偽牧師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
偽牧師
The Pilgrim
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
音楽 チャーリー・チャップリン
(1959年チャップリン・レヴュー公開時)
撮影 ローランド・トザロー
編集 チャーリー・チャップリン
配給 ファースト・ナショナル社
公開 1923年2月26日
上映時間 43分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

『偽牧師』 (The Pilgrim)は、1923年公開のサイレント映画。 脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社(First National Films)における8作目の映画。

本作は、エドナ・パーヴァイアンスとチャップリンが共演した最後の作品となった。また、チャップリンのファースト・ナショナル社における最後の作品でもある。エドナはこの作品の後に「巴里の女性」 (1923年)にも主演しているが、チャップリンはほんの脇役でカメオ出演しているのみである。チャップリンのフィーチャー映画の中で、2番目に上映時間が短い作品で、構成は彼の初期の2巻物に類似している。 また、本作は後に脚本家となるディーン・リーズナー(テレビシリーズのローハイドなどが有名)の映画初出演作としても知られている。

あらすじ[編集]

チャップリン演じる脱獄囚は、囚人服を脱ぎ捨てて牧師の服を盗み逃亡を続ける。彼はある小さな町にたどり着くが、そこで新たに着任した町の教会の牧師と間違えられてしまう。

トリビア[編集]

逃亡中のチャップリンが列車に乗っている場面で、隣に座っている保安官が読んでいる新聞の記事によれば、彼の役名は ”Lefty Lombard” となっている。この新聞は1922年5月17日付で、記事をよく読むと、”Lefty Lombard” またの名を 「楡の木」(“Slippery Elm”) は、刑務所の食堂の下水道管に飛び込み、下水処理場にたどり着いて脱獄し、1,000ドルの賞金が賭けられていることが分かる。さらに記事には、守衛が彼の脱獄の際に驚きのあまり動けなくなったことと、彼の脱獄は計画されている大量脱獄の一環と見られているとも記されている。

駅にて行き先を決める際に最初に選んだ行き先は"SING SING"の表記だけだが、これはシンシン刑務所の事であり、該当場面で愕然としてしまう理由である。(日本語字幕でもそのように表記されている)

キャスト[編集]

再編集版[編集]

本作は1959年、他のファースト・ナショナル社の2作品(「犬の生活」(1918年)、「担へ銃」(1918年))とともにチャップリン自身によって再編集され、「チャップリン・レヴュー」として公開された。この再編集版には、チャップリンにより音楽とナレーションが付け加えられており、本作には "I'm Bound For Texas" というチャップリン作詞作曲の主題歌も挿入されている。この主題歌は、マット・モンローにより歌われている。

外部リンク[編集]