鞍馬弘教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鞍馬弘教(くらまこうきょう)とは、神智学の影響を受けた鞍馬寺貫主(かんす)信楽香雲昭和22年(1947年)10月に天台宗より独立して立てた天台宗系の新宗教教団。宗教法人として認可されたのは昭和27年(1952年)。現「鞍馬弘教管長・総本山鞍馬寺貫主」は信楽香雲の娘の信楽香仁(1924 - )。

千手観音毘沙門天魔王尊の三尊を「尊天」として尊崇する。総本山は鞍馬寺。神智学の影響がかなり強い。

末寺[編集]

所在地[編集]

  • 〒601-1111 京都府京都市左京区鞍馬本町1074 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]