RIZE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RIZE
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ミクスチャー・ロック[1]
オルタナティヴ・ロック[1]
ラウドロック
ハードコア・パンク[1]
活動期間 1997年 - 現在
レーベル エピックレコードジャパン
(2000年 - 2002年)
TENSAIBAKA RECORDS
(インディーズ)(2005年 - )
FAR EASTERN TRIBE RECORDS(ユニバーサルミュージック)(2006年 - 2012年)
WARNER MUSIC JAPAN (2012年 - )
公式サイト http://www.triberize.net/
メンバー
JESSE Vo.,G.
金子ノブアキ Dr.
KenKen B.,Vo.(2006年 - )
旧メンバー
TOKIE B.
(1997 - 2001年)
u:zo B.
(2001年 - 2005年)
中尾宣弘 G.
(2001年 -2008年)

RIZE(ライズ)は、日本の男性3人組のロックバンド。漢字で雷図と当て字をすることもある。

概要[編集]

幼馴染であるJESSEと金子ノブアキを中心に結成された。RIZEという名前はJESSEが父Charから「会社を作るから名前を考えてくれ」と言われ考えたものだが、Charに伝えると「もう決まったからいい」と言われ採用されなかった。JESSEは他でいつか絶対使ってやると思っており、バンド結成時にこの名前をつけた。RIZEのロゴは、神紋である左三つ巴とを組み合わせて表現したもの。メンバーが共通して影響を受けた音楽はヘルメットコーンレッド・ホット・チリ・ペッパーズニルヴァーナレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなどである。

メンバー[編集]

JESSE(ジェシー、1980年8月11日 - 、AB型)=Jesse McFaddin(ジェシー・マクファーデン)=竹中空人(タケナカ ソラト)=SORATO
Guitar/Vocal担当。
SORA3000、JROC、MR.13、大和EMCEEなどの名前でも活動している。アメリカ国籍ギタリストCharの息子。
2011年よりソロプロジェクトとしてJESSE and The BONEZを始動。後にバンドスタイルに転換し、中尾宣弘、Pay money To my PainのT$UYO$HIとZAXとで「The BONEZ」を結成。
金子ノブアキ(かねこ ノブアキ、1981年6月5日 - 、B型)=あっくん、N.K.
Drums担当。
父はドラマージョニー吉長、母は歌手金子マリ、KenKenの実兄である。タレント俳優としても活動している。
KenKen(ケンケン、1985年12月30日 - 、AB型)=金子賢輔(カネコ ケンスケ)=都知事
Bass担当。
ロングヘアーが特徴の金子ノブアキの実弟。RIZE加入前からも様々なバンドで活動。2011年からDragon Ashでのレギュラーサポートを務めている。

元メンバー[編集]

TOKIE(トキエ)
ベース担当。東京都生まれ。蟹座A型。
ソロベーシストとして活動後、JESSE達の誘いでバンド加入。脱退後もソロやバンドサポート等で活動中。
u:zo(ユーゾー、1981年4月12日 - 、O型)
ベース担当。本名:小川剛史(オガワタケシ)
TOKIE脱退後に加入。金子、中尾と同じ中学。小3の時、金子・中尾・JESSEとバスケを通じて知り合う。

脱退後はセッションベーシストとして活動。現在Sonz of Freedomを結成ベーシストとして在籍。

中尾宣弘(ナカオ ヨシヒロ、1981年4月8日 - 、O型)
ギター担当。
u:zoと共に加入。2008年脱退。

経歴[編集]

補足[編集]

TOKIOの長瀬智也主演のドラマ『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』のSP版「スープの回」(2003年3月28日放送)に主要キャストとして出演している。バンド名・メンバー名もそのままで演奏シーンもかなり長く放送された。ちなみにメンバーは

  • Jesse ジェシー(Vox & Guitar)
  • 金子統昭 カネコノブアキ(Drums & Vox)
  • 中尾宣弘 ナカオヨシヒロ(Guitar)
  • U-ZO ユーゾー(Bass)

作品[編集]

シングル[編集]

  1. PROJECT FROM THE EAST TOKYO(1998年9月)インディーズシングル
  2. カミナリ(2000年8月23日)-メジャーデビューシングル
  3. Why I'm Me(2000年11月1日) - SONY MD 「Red Hot」 CMにJesseが出演
  4. MUSIC(2001年1月24日)
  5. NAME(2001年4月25日)
  6. Light Your Fire(2001年9月5日) - The songs for DEATH NOTE the movie~the Last name TRIBUTE~に収録。
  7. Dream Catcher(2001年11月7日)
  8. 02/ONE(2002年11月7日)
  9. VIBRATION~introducing Def Tech(2003年1月22日)
  10. Gun Shot(2003年2月19日) - PS2用ゲームソフト ガンサバイバーシリーズ 「ガンサバイバー4 バイオハザード HEROES NEVER DIE」で提供。
  11. ピンク スパイダー(2006年11月22日)
  12. KAMI/heiwa(2007年2月27日) - 業界初のデジタルシングル作品
  13. LADY LOVE(2007年10月10日) - アニメ「しおんの王」オープニング。
  14. Live or Die(2008年3月26日) - 日本テレビ系「音燃え!」3月度テーマソング、「Music B.B.」3月度テーマソング
  15. ZERO(2009年10月28日) - コカ・コーラ ゼロCMソング
  16. LAUGH IT OUT(2010年5月19日) - 映画「ボックス!」主題歌
  17. LOCAL DEFENSE ORGANIZATION(2012年10月17日)

アルバム[編集]

  1. ROOKEY(2000年11月22日)
  2. FOREPLAY(2001年12月5日)
  3. Natural Vibes(2002年11月27日)
  4. FUCK'N BEST(2005年3月24日、ベスト盤)
  5. Spit & Yell(2005年7月6日)
    • 「砂浜」がアーケードゲーム『GuitarFreaksV3』、『DrumManiaV3』で提供曲として収録され[2]、2007年10月に発売されたPS2版の同ゲームにも収録されている。
    • 「OWTKAST」がPSP専用ソフトルミネスIIで提供曲として収録されている。
  6. ALTERNA(2007年2月21日)
    • 「heiwa」がコンピレーションアルバム「Songs For Tibet From Japan」(2009年3月25日)に収録されている。
  7. K.O.(2008年4月16日)
  8. EXPERIENCE(2010年6月23日)

DVD[編集]

  • Fresh Blend(2001年4月25日)
  • FUCK'N LIVE(2002年11月7日)
  • LOST CLIPS(2005年3月24日)
  • LIVE DVD「ALTERNA LIVE」(2007年10月10日)
  • LIVE DVD「T.K.O.」(2008年11月5日)
  • HISTORY DVD「PIECE」(2011年7月20日) - YouTube映像

その他[編集]

  • AGGRESSIVE DOGS TRIBUTE ALBUM“真我”(2009年4月8日)で「Sure, go to the country to kiss」をカバー。

脚注[編集]

  1. ^ a b c キューブミュージック
  2. ^ 2010年3月に稼動した『GuitarFreaksV7』、『DrumManiaV7』で収録が途絶えた

外部リンク[編集]