チャップリンの拳闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャップリンの拳闘
The Champion
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 ジェス・ロビンス
出演者 チャーリー・チャップリン
エドナ・パーヴァイアンス
撮影 ローランド・H・トザロー
編集 チャーリー・チャップリン
配給 General Film Company
公開 アメリカ合衆国の旗 1915年3月11日
上映時間 30分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
(オリジナル字幕は英語)
テンプレートを表示

チャップリンの拳闘』(チャップリンのけんとう、原題:The Champion)は、1915年アメリカ映画

チャップリンの珍拳闘』や『チャムピオン』の邦題で紹介される場合もある。製作国のアメリカ合衆国においても、"Battling Charlie"、"Champion Charlie"、"Charlie the Champion"などの別タイトルで紹介される場合がある。

概要[編集]

エッサネイ・スタジオ(Essanay Studios)制作、ゼネラル・フィルムカンパニー(General Film Company)配給。チャーリー・チャップリンが監督・脚本・編集・主演を務めて制作されたボクシングを題材にしたドタバタ喜劇映画。上映時間30分のモノクロサイレント映画である。ビデオDVD化されており、『淀川長治のクラシック名作映画 チャップリン作品集2』(発売元アイ・ヴィー・シー)などに収録されている。ボクシングのシーンはチャップリンもお気に入りだったようで、1931年公開の『街の灯』でも再びストーリーに絡ませている。

ストーリー[編集]

飼っているブルドッグと放浪していたチャーリーは、街角でボクシングのスパーリング・パートナーの募集告知を見つけ空腹を満たすために応募するのだが…。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]