チャップリンの消防夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャップリンの消防夫Carloitos bombero.jpg
The Fireman
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
ヴィンセント・ブライアン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ウィリアム・C・フォスター
ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
公開 1916年6月12日
上映時間 24分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

チャップリンの消防夫』(The Fireman) は、チャーリー・チャップリンのミューチュアル社(Mutual Film Corporation)における2作目のサイレント映画1916年の作品。チャップリンの役は消防士で、エドナ・パーヴァイアンスロイド・ベーコン演じる男の娘として登場する。男は自分の家に放火し、エリック・キャンベル演じる消防署長と共謀し、保険金を騙し取ろうと企む。

野外の場面では、当時のロサンゼルス近郊の通りの風景を見ることができる。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 山寺宏一
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年8月28日閲覧。
  2. ^ チャップリンの消防士”. STAR CHANNEL. 2014年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]