泥棒を捕まえる人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泥棒を捕まえる人
A Thief Catcher
監督 フォード・スターリング
脚本 ヘンリー・レアマン
製作 マック・セネット
出演者 フォード・スターリング
マック・スウェイン
エドガー・ケネディ
チャールズ・チャップリン
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1914年2月19日
日本の旗 日本 2011年4月9日
上映時間 16分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

泥棒を捕まえる人[1][2](A Thief Catcher) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、監督および主演はフォード・スターリング[3]。共演はチャールズ・チャップリンマック・スウェインエドガー・ケネディ英語版など[4][5]

長らく行方が分からなかった作品であったが、2010年に発見された。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムにあてはめると[6]、出演第3作『メーベルの窮境』と第4作『夕立』の間に入る作品となる。

概要[編集]

内容としては典型的な「キーストン・コップスもの」の一つであり、チャップリンの出演時間はおよそ3分間である[3]。ところが、チャップリン自身が1914年8月に早くも作成した自身のフィルモグラフィーでは、この作品が記されなかった[3][注釈 1]英国映画協会の記録からもこの作品は抜け落ちており[3]、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版も、おそらく見落とした[7]。いずれにせよ、『泥棒を捕まえる人』は封切後、チャップリン自身を含めて記録と記憶から消えていくこととなり、フィルムそのものも行方不明となった。

転機となったのは、アメリカの映画史家ポール・ギルッキ (Paul Gierucki) がミシガン州の骨とう品店で「キーストン」と書かれた古いフィルム缶を購入したことである。ギルッキは購入したフィルムを「典型的なキーストン・コップスもの」と決めつけており、数か月間目を通していなかった。ところが、ギルッキがあらためて状態の良いフィルムに目を通したところ、そのうちの一つに映っていたキーストン・コップスの中に、明らかにチャップリンと思われる役者の姿を見て驚き、独特の仕草からチャップリンであろうことが推測できたものの、断定まではいたらなかった。ギルッキは友人のフィルムコレクターであるリチャード・ロバーツに「チャップリン」が映っているフィルムを見せたところ、ロバーツはたった2秒でチャップリンであると断定した。そのフィルムこそ、長く行方知れずとなって忘却のかなたにあった『泥棒を捕まえる人』であった[3][8][9]

『泥棒を捕まえる人』はバージニア州アーリントン郡で開かれているスラップスティコン映画祭 (Slapsticon film festival) に出品され、96年ぶりに日の目を見た[3]。翌2011年4月9日と10日には、ヒューマントラストシネマ有楽町で開催されたチャップリン映画祭で、映画監督の周防正行とチャップリン研究家の大野裕之によるトークショーを付して日本において初めて公開された[1][10]。日本では他に、2012年9月にオーディトリウム渋谷銀座テアトルシネマシネ・リーブル梅田でも上映され、9月15日に行われたオーディトリウム渋谷での先行上映イベントでは、日本チャップリン協会名誉会長の黒柳徹子が『泥棒を捕まえる人』を鑑賞した[11]。『泥棒を捕まえる人』は、82番目のチャップリン映画として登録された[3]

キャスト[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ "Mabel's Strange Predicament" (『メーベルの窮境』)と記してある下に"Between Showers" (『夕立』)と記されている(#ロビンソン (上) p.163)

出典[編集]

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

外部リンク[編集]