男か女か

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男か女か
The Masquerader
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
ロスコー・アーバックル
チェスター・コンクリン
チャールズ・マレイ
フリッツ・シャイド
ミンタ・ダーフィ
セシル・アーノルド
ヴィヴィアン・エドワーズ
ハリー・マッコイ
チャーリー・チェイス
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年8月27日
上映時間 9分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

男か女か』(The Masquerader) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演24作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

映画俳優のチャーリーは、いろいろな作品に出演しては作品を台無しにしたり女優に手を出したりしたため、スタジオを解雇された。解雇されたチャーリーは女装してスタジオへの復帰を画策するが、ディレクターに看破されて再び干されることとなった[2]

作品[編集]

多忙な一日』や『チャップリンの女装』と並ぶ、3本しかないチャップリンの女装映画の一つであり[3]、別の面からみると『チャップリンの活動狂』や『チャップリンの道具方』に続く「撮影所の裏側でのドタバタ」を描いた作品[4][5]。もっとも、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版の見立てでは、『チャップリンの画工』、『リクリエーション』に続く「ただ機械的に生産されたとしか思えない」作品の一つに位置付けられ、キーストン・スタジオの内部が見られることとチャップリンの二度目の女装姿が見られるという点だけで命脈を保っていると論じている[5]

キャスト[編集]

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]