とんだ災難 (1914年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とんだ災難
Caught in the Rain
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
マック・スウェイン
アリス・ダヴェンポート
アリス・ハウエル
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年5月4日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

とんだ災難』(Caught in the Rain) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演13作目にあたる[1][注釈 1]

日本語表記は、ほかに「にわか雨」[2]、「雨の御難」、「半日ホテル」、「捨てられた犬」などがある。

あらすじ[編集]

チャーリーは公園でぶりっ子の女性といちゃついていたが、そこに女性の夫が登場し、怒って連れて帰る。チャーリーは後をつけるようにホテルに宿をとる。ところが女性は夢遊病もちであり、無意識のうちにチャーリーの部屋に迷い込んでベッドで寝入りこんだ。チャーリーはベッドに女性がいることを確認すると、嫉妬深い夫の怒りに触れないよう、女性をもとの部屋に戻した[3]

背景・評価[編集]

恋の二十分』に続くチャップリンの監督作品。もっとも、チャップリン自身は後年執筆した自伝で初監督作品を、この『とんだ災難』としている[4]。しかし、1914年8月に異父兄シドニー・チャップリンにあてた手紙に記された自身のフィルモグラフィーでは "my own Twenty Minutes of Love" の下に "my own Caught in the Rain" と記してある[5]。チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版は『恋の二十分』について、「五〇年の歳月のうちに忘れてしまったとも考えられるし、習作とみなして省いたとも考えられる」としている[6]。それ以上に重要なのは、この作品が一定の成功を収めて[6][4]「監督チャップリン」の先行きが一応保障されたことである。チャップリンは作品完成後、セネットに作品を見せて批評を待った。やがてセネットが口を開いた。「さて、次の作品はすぐにもかかれるかね?」[4]。セネットはチャップリンに奨励の意味合いで25ドルのボーナスを与えたが、これはしばらくの間続いた[4]

作品の内容に関しては、ストーリーそのものには目を引くものはない[6]。しかし、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版の見立てでは、シーンの切り替えや接続技法、カット割り、ギャグのタイミングなどについては監督第2作にして早くも進歩の跡があり、字幕の使用は極力控えられ映像だけでストーリーを語る技術が発揮されているとする[7]

キャスト[編集]

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]