チャップリンの画工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャップリンの画工
The Face on the Bar Room Floor
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
原作 ヒュー・アントワーヌ・ダーシー
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
セシル・アーノルド
フリッツ・シャイド
ヴィヴィアン・エドワーズ
チェスター・コンクリン
ハリー・マッコイ
ハンク・マン
ウォレス・マクドナルド
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年8月10日
上映時間 14分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

チャップリンの画工』(The Face on the Bar Room Floor) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演22作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

画家(チャップリン)はマデリン(セシル・アーノルド英語版)のために肖像画を描き上げる。しかし、マデリンは裕福な支援者(フリッツ・シェイド英語版)にお持ち帰りされ、画家は悲観にくれる。画家はバーに行き、描いた肖像画を床に投げ捨てて飲んだくれとなる。数年後、画家は子だくさんとなって夫となった支援者とともに歩くマデリンを見かけるが、マデリンはもはや見向きもしない。画家はすべてをあきらめて、未来に向かって歩き出す。[2]

背景・評価[編集]

笑ひのガス』と『チャップリンの道具方』に続く、ヴォードヴィルに由来する作品[3]。また、脚本はチャップリンが執筆しているが、詩人ヒュー・アンソニー・ダーシー英語版が発表した失恋を題材にした詩 "The Face on the Bar Room Floor" を原作にしたものである[3][4]。もっとも、詩を原作にしてはいるものの作品の位置づけとしてはあくまで「風刺」であって、ダーシーの詩が挿絵付きの字幕で次々に出て来るという代物である[3]。チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版はこの作品について、「技法的にはチャップリン映画のなかで興味を惹くものがもっとも少ない」と評し、続いて撮影された『リクリエーション』と『男か女か』とともに「ただ機械的に生産されたとしか思えない」と論じている[3]

キャスト[編集]

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

参考文献[編集]

  • チャールズ・チャップリン 『チャップリン自伝』 中野好夫(訳)、新潮社1966年ISBN 4-10-505001-X
  • デイヴィッド・ロビンソン 『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋1993年ISBN 4-16-347430-7
  • デイヴィッド・ロビンソン 『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之 『チャップリン再入門』 日本放送出版協会2005年ISBN 4-14-088141-0
  • 大野裕之 『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』 日本放送出版協会、2007年ISBN 978-4-14-081183-2

外部リンク[編集]