アイスクリーム・コーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスクリーム・コーン
コーンの中のストロベリー・アイスクリーム
コーンの中のストロベリー・アイスクリーム
種類 ペイストリー
温度 冷温
主な材料 ウエハース
派生料理 ワッフルコーン、ケーキコーン、ウエハースコーン、プレッツェルコーン、シュガーコーン、チョコレート塗りコーン、ダブルコーン

アイスクリーム・コーン英語:ice cream cone)は、円錐形の乾燥したペイストリーで、通常ワッフルの生地に似たウエハースで作られる。これによってアイスクリームを手でそのまま握ることができ、ボウルスプーンなしでも食べることができる。

種類と名称[編集]

「コーン(cone)」は「円錐形」を意味している。アイスクリーム・コーンは、ポーク(poke)やコルネット(cornet)とも呼ばれる。 なお cone の発音は「コウン」が近いが、コーンと表記されるせいかトウモロコシ(corn)が原料だと誤解されることもある。 ウエハースの材料にトウモロコシは通常用いない。

アイスクリーム・コーンにはさまざまな種類がある。ワッフル・コーン、ケーキ・コーン(またはウエハース・コーン)、プレッツェル・コーン、シュガー・コーン、チョコレート塗りコーンなどである。

2杯のアイスクリームを左右に並べて食べることができるダブル・コーンも、さまざまな種類が存在する。

また、支えなしでも置くことができるよう、底が平らになっているタイプもある。平底タイプのコーンは、キディ・カップ(kiddie cups)、ケーキ・コーン(cake cones)、クール・カップ(cool cups)などと呼ばれる。

英国アイルランドでは、アイスクリームにキャドベリーズ・チョコレート・フレーク (Flake (chocolate bar)というチョコレートバーを挿し込んだバニラ・アイスクリーム・コーンを「99」という。

歴史[編集]

食べられるコーンは、1825年にはすでにフランスの料理本で紹介されており、ジュリアン・アルシャンボー(Julien Archambault)が「小さなワッフル」からどのようにコーンを巻くことができるかを記述している[1]。食べられるコーンはほかにも、1888年イングランドアグネス・B・マーシャル(1855–1905)によって書かれた『A・B・マーシャル夫人の料理本(Mrs A. B. Marshall's Cookery Book)』で紹介されている。彼女による「コルネットとクリーム」のレシピでは、「コルネットはアーモンドでつくる。型押しをするのではなくオーブンで焼く」とある[2][3]

アメリカ合衆国において、アイスクリーム・コーンは20世紀最初の10年間で普及した。1904年12月13日ニューヨークのイタロ・マーチオニーは、アイスクリームを保持するためのペイストリー・カップを作りのための型を、米国の特許746971で認められている[4]。マーチオニーは、1896年から食用の菓子の入れ物に入れたアイスクリームを売っていると主張したが、マーチオニーの特許はコーンに及んでおらず、コーン・メーカーを特許侵害で訴えた訴訟で敗北している。

ミズーリ州セントルイスで1904年に行われたセントルイス万博では、バナー・バター製造所のオーナー、ジョージ・バングがアイスクリームを売った。伝えられるところによれば、彼はボウルを使い果たし、その代わりとして巻いたワッフルを用いた。セントルイス万博での最初にワッフルをつくった人物として、アーネスト・A・ハムウィの名が挙げられることもある[5]

アイスクリーム・コーンの製造・販売[編集]

アイスクリーム・コーンは最初、熱く薄いウエハースを手で巻いて作られていた。1912年オレゴン州ポートランド発明家であるフレデリック・ブラックマン(Frederick Bruckman)が、コーンを巻くための機械の特許をとった。彼の会社は1928年ナビスコに売却され、2012年時点でもアイスクリームを生産している。ベン&ジェリーズのような独立したアイスクリーム・メーカーは、独自のコーンを作っている。

ペンシルバニア州ハーミティジ (Hermitage, Pennsylvania1918年に創業したジョイ・アイスクリーム・コーン・カンパニーは、一般消費者向けとともに、レストランに販売するための業務用アイスクリーム・コーンを焼くようになり、大量生産を開始した。この会社は、年間15億のアイスクリーム・コーンを扱い、2012年時点で世界最大のアイスクリーム・コーン・メーカーだと言われている[6]

アイス一体型コーン[編集]

1928年テキサス州フォートワースのJ.T. "ストゥービー" パーカーは、食料品店の冷凍庫で保存することができる、冷凍アイスクリームと一体型のアイスクリーム・コーンを開発した[7]。彼はこの商品を市場に出すため、1931年にドラムスティック社 (Drumstick (ice cream)を設立した。ドラムスティック社は、1991年にネスレによって買収された。2012年10月時点で、ネスレは、「ドラムスティック」ブランドのアイスを8種類の味で販売している[8]

1959年ナポリに本社を置くイタリアのアイスクリーム・メーカーであるスピカ社は、ワッフルコーンの内側に砂糖チョコレートの層をつくることでアイスクリームとコーンとを隔離する製法を開発した。スピカ社は、1960年に「コルネット」 (Cornetto (ice cream)の名で商標登録している。当初の売上は伸び悩んだが、1976年にユニリーバがスピカ社を吸収合併すると、ヨーロッパ各地で「コルネット」の大量販売キャンペーンを始めた。「コルネット」は現在でも、世界で最もポピュラーなアイスクリームの1つとなっている。

1979年、デイビッド・ワインスタイン(David Wienstien)によって考案された新しい包装方法により、アイスクリーム・コーンの輸送はより簡単になった。ワインスタインの考案は、アイスクリーム・コーンをパラフィン紙で包むことをできるようにするものである。これにより、包装紙が輸送中に外れたりコーンにくっついたりすることを防ぎ、コーンをより衛生的に保つことができるようになった[9]

出典[編集]

  1. ^ Julien Archambault, Le Cuisinier économe ou Élémens nouveaux de cuisine, de pâtisserie et d'office, Librairie du commerce, Paris, 1825, page 346.
  2. ^ Stradley, Linda. “History of Ice Cream Cone”. What's Cooking America. 2008年5月13日閲覧。
  3. ^ Weir, Robert. “An 1807 Ice Cream Cone: Discovery and Evidence”. Historic Food. 2008年5月13日閲覧。
  4. ^ United States Patent and Trademark Office”. 2012年10月5日閲覧。
  5. ^ Ice cream”. Encyclopedia of New Jersey (2004年). 2012年11月6日閲覧。
  6. ^ Mans, Jack (1). “Labler is a Sweet Solution for Ice Cream Cone Maker”. Packaging Digest 46 (6): 38-41. http://www.packagingdigest.com/article/341980-Labeler_is_a_sweet_solution_for_ice_cream_cone_maker.php 2012年10月12日閲覧。. 
  7. ^ Nestle Drumbstick”. 2012年10月12日閲覧。
  8. ^ Nestle Drumbstick”. 2012年10月12日閲覧。
  9. ^ The United States Patent and Trademark Ofice”. 2012年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]