モダン・タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モダンタイムズから転送)
移動: 案内検索
モダン・タイムス
Modern Times
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 チャールズ・チャップリン
出演者 チャールズ・チャップリン
ポーレット・ゴダード
ヘンリー・バーグマン
チェスター・コンクリン
音楽 チャールズ・チャップリン
アルフレッド・ニューマン
撮影 ローランド・トセロー
アイラ・モーガン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1936年2月5日
日本の旗 1938年2月
日本の旗 1972年11月(リバイバル上映)
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000
テンプレートを表示
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
『モダン・タイムス』を鑑賞する。
Nuvola apps kaboodle.svg モダン・タイムス (予告編) - Association Chaplin, YouTube.
Nuvola apps kaboodle.svg モダン・タイムス (Eating Machine) - Kennis LAB, YouTube.
Nuvola apps kaboodle.svg モダン・タイムス (全編) - Projeto Abridor de Cabeças, YouTube.

モダン・タイムス』(Modern Times)は、1936年アメリカ映画チャーリー・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲を担当した喜劇映画で、代表作のひとつ。モノクロ

内容[編集]

資本主義社会を生きている上で、人間の尊厳が失われ、機械の一部分のようになっている世の中を笑いで表現している。

本作はチャップリンが初めてスクリーンで肉声を発した映画としても有名である。酒場でインチキ外国語(一説にはフランス語風)による「ティティーナ」を歌うシーンで、チャップリン自身の歌声を聴くことができる。

トーキー映画が1927年に登場した中で、1936年当時、世界でサイレント映画を作っていた有名な映画作家はチャップリンぐらいだったと言われる[要出典]

前作の『街の灯』(1931年)からチャップリンは、「サウンド版」としてサイレントながらも自作の映画音楽を映像にのせ、その音楽的才能を開花させた。『モダン・タイムス』でも、前述の「ティティーナ」、ラストシーンで印象的だった「スマイル」など、見事な映画音楽を聴かせている。

公私にわたるチャップリンのパートナーポーレット・ゴダードは、チャップリンによる次作で反ナチス・ドイツ映画の『独裁者』(1940年)においてもチャップリンと共演する。

ストーリー[編集]

工場で働くチャーリーは、ひたすらねじ回しを続ける単純作業の繰り返しの末に発狂し、トラブルを起こす(巨大歯車に巻き込まれる有名なシーンはここで観られる)。最終的に病院送りになった彼は、退院した矢先にふとしたことがきっかけでデモ団体のリーダーと間違われ、捕まってしまうが、脱獄囚を撃退した功績で模範囚として放免される。仕事も紹介されたが上手くいかず辞めてしまい、街をうろつく生活に。

独りぼっちの浮浪少女(ポーレット・ゴダード)。
チャーリーと工場の技師(チェスター・コンクリン)。

そんな中チャーリーは独りぼっちの浮浪少女(ポーレット・ゴダード)と出会う。意気投合したチャーリーは、2人のために家を建てるという夢を胸に一念発起とばかり働き出す。デパートの夜回り、工場の技師の助手と仕事を獲得するが結局駄目で、しかも2件とも警察沙汰になるという不運な結果に終わるが、少女が勤め始めたキャバレー(今日見られる男性向けのものとは違い、ダンスステージつき居酒屋のような所)のウェイターの職を得る。見世物も大成功するなど上々だったが、少女の微罪のため、そこも追われてしまう。

最後に2人は、現代社会の冷たさと束縛に囚われない自由な生活を求め、旅立っていく。

音楽[編集]

ティティナ[編集]

前述した「ティティナ」は(YouTube「Projeto Abridor de Cabeças」では1:15:56から)、1917年にフランスの作曲家レオ・ダニデルフ英語版によって "Titine Je cherche après Titine" というタイトルで作曲され、本作で使用されて世界的に有名なメロディとなった。

2004年には、ロサンゼルス出身の歌手J-FIVEによって "Modern times" というタイトルで、チャップリンの歌とともにカバーされ、ヨーロッパを中心に大ヒットした。なお、この曲のミュージック・ビデオにはチャップリンの孫娘ドロレスが出演している。

近年、日本国内のCMソングとしてたびたび使われている(トヨタ・istキヤノンピクサスNTTの企業CM)。

スマイル[編集]

Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
チャップリンによる原曲を試聴する。
Nuvola apps arts.svg Smile - Charlie Chaplin's Modern Times - Nostalgia Music Catalogue on YouTube.

本作のラストシーンで印象的な「スマイル」は、チャップリンが作曲したもので、彼が作曲した音楽の中では特に有名である。喜劇映画にあってコード進行は暗い(ニ短調)。

この曲は映画の中盤、少女(ポーレット・ゴダード)とチャーリーが警察の護送車から飛び降りて逃亡した後に断続して2回流れる(YouTube「Projeto Abridor de Cabeças」では0:40:22からと0:42:44から)。次に、少女がチャーリーに住むところ(粗末なロッジ)を見つけた報告をする場面(0:52:16から)。次に、少女がおしゃれをしてチャーリーを待つ場面(1:06:39から)。最後に、映画の最終局面、絶望してふさぎ込む少女をチャーリーが元気付け希望へといざなう場面で流れ(1:21:25から)、曲の盛大なフィナーレと共に映画は幕切れする。

1954年、その暗い曲調とは裏腹に「スマイル」という曲名が付けられ、ナット・キング・コールによって歌詞付きの歌が歌われた。その後、マイケル・ジャクソンダイアナ・ロスエルヴィス・コステロらがカバーしている。

また、チャップリンがアメリカを追放されてから20年後、再び同国の地を踏む契機となった第44回アカデミー賞授賞式のフィナーレで、彼がオスカー像を受け取る際、会場のゲスト全員で歌詞の付いたこの曲が歌われた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

フリーメイソンリー[編集]

チャップリン映画でお馴染みとなっているフリーメイソン[1]のチェスター・コンクリンが久々に出演し、次作『独裁者』にも出演した。コンクリンは1916年9月18日にフリーメイソンとしての階級を昇級した[2]

本作のテーマ曲を「スマイル」という曲名で1954年にカバーして発表したナット・キング・コールは、1944年1月9日にフリーメイソンになった[3]。フリーメイソンではモーツァルトの『レクイエム』もニ短調である。

1933年プロイセン州首相であったナチス・ドイツのヘルマン・ゲーリングは「国家社会主義ドイツにはフリーメイソンリーのための場所はない」と声明を発表した[4]

波及[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A few famous freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年10月21日閲覧。
  2. ^ CDATA”. Torrance University Lodge #394 (Freemasons' lodge in Torrance, California). 2013年10月21日閲覧。
  3. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30 (Freemasons' lodge in Arizona). 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  4. ^ The American Mercury Newspaper, 1941”. The American Mercury (1941年2月). 2012年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  5. ^ Appignanesi, Lisa, 2005, Simone de Beauvoir, London: Haus, ISBN 1-904950-09-4, p. 82.

外部リンク[編集]