍。
開幕前日にサンダーを解雇されると、1月4日にゴールデンステート・ウォリアーズと1年107万ドル(約8200万円)で契約した。

2012年7月31日、シカゴ・ブルズと契約を結んだ。

2013年7月26日、デンバー・ナゲッツと契約した。サッカー選手のリオネル・メッシにちなんで背番号10をつけることになった。

2015年1月13日、ジャミーア・ネルソンとの交換でボストン・セルティックスに放出され[5]、1月15日にバイアウトが成立し、解雇された。

2015年3月7日、ロサンゼルス・クリッパーズ10日間契約を結びロースター入りしたが[6]、シーズン終了までの契約は更新されず解雇された。

人物[編集]

父親のジャック・ロビンソンもワシントン大学でRBとして活躍、オレンジボウルのMVPに選ばれ、その後NFLフィラデルフィア・イーグルスでもプレーした[1]

アスリート一般レベルで見ても小柄な体格ながら、攻撃的なスタイルを得意とする。ポイントガードでありながらそのスタイルは完全にシューティングガードである。スラムダンクコンテストを3度制する超人的な身体能力を秘め、ビッグマン相手に果敢にアタックをしかける強気な性格が売り。 また、幼いころからトレーニングを積んでおり、14歳のときにダンクに成功した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]