エリック・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・キャンベル
Eric Campbell
エリック・キャンベルEric Campbell
本名 Alfred Eric Campbell
生年月日 1879年4月26日
没年月日 1917年12月20日(満38歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド チェシャー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
ジャンル サイレント映画
活動期間 1916 - 1917
配偶者 Fanny Gertrude Robotham (1901-1917)
Pearl Gillman (1917)
エドナ・パーヴァイアンスとエリック・キャンベル(『チャップリンの冒険』)

エリック・キャンベル(Eric Campbell, 1879年4月26日 - 1917年12月20日)はイングランド出身のサイレント映画俳優チャーリー・チャップリン主役の11の短編映画に出演した。

経歴[編集]

スコットランドウェールズで舞台俳優として活動を始める。メロドラマ風の役を多くこなした。イギリスの有名な座長フレッド・カーノ (Fred Karno) に見出され、彼の劇団に入る。カーノはチャーリー・チャップリンやスタン・ローレルも見出していた。カーノはキャンベルの非常に大きなバリトンの声に強い印象を受け、キャンベルをロンドンに連れて行き、ドタバタ喜劇『ファン・ファクトリー』に出演させた。

1914年、キャンベルはチャップリンやローレルを追うようにニューヨークへ渡った。1916年、チャップリンはミューチュアル社と契約をした。チャップリンはキャンベルの才能を認め、ブロードウェイに出演させ、ハリウッドに招いて映画に出演させた。キャンベルが最初に出演したチャップリンの映画は『チャップリンの替玉』である。その後もチャップリンの映画に出演を続けた。

キャンベルの俳優人生は好調だったが、私生活では妻を交通事故で亡くす不幸があった。その後、すぐに再婚するも、数ヶ月で離婚している。

1917年、チャップリンはミューチュアル社との契約を打ち切り、ファースト・ナショナルと契約する。彼はキャンベルを獲得するつもりだったが、契約の問題があり、キャンベルを友人のメアリー・ピックフォードに貸し出す。数日後のパーティーでキャンベルは深酒をして車を運転し、38歳の若さで交通事故で死亡した。

主な出演作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]