アルコール先生ピアノの巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコール先生ピアノの巻
His Musical Career
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
マック・スウェイン
チャーリー・チェイス
フリッツ・シャイド
フランク・ヘイズ
セシル・アーノルド
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年11月7日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

アルコール先生ピアノの巻』(His Musical Career) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演31作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

ピアノ運搬人のチャーリーは、相棒のアンブローズ(マック・スウェイン)とともに666ストリートの家にピアノを運んでいたが、間違って999ストリートの家に運んでしまった。2人は本来の注文主のところに改めてピアノを運ぼうとするが悪戦苦闘の連続で、ついにはピアノを湖に落としてしまう[2][3]

作品[編集]

この作品はのちに、チャップリン以外の手によって発展した形でスクリーンに再登場する。ローレル&ハーディの1932年製作の映画『ミュージック・ボックス英語版』がそれである[4]。チャップリンはまた、当時の一巻もの作品で90ショットを要するところを、この作品ではわずか27ショットに抑えている[5]。細かくショットを刻むよりも一つのショットを長めに取った方が、より喜劇的演技が生きるとチャップリンが判断したためであり、この手法は間もなくバスター・キートンも自作に取り入れることとなった[5]

キャスト[編集]

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く
  2. ^ #ロビンソン (下) p.438 ではアリス・ハウエル
  3. ^ #ロビンソン (下) p.438 ではジョー・ボルドー

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]