ベネデット・クローチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネデット・クローチェ
生誕 1866年2月25日
死没 1952年11月20日(満86歳没)
時代 20世紀哲学
地域 西洋哲学
学派 ヘーゲル主義観念論自由主義
研究分野 歴史美学政治
主な概念 芸術は表現である
テンプレートを表示

ベネデット・クローチェ(Benedetto Croce、1866年2月25日 - 1952年11月20日)は、イタリア哲学者歴史学者ヘーゲル哲学と生の哲学を結びつけ、イタリア精神界に大きな影響を与えた。

生涯[編集]

1866年、ペスカッセーロリに生まれた。1883年7月28日、イスキアでの休暇中、カサミッチョラの地震で家族を失い、ローマの親戚シルヴィオ・スパヴェンタの家へ転居した。ローマではサピエンツァ大学に通い、1884年、アントニオ・ラブリオーラと知り合った。1886年、ナポリへ転居、ジュスティーノ・フォルトゥナートサルヴァトーレ・ディ・ジャーコモと知り合った。

1901年、出版人ジョヴァンニ・ラテルツァと出会い、以後、主要著作はラテルツァ出版社から刊行される。1903年、ジョヴァンニ・ジェンティーレとともに『クリティカ』誌を創刊し、反アカデミズム・反実証主義の立場をとり、精神哲学体系諸著作を次々と発表した。1913年、ジュゼッペ・プレッツォリーニの雑誌『ヴォーチェ』でジェンティーレと哲学論争をおこなう。政治活動としては、1910年に上院議員に選出され、戦間期においては、ジョヴァンニ・ジョリッティ内閣の文部大臣をつとめた。ファシズムが台頭するに及んで、これを支持する姿勢もみせ、1924年、統一社会党のジャコモ・マッテオッティが暗殺されたときも、クローチェは上院における信任投票でベニート・ムッソリーニの政府に信任票を投じている。1925年ころより、クローチェは反ファシストの立場に転じ、その後は一貫してファシズム批判を続けた。ムッソリーニ政権下でも『クリティカ』誌を発刊し続け、ファシズムを攻撃した。1929年にムッソリーニとローマ教皇が結んだ政教和約(ラテラノ条約)に反対し、議員を辞職した。

主著は『表現の科学および一般言語学としての美学(L'Estetica come scienza dell'espressione e linguistica generale)』(1902年)、『歴史叙述の理論と歴史(Teoria e storia della storiografia)』(1917年)。「すべての歴史は現代史である。」という言葉で知られる。

著作[編集]

  • Materialismo storico ed economia marxista, 1900年
  • 『表現の科学および一般言語学としての美学』L'Estetica come scienza dell'espressione e linguistica generale, 1902年
  • 『純粋概念としての論理学綱要』 Lineamenti di una logica come sienza del concetto puro, 1905年
  • 『実践の哲学 経済学と倫理学』Filosofia della Pratica,1909年
  • 『純粋概念の科学としての論理学』Logica come scienza del concetto puro, 1909年
  • 『ジャンバッティスタ・ヴィーコの哲学』La filosofia di Giambattista Vico, 1911年
    • 『ヴィコの哲学』 青木巌訳 東京堂、1942
    • 『ヴィーコの哲学』 上村忠男編訳、未來社〈転換期を読む〉 2011
  • Brevario di estetica, 1912年
  • Saggio sul Hegel, 1912年
    • 『ヘーゲル弁証法とイタリア哲学』 上村忠男編訳、月曜社〈古典転生〉 2012、スパヴェンタジェンティーレ共著
      • 「区別されたものの連関と対立するものの弁証法」、「変成の概念とヘーゲル主義」、「ヘーゲルと弁証法の起源」を収録。
  • 『歴史の叙述の理論と歴史』 Zur Theorie und Geschichte der Historiographie, 1915年
  • Racconto degli racconti1925年
  • Manifesto of Anti-Fascist Intellectuals,( La Critica1925年5月1日号所載)
  • 『ナポリ王国史』 Storia del regno di Napoli, 1924年
  • 『1871年から1915年までのイタリア史』 Storia d'Italia dal 1871 al 1915, 1928年
  • 『イタリアにおけるバロック時代史』 Storia dell'eta' barocca in Italia, 1929年
  • 『1815年から1915年までのヨーロッパ史』 Storia d'Europa dal 1815 al 1915, 1932年
    • 『十九世紀ヨーロッパ史 自由の発展史』 坂井直芳訳 創文社、1957、増訂版 1982
  • Ultimi saggi, 1935年 
  • La poesia, 1936年
  • La storia come pensiero e come azione, 1938年
  • Il carattere della filosofia moderna, 1941年
  • Filosofia e storiografia, 1949年
    • 『クローチェ政治哲学論集』 上村忠男編訳、法政大学出版局 1986
    • 『イタリアとスペイン ルネッサンスにおける文化史的考察』 阿部史郎・米山喜晟訳、恒星社厚生閣 1972
    • 『エステティカ イタリアの美学 クローチェ&パレイゾン』ルイージ・パレイゾン共著、山田忠彰・尾河直哉編訳、ナカニシヤ出版 2005

参考文献[編集]

  • L'opera di B. Croce. Bibliografia, a cura di Silvano Borsari, Istituto Italiano per gli Studi Storici, Napoli 1964
  • Paolo Bonetti, Introduzione a Croce, Laterza, Bari 2001
  • 倉科岳志 『クローチェ 1866-1952 全体を視る知とファシズム批判』 藤原書店、2010年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]