異性装フェティシズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
異性装フェティシズム
TransvestFetish.jpg
診療科 精神医学
症候学 異性装に対して過度な性的欲求あるいは性的関心を抱く

異性装フェティシズム(いせいそうフェティシズム)とは、異性装に対して過度な性的欲求あるいは性的関心を抱く人間に対して下される精神医学的診断である。これらの欲求はオートエロティシズムな実践で表現される。異性装フェティシズムは、娯楽のためや、性的興奮を伴わないその他の目的で行われる異性装とは異なる。DSM-5ではフェティシズム服装倒錯症という名前でパラフィリア障害群に分類される[1]。なお、社会的な性と一致した衣服を着用した際に感じる性的興奮はホメオヴェスティズムと呼ばれる。

定義[編集]

DSM-5によれば、遅発性の性別違和を発症した青年期あるいは成人の男性は「しばしば性的興奮をもって異性装をおこなう」としている[2]。「習慣的な異性装フェティシズムがオートガイネフィリアに発展すること」が性別違和を発症するリスク因子として挙げられる。

DSM-IVでは、このフェティシズムは異性愛者の男性に限定されているが、DSM-5においては異性愛者に限っておらず、性的指向を問わずこの症状を示す男性と女性どちらにも診断されうる[3]。しかしながら、実際には男性の報告例が多い[4]

アメリカ精神医学会 (American Psychiatric Association) の精神疾患の分類と診断の手引 (DSM-IV-TR) によれば、フェティシズム服装倒錯症の診断においては以下の2つが基準となる[5]

  1. 異性装をおこなうことで性的な興奮を感じる。
  2. それらの行動のために、社会的あるいは職業的に、著しい苦痛や障害を経験している。

分類[編集]

男性の当事者は、例えばショーツネグリジェベビードールウェディングドレススリップブラジャー、またはナイトウェアランジェリーストッキングパンティストッキングヒールブーツ、その他のはっきりと見た目や感触が女性らしい服などを収集することがある。また、彼らは性的願望を抱きつつ、女性服を身に着けて自身の写真を撮ることがある。


関連項目[編集]

出典[編集]

脚注

  1. ^ American Psychiatric Association (2013). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (Fifth ed.). Arlington, VA: American Psychiatric Publishing. pp. 685–705. ISBN 978-0-89042-555-8. https://archive.org/details/diagnosticstatis0005unse/page/685 
  2. ^ Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (Fifth ed.). Arlington, VA: American Psychiatric Publishing. (2013). pp. 451–460. ISBN 978-0-89042-554-1. https://archive.org/details/diagnosticstatis0005unse/page/451 
  3. ^ http://www.dsm5.org/Documents/Paraphilic%20Disorders%20Fact%20Sheet.pdf DSM-5 Documents: Paraphilic Disorders Fact Sheet
  4. ^ Shorter Oxford Textbook of Psychiatry. OUP Oxford. (2012). p. 373. ISBN 0191626759. https://books.google.com/books?id=Y1DtSGq-LnoC&pg=PA373 
  5. ^ American Psychiatric Association. (2000). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (4th ed., text rev.). Washington, DC: American Psychiatric Publishing.

参考文献