おもらしフェチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おもらしフェチ英語: Omorashi-fetishism)とは、糞尿愛好症の一種で、特におもらしに対して性的興奮を抱くフェティシズムであり、いわゆるヘンタイの一種とされる。

概要[編集]

ジークムント・フロイトが主張する5つの心理的性的発達理論の2番目の段階には肛門期と呼ばれる時期が存在し、この時期になると子供排泄、またはこれを我慢する事に快感を感じるようになるという[要出典]。また「おもらし=恥ずかしい」という概念が生まれるのもこの時期であり、肛門期自体は一定の期間が過ぎると終わるのだが、中には快感を覚えたまま成長する子供も少なくなく、その様な場合はそのまま思春期を迎える事で排泄に対して何らかの性的興奮を感じるようになるのだという。

このようなフェティシズム糞尿愛好症と呼ばれるが、おもらしフェチは「服を着たままのおもらし」という点で異なっており、両者は分けて考えられる事が多い[要出典]

また、兄弟姉妹のいる家庭においては、身近な異性のおもらしを偶然目撃する事により、この性癖を持つようになる子供も多いとされる[要出典]

分類[編集]

おもらしフェチが糞尿愛好症の一種であるように、おもらしフェチもさらに細かく区分される。ここではその区分について記述する。

見るおも[編集]

おもらしを見る事で性的興奮を抱く性癖である。特に思春期前後におもらしという異性の恥ずかしい姿を見てしまう事により、この性癖を持つようになる事が多いとされる。なお、思春期には授業中にトイレに行く事を恥ずかしく感じるようになるため「トイレに行きたい。」と言い出せなくなり、授業中のおもらしも増えるとされている[要出典]隠語では「見るおも」と呼ばれる。

するおも[編集]

自分でおもらしをする事で性的興奮を抱く性癖である。この場合「尿性器のまわりや下着が温かくなるのが気持ちいい。」という理由もあるのだが[要出典]、「恥ずかしいけど気持ちいい。」というある種のマゾヒズム的な理由も大きいとされている。隠語では「するおも」や「わざおも(わざとおもらし)」と呼ばれる。

他のフェティシズムとの関わり[編集]

おもらしフェチはその性質上、他のフェティシズムとの関わりも多い。ここでは、おもらしフェチと他のフェティシズムとの関わりについて記述する。

制服フェティシズムとの関係[編集]

イメージ

前述した通り、おもらしフェチは思春期と深く関わっているため、思春期の象徴的存在であるセーラー服などの学校制服との関わりも必然的に発生する。よって制服フェティシズムとおもらしフェチは親和性が高く、制服おもらしはおもらしフェチの中でも特に有名であり、人気が高い。特に椅子に座っておもらしをした場合、お尻に尿がまわるため、制服のお尻部分にくっきりと尿のシミがついてしまい、かなり恥ずかしい事になる。また、椅子から尿が垂れる過程において尿が脚を伝う事もよくあり、そのような場合には靴下や上履きまで尿で汚してしまい、とくにハイソックスを着用していた場合には黄色いシミがくっきりとできるため、より恥ずかしさを誘う。この事から、おもらしフェチは靴下フェティシズムとも深く関わっていると言えるだろう[要出典]

ブルマフェティシズムとの関係[編集]

イメージ

ブルマもまた、思春期の象徴的存在である。そのため、制服同様おもらしフェチとの関わりは深い[要出典]。また、ブルマはぴったりとお尻に密着する衣類であるため、ブルマを着用した状態でおもらしをすると、密着したブルマの中で尿がぐるぐると渦巻いているような感覚があり、尿の温かさもより強く感じられるとされる。そのため、制服おもらしに次ぐ人気を誇り、その魅力は人々を惹きつけてやまないのだという。そして、ブルマは比較的布地が厚いため尿をより多く吸うことができ、多少の量では外に漏れないため、ブルマを着用した状態で少しずつ尿をおもらししていく「ちびりプレイ」もある。

スクール水着フェティシズムとの関係[編集]

イメージ

制服、ブルマ同様、思春期の象徴的存在であるスクール水着も、おもらしフェチと無関係ではない。特に、いわゆる「旧スク」と呼ばれるワンピース型のものは一度着ると脱ぐのに手間がかかるため、トイレに行っても脱がずにそのまま排尿する事も多いとされ、間接的におもらしのような形になってしまうのだという[要出典]。また、その時に「いけない事をしてしまっている。」「恥ずかしい。」といった感情も同時に巻き起こる事が多く、それもおもらしフェチの一種とされている。

おもらしを扱った雑誌、同人アニメ、ゲーム[編集]

おもらしフェチは、他のフェティシズムと同様、商業誌同人アニメ同人ゲームなどでも多く扱われる題材となっており、例を挙げれば「おもらし倶楽部」[1]などの商業誌や「omoani」[要出典]のようなおもらしアニメ、「教室のBigWave」[要出典]や「田舎生活サバイバルRPGそのひぐらし」[要出典]などの同人ゲームなどあり、枚挙に暇がない。

脚注[編集]

  1. ^ 出典”. 三和エロティカ. 2021年12月1日閲覧。