ホセ・オルテガ・イ・ガセト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・オルテガ・イ・ガセト
生誕 1883年5月9日
死没 1955年10月18日(満72歳没)
時代 20世紀哲学
地域 西洋哲学
学派 遠近主義、プラグマティズム生気論歴史主義実存主義
研究分野 歴史理性政治
テンプレートを表示

ホセ・オルテガ・イ・ガセト西: José Ortega y Gasset1883年5月9日 - 1955年10月18日)は、スペイン哲学者。主著に『ドン・キホーテをめぐる思索 (Meditaciones del Quijote)』(1914年)、『大衆の反逆』 (La rebelión de las masas)(1929年)などがある。

生涯[編集]

マドリード生まれ。父親は高名なジャーナリスト、ホセ・オルテガ・イ・ムニーリャ(es:José Ortega Munilla 1856-1922年)、母親はドローレス・ガセット。父親は当時有力紙であったエル・インパルシアル紙(El Imparcial)で評論を展開しており、後にオルテガ自身も多くの論説を紙上に投稿するようになる。オルテガは早熟でもあり、7歳ですでにセルバンテスの「ドン・キホーテ」を暗唱することができたという。14歳までマラガ近郊のイエズス会の経営の学院で学び、1898年からマドリード大学で学び、1902年に学士号を取得。1904年に「紀元千年の恐怖」(Los terrores del año 1000)で哲学の博士号を得る。他にエル・インパルシアル紙に幾つもの論評を発表した。

1905年から1907年までドイツへ留学し、ライプツィヒベルリンマールブルクカント哲学を研究。特にマールブルク大学では、新カント派ヘルマン・コーエンや、パウル・ナトルプから強い影響を受ける。他にフッサール現象学ディルタイの哲学からも影響を受けた。1910年にスペインへ帰国後、マドリード大学形而上学の教授に就任。

スペイン王制崩壊の前夜、知識人からなる政治結社「共和国奉仕団」を結成し、1931年スペイン第二共和政が成立すると制憲議会の議員となり、新憲法制定まで議員として活動する。

思想[編集]

オルテガの思想は、「生の理性 (razón vital)」をめぐって形成されている。「生の理性」とは、個々人の限られた「生」を媒介し統合して、より普遍的なものへと高めていくような理性のことである。

オルテガは、みずからの思想を体系的に構築しようとはせず、「明示的論証なき学問」と呼んだエッセイや、ジャーナリズムに発表した啓蒙的な論説や、一般市民を対象とした公開講義などによって、自己の思想を表現した。

オルテガの関心は、形而上学にとどまらず、文明論や国家論、文学美術など多岐にわたり、著述をおこなった。

大衆を批判し、貴族エリートを擁護した。彼の定義によれば、大衆とは、「ただ欲求のみを持っており、自分には権利だけあると考え、義務を持っているなどとは考えもしない」、つまり、「みずからに義務を課す高貴さを欠いた人間である」という。

20世紀に台頭したボリシェヴィズム(マルクス・レーニン主義)とファシズムを「野蛮状態への後退」、「原始主義」として批判した。特にボリシェヴィズム、ロシア革命に対しては、「人間的な生のはじまりとは逆なのである」と述べている。

自由主義を理論的・科学的真理ではなく、「運命の真理」であるとして擁護している。

保守主義者と評されることもある。日本では西部邁が影響を受け、しばしばオルテガの発言を引用している。

著作[編集]

  • 『オルテガ著作集』(全8巻)、白水社、1969年10月-1970年7月、新装復刊1998年11月ほか
1.「ドン・キホーテをめぐる省察」  「現代の課題」
2.「大衆の反逆」 「無脊椎のスペイン」
3.芸術論集 「芸術の非人間化」 「ベラスケス論」 「ゴヤ論」ほか
4.「危機の本質―ガリレイをめぐって」 「体系としての歴史」
5.個人と社会―人と人びとについて 原書名:El hombre y la gente
6.「哲学とは何か」 「愛について」
7.世界史の一解釈 原書名:Una interpretacion de la historia universal
8.小論集 「観念と信念」「思考についての覚え書」「ヨーロッパ論」「司書の使命」「ドン・ファン入門」

参考文献[編集]

  • 色摩力夫 『オルテガ-現代文明論の先駆者』 中央公論社〈中公新書 894〉、1988年9月。ISBN 4-12-100894-4
  • 西部邁 「104 オルテガ」『学問』 講談社、2004年4月、336-338頁。ISBN 4-06-212369-X
  • 西部邁 「大衆への反逆 ホセ・オルテガ」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年1月、166-181頁。ISBN 978-4-7584-3629-8
  • 渡辺修 『オルテガ』 清水書院〈Century Books 人と思想 138〉、1996年8月。ISBN 4-389-41138-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]