オットー・フェニケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
精神分析学のシリーズ記事 
精神分析学
photograph

オットー・フェニケル英語: Otto Fenichel1897年12月2日 - 1946年1月22日)は、オーストリアウィーン出身の医学者精神科医精神分析家。いわゆる第二世代の精神分析家である。

フェニケルはウィーンで1915年に医学を学び始めた。彼がまだ学校にいるころ、とても若い男性として既に、ジークムント・フロイトを中心とした精神分析家の輪に惹かれていた。1915年から1919年の間フェニケルはフロイトの講義に参加しており、また1920年代の初期、彼が23歳の頃にウィーン精神分析協会の会員となった。

脚注[編集]


関連項目[編集]