マドリード・コンプルテンセ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マドリード・コンプルテンセ大学

マドリード・コンプルテンセ大学(Universidad Complutense de Madrid, UCM)は、スペインマドリードモンクロア=アラバカ区に位置する総合大学。単に「マドリード大学」と言った場合、通常この大学を指す。マドリード・コンプルテンセ大学の歴史は非常に古く、欧州最古の部類に属し、スペインにおいてはサラマンカ大学に次ぐ歴史を誇る。学生総数は約9万人。

沿革[編集]

マドリード・コンプルテンセ大学は1293年に“Studium Generale” (ストゥディウム・ゲネラーレ) の名称でカスティーリャ王サンチョ4世によってアルカラ・デ・エナーレスの地に設立された。その後1499年、フランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロスの請願にローマ教皇アレクサンデル6世が応じる形でコンプルテンセ大学(Universitas Complutensis)が誕生。コンプルテンセ(Complutensis)とは「2つの川の合流」(Complutum)を意味する「アルカラ・デ・エナーレス」のラテン語名である。

16世紀初頭(1509年 - 1510年)に、芸術哲学部、神学部、教会法学部、文献学部、医学部の5学部へと編成された。

1836年にコンプルテンセ大学は「マドリード中央大学」(Universidad Central de Madrid)の名称でマドリードへと移転する。マドリード中央大学の開学に伴い、旧校舎(コンプルテンセ大学)は閉鎖される事となる(※1977年、マドリード・コンプルテンセ大学がかつて存在したアルカラ・デ・エナーレスの地にアルカラ大学が開学)。

1968年、マドリード自治大学の設立に伴い、混同を避けるためマドリード・コンプルテンセ大学(Universidad Complutense de Madrid)へと改称。現在に至る。

著名な出身者[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度26分57秒 西経3度43分41秒 / 北緯40.44917度 西経3.72806度 / 40.44917; -3.72806