Googleソースコード検索

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Google Code Search
開発元 Google
対応OS 任意(ウェブ型アプリケーション)
種別 ソースコード検索エンジン
公式サイト code.google.com/codesearch
テンプレートを表示

Google Code SearchとはGoogleによるインターネット上にあるオープンソースコードを検索するためのベータ製品でGoogle Labsから誕生したものである。2006年10月5日に公開、2012年1月15日にコード検索APIと共に正式終了したが[1]、同年11月時点でサイトは現存している。

機能には演算子を使って検索するのがあり、対応する演算子にはlang:package:license:file:があった。

検索可能なコードはtar.gz、.tar、.bz2、.tar、.zip、CVSSubversion、git、mercurial repositoriesといった数種類の形式に対応していた。

正規表現[編集]

このサイトはクエリでの正規表現の使用が可能だった。これはgrepと酷似しているが世界中で公開されているコードである。この手法はtrigramインデックス英語版とカスタムビルドされたDoS攻撃耐性正規表現エンジンを組み合わせていた[2]

Googleソースコード検索はPOSIXという拡張正規表現構文、後方参照除外、照合要素、照合クラスに対応していた[3]

対応言語[編集]

公式対応言語の一覧は常に変化していた。2010年12月31日時点の一覧は以下の通り[4]:

公式に対応していない言語の場合、言語用の一般的なファイル拡張子と一致させるためにfile:という識別子を使って検索する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]