口唇期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
精神分析学のシリーズ記事 
精神分析学
photograph

口唇期(こうしんき、: Die orale Phase: oral stage)とは、ジークムント・フロイトが主張する5つの心理性的発達理論: Triebtheorie: Psychosexual development (stages)リビドー発達段階)の中で最初の段階[1]

は最初に経験する快楽の源で、生存のためにある。赤ん坊は本能的に吸う。口から満足を得ることで、赤ん坊には信頼と楽観的パーソナリティが発達する。時期については諸説あるがおおむね出生時から2歳までとされる。

口唇期固着[編集]

口唇での欲求が十分満たされなかったり、十分以上に満たされて成長すると、この段階の欲求に異常にこだわるようになる。これを口唇期固着: oral fixation, oral craving)という。もし、乳離れが早すぎて口への刺激が不足した場合、悲劇的で不信感に満ち、皮肉屋で攻撃的なパーソナリティが形成される可能性がある。逆に乳離れが遅く刺激を多く受けた場合、タバコやアルコール摂取の意欲の増加、爪を噛む行為などの症状がでる可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.4。ISBN 978-4895928526 

関連項目[編集]