午前一時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
午前一時One AM.jpg
One A.M.
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
公開 1916年8月7日
上映時間 30分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

午前一時』(One A.M.) は、チャーリー・チャップリンのミューチュアル社(Mutual Film Corporation)における4作目のサイレント映画1916年の作品。別邦題は『チャップリンの大酔』。 冒頭でアルバート・オースチンが、タクシーの運転手役で少し登場する以外、最後までチャップリンの独り芝居である。

内容[編集]

ストーリーは特になく、深夜、酩酊して帰宅した家の主人 (チャップリン) が、寝室に行くまでに、様々な家具に行く手を阻まれる様子を、流麗なパントマイムの至芸で見せている。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 山寺宏一
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。
  2. ^ チャップリンの午前一時”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]