クリスティナ・デ・ボルボーン・イ・デ・グレシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティーナ・デ・ボルボン・イ・デ・グレシア
インファンタおよびパルマ・デ・マヨルカ女公爵
Infanta Cristina, Duchess of Palma de Mallorca.jpg
出生 1965年6月13日(49歳)
スペインの旗 スペインマドリード
配偶者 パルマ・デ・マヨルカイニャキ・ウルダンガリン
子女 フアン・バレンティン
パブロ・ニコラス
ミゲル
イレーネ
父親 フアン・カルロス1世
母親 ソフィア
役職 UNESCOスペイン委員会名誉総裁
テンプレートを表示

クリスティーナ・デ・ボルボン・イ・デ・グレシアCristina Federica Victoria Antonia de la Santísima Trinidad de Borbón y de Grecia, Duquesa de Palma de Mallorca, 1965年6月13日 - )はスペイン王女。パルマ・デ・マヨルカ女公爵。父はスペイン王フアン・カルロス1世、母は王妃ソフィア。姉にエレーナ王女、弟にフェリペ6世がいる。王位継承権は、弟の子供たちと姉の子供たちに次いで第6位である。

略歴[編集]

マドリードで生まれ、サルスエラ宮殿で洗礼を受けた。セーリングの代表選手として、ソウルオリンピックに出場している。1989年マドリード・コンプルテンセ大学を卒業。1990年にはニューヨーク大学で学んだ。1991年にはUNESCOパリ本部で働いた。カタルーニャ語英語フランス語ギリシャ語が話せる。

1997年10月4日、FCバルセロナ所属のプロ・ハンドボール選手のイニャキ・ウルダンガリンバルセロナで結婚。彼はバルセロナオリンピックアトランタオリンピックシドニーオリンピックのハンドボール・スペイン代表選手で、クリスティーナと出会ったのはアトランタオリンピックの際であった。結婚により、夫妻には1代限りのパルマ・デ・マヨルカ公の称号がフアン・カルロス1世より授けられた[1]。夫妻には4子がある。

  • フアン・バレンティン(1999年 - )
  • パブロ・ニコラス(2000年 - )
  • ミゲル(2002年 - )
  • イレーネ(2005年 - )

UNESCOスペイン委員会の名誉総裁を務め、自然・芸術遺産の保護活動に重点を置いて活動している。2001年10月、第2回世界老化会議において国際連合の親善大使に任命された。

2009年よりイニャキ・ウルダンガリンがテレフォニカの北米及び南米の広報担当取締役に就任したため、一家でワシントンDCに在住している。

公金横領疑惑[編集]

夫のイニャキ・ウルダンガリンは、非営利団体の公的資金を私的に流用した事件で容疑者となっている。この事件に絡み、クリスティナにも共謀した疑いが出てきたため、スペインの検察はクリスティナにも裁判所に出廷するよう命じた。1975年の王政復古の後、スペイン王家の直系が刑事事件で出廷するのは初めてである[2]。しかし2013年5月7日、捜査担当の予審判事は、従来の方針を覆し当面は王女に出頭を求めないと発表した[3]。騒ぎを嫌ったクリスティナは、2013年の夏、子供を連れてスイスに移住したと報じられている。また2013年11月4日、スペインの予備判事はウルダンガリンの資産の差し押さえを命じた[4]

2014年1月7日、スペインマヨルカ島の裁判所はクリスティナに対し、税金詐欺マネーロンダリングの容疑で出廷を命じた[5][6][7]

これを受けたクリスティナは2月8日に予審法廷に出頭し事情聴取に応じている[8]。王室の人間が、刑事事件の被告になる可能性もあり、この王室スキャンダルが父のフアン・カルロス1世の退位の契機のひとつとなった[9][10][11]

2014年6月25日、スペインの裁判所はクリスティナと夫イニャキ・ウルダンガリンを詐欺罪に問うべきという裁定を下した[12]。またスペインの予審判事は、捜査を終了し、王女の合意がなければウルダンガリンが不正を働くのは難しいとして、クリスティナを資金洗浄や税逃れの罪で起訴する方針を決めた[13]

参照[編集]

  1. ^ Real Decreto 1502/1997
  2. ^ “スペイン王女聴取へ、国王直系子孫で初の捜査対象 横領事件”. CNN. (2013年4月4日). http://www.cnn.co.jp/world/35030426.html 2013年4月4日閲覧。 
  3. ^ “スペイン王女に出頭求めず=夫の公金横領疑惑で予審判事”. 時事通信. (2013年5月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013050700952 2013年5月23日閲覧。 
  4. ^ “王女の夫、資産差し押さえ=公金横領疑惑-スペイン”. 時事通信. (2013年11月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013110500015 2013年11月5日閲覧。 
  5. ^ “スペイン王女に裁判所が出廷命令、税金詐欺容疑などで”. Reuters. (2014年1月7日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0607P20140107 2014年1月30日閲覧。 
  6. ^ “スペイン王女、裁判所召喚へ 税逃れや資金洗浄容疑で”. 朝日新聞. (2014年1月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG176HT5G17ULFA03F.html 2014年1月30日閲覧。 
  7. ^ スペイン王女に裁判所出頭命令、夫の公金横領疑惑で”. AFPBB News (2014年1月7日). 2014年6月20日閲覧。
  8. ^ “スペイン王女が脱税の疑いで予審法廷に出頭”. 日テレNEWS24 (livedoor NEWS). (2014年2月9日). http://news.livedoor.com/article/detail/8518642/ 2014年2月9日閲覧。 
  9. ^ “スペイン国王、退位観測も=次女の醜聞、健康問題で危機”. 時事通信. (2014年1月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014010900506 2014年1月30日閲覧。 
  10. ^ 「国王支持しない」、世論調査で過半数 スペイン”. AFPBB News (2014年4月8日). 2014年6月20日閲覧。
  11. ^ スペイン国王が退位、後継はフェリペ皇太子に”. AFPBB News (2014年6月2日). 2014年6月20日閲覧。
  12. ^ スペイン王女、夫の公金横領疑惑に絡み裁判の可能性” (2014年6月25日). 2014年6月28日閲覧。
  13. ^ 青田秀樹 (2014年6月26日). “スペイン王女を資金洗浄罪などで起訴へ 捜査の予審判事”. 2014年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]

スペイン王室
Coat of Arms of Spanish Monarch.svg

フアン・カルロス1世
ソフィア王妃

上位:
ドーニャ・ビクトリア・フェデリカ
Doña Victoria Federica
スペイン王位継承権者
継承順位第 6
下位:
ドン・フアン・バレンティン
Don Juan Valentín