独湛性瑩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
独湛性瑩
1628年 - 1706年
生地 福建省興化府莆田県
宗派 臨済宗黄檗派(黄檗宗)
寺院 興福寺普門寺、宝林寺、国瑞寺、黄檗山萬福寺
隠元隆琦

独湛性瑩(どくたんしょうけい、崇禎元年9月27日1628年10月23日) - 宝永3年1月26日1706年3月10日))は、江戸時代前期に明国から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。俗姓は陳氏。福建省興化府莆田県の出身。

生涯[編集]

代の丞相陳俊郷の末裔であり、代の孝廉御史・陳茂烈の8代の孫に当たる。父は、陳翊宣という名であった。

母の没後、16歳で、梧山・積雲寺の衣珠のもとで出家した。雲棲袾宏に私淑し、『首楞厳経』や『妙法蓮華経』を読誦していた。

1649年順治6年)に、隠元隆琦の法弟であった泉州承天寺の亘信行弥に入門した。その後2年ほどして、金粟山の費隠通容の噂を聞き、諸方を行脚した。

1651年(順治8年)の夏、黄檗山に至り、隠元に参じた。1653年(順治10年)冬に大悟した。

1654年(順治11年)6月、隠元に従って来日し、その後、長崎興福寺から摂津国普門寺山城国萬福寺と、師の隠元に随従した。

1663年寛文3年)1月の、萬福寺の祝国開堂後の冬の統制において西堂を務め、12月の初めての授戒会では尊証阿闍梨に任ぜられた。

1664年(寛文4年)5月、龍渓性潜の推挙によって遠江国浜松に至り、近藤貞用邸に寓居しながら、新寺(宝林寺、初山)の造営に当たった。1665年(寛文5年)11月に隠元を開山として招き、独湛が初代住持となり、以後18年間にわたり、その任に当たった。

1673年延宝元年)10月には、慧林性機の推挙によって上野国笠懸に至り、岡上景能の求めに応じて、国瑞寺(二山)を開山した。

1681年天和元年)10月、黄檗山の第4代住持となる。

1692年元禄5年)、高泉性敦に法席を譲り、山内の獅子林院に隠退した。退隠後は、上州の二山に招かれ塔頭の永思塔に仮寓した。また、1697年(元禄10年)には、遠州の初山で10,000人以上の信徒を集めて授戒会を催した。

1706年(宝永3年)1月26日、黄檗の獅子林院で没した。享年79。

念仏禅[編集]

隠元が将来したいわゆる黄檗禅の特色は、「念仏禅」という言葉で表現されており、習禅と念仏とを共に修める「禅浄双修」を、その特徴とした。この傾向を最も顕著に表していたのが、独湛である。独湛は、当麻曼荼羅に感動して「日本大和州当麻寺化人織造藕糸西方聖境図説」を著わし、浄土宗に属する義山忍澂と交流した。

1704年(宝永元年)には、獅子林院で「勧修作福念仏図説」という、宋代以来の中国で民間教化に用いられた縁起文を板行している。

参考文献[編集]

先代:
慧林性機
黄檗宗
萬福寺第4代
次代:
高泉性敦