チャップリンのスケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャップリンのスケートThe Rink (poster).jpg
The Rink
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
公開 1916年12月4日
上映時間 24分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

チャップリンのスケート』(The Rink) は、チャーリー・チャップリンのミューチュアル社(Mutual Film Corporation)における8作目のサイレント映画1916年の作品。共演はエリック・キャンベルエドナ・パーヴァイアンスヘンリー・バーグマンジェイムズ・T・ケリー他。 本作は、チャップリンのコミカルなローラースケーティングが見所となっており、そこに中年夫婦のだらしない性態ぶりを織り交ぜている。レストランでのドタバタや、カーノ一座で鍛え上げられたローラースケートを使用したギャグなど、後の『モダン・タイムス』(1936年)でも大いに生かされた。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 千葉繁
エドナ・パーヴァイアンス 土井美加
ジェームズ・T・ケリー 田原アルノ
エリック・キャンベル 若本規夫
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。
  2. ^ チャップリンのスケート”. STAR CHANNEL. 2014年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]