今夜はブギーバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今夜はブギー・バック
小沢健二
スチャダラパー楽曲
リリース 1994年3月9日
ジャンル ヒップホップJ-POP
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
キューン・ソニーレコード
作詞者 光嶋誠
小沢健二
松本洋介
松本真介
作曲者 光嶋誠
小沢健二
松本洋介
松本真介
プロデュース 小沢健二
スチャダラパー
カバー

今夜はブギー・バック」(こんやはブギーバック)は、日本のミュージシャンである小沢健二と、日本のラップユニットであるスチャダラパーによるコラボレーション楽曲。

1994年3月9日東芝EMI/イーストワールドレーベルと、キューン・ソニーレコードより同時リリースされた。

解説[編集]

レコード会社の枠を超えたコラボレーション楽曲として、小沢健二がメインの"nice vocal"バージョンと、スチャダラパーがメインの"smooth rap"バージョンが2枚同時でリリースされ話題を呼んだ。このことから、コラボレーション作品のさきがけとして著名な作品となっている。

50万枚を超える大ヒットにより、2組の名は一躍広く知れ渡り、後にリリースされた互いの作品もヒットとなった。数多くのミュージシャンによりカバーされ、ライブで演奏されたりリリースされた。

この曲のコード進行はアン・ヴォーグの「Give It up, Turn It Loose」と言われてきたが、twitter上でANIが否定した[1]また、2005年11月3日に放送されたラジオ番組『WANTED!』(TOKYO FM系列)において、ジャズミュージシャンである菊地成孔がこの件について言及していた[2]

バックトラックはナイス&スムースの「CAKE & EAT IT TOO」をサンプリングしており、各バージョン名の由来もここからきている。

シングル[編集]

※他に両方のシングル全曲を収録したヴィニール12インチ盤がファイルレコードから発売された。

バージョン[編集]

  • 今夜はブギー・バック (meanwhile back at the party)
    "nice vocal"のカップリング。
  • 今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)
    "smooth rap"のカップリング。ラップ部分のみを擬似ライヴに仕立てたミックス。
  • 今夜はブギー・バック ("DISCO TO GO LIVE") featuring スチャダラパー
    小沢健二のシングル『ラブリー』収録。小沢のライブにスチャがゲスト出演した際、収録されたもの。
  • 今夜はブギー・バック (smooth rap) Remixed by 小山田圭吾
    リミックスを手がけた小山田圭吾が小沢健二のパートを歌っている。スチャダラパーのリミックスアルバム『サイクル・ヒッツ 〜リミックス・ベスト・コレクション〜』収録。
  • 今夜はブギー・バック (smooth rap) Remixed by 高木完K.U.D.O.
    『サイクル・ヒッツ 〜リミックス・ベスト・コレクション〜』収録。

カバー[編集]

アーティスト 収録 備考
小沢健二 Al『Eclectic 「今夜はブギーバック/あの大きな心」。
スチャダラパーのラップ部分を割愛し、英語詞を日本語詞に書き換えたセルフカバー。
チャッカマンズ Al『チャッカマンズゴーゴー』 パンク風にアレンジされている。
Anny's Ltd
竹中直人&
ワタナベイビー
Sg『今夜はブギー・バック』 竹中直人主演映画男はソレを我慢できないテーマ曲
プロデュースはスチャダラパー。
KREVA Sg『Have a nice day』
Dell Feat. Clock Ag『今夜はブギーバック』 アナログ盤のみのリリース。
THE HELLO WORKS
Feat. ハナレグミ
Al『PAYDAY スチャダラパーによるセルフカバー。
Ricco Al『In The Silence』 オムニバスカバーアルバム。
TOKYO NO.1 SOUL SET
+ HALCALI
Sg『今夜はブギー・バック
Al『TOKYO GROOVE』(HALCALI)
CM用に制作されたが、多くの反響から
配信~CDリリースとなる。
noelle Al『LOVE ELECTR O2』 上記のTOKYO NO.1 SOUL SETバージョンが主軸としたテクノアレンジ。
RYOCO Al『Proposal of Healing』 R&B風にアレンジされている。
ロットングラフティー 配信『My Tunes supported
by SPACE SHOWER TV』
iTunes配信のみのリリース。
加藤ミリヤ
feat. 清水翔太&SHUN
Al『TRUE LOVERS』

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ twitter - SDP_ani”. 2010年5月22日閲覧。
  2. ^ WANTED!”. 2007年7月10日閲覧。