フリオ・リャマサーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・リャマサーレス
Julio Llamazares
Julio Llamazares.jpg
誕生 1955年3月28日(59歳)
スペインの旗 スペインレオン県
職業 詩人小説家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フリオ・リャマサーレス(Julio Llamazares,1955年3月28日 - )はスペイン小説家詩人レオン県の町ベガミアンに生まれる。マドリッド大学の法学部に入学し、卒業後は弁護士を経てジャーナリストとして働くかたわらで詩を書き続ける。その後小説の執筆に活動の重点を移し、とくに1988年に発表した『黄色い雨』によって高く評価され、世界的に知られるようになった。

作品[編集]

小説[編集]

  • Luna de lobos (1985) (『狼たちの月』)
  • La lluvia amarilla (1988) (『黄色い雨』)
  • Escenas del cine mudo (1994)
  • En mitad de ninguna parte (1995)
  • Tres historias verdaderas (1998)
  • El cielo de Madrid (2005)

詩集[編集]

  • La lentitud de los bueyes (1979)
  • Memoria de la nieve (1982) (『雪の思い出』)

エッセイ[編集]

  • El entierro de Genarín: Evangelio apócrifo del último heterodoxo español (1981)
  • En Babia (1991)
  • Nadie escucha (1995)
  • En mitad de ninguna parte (1995)
  • Los viajeros de Madrid (1998)