ミチェル・ランゲラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミチェル・ランゲラク Football pictogram.svg
Mitch langerak.jpg
名前
本名 ミチェル・ジェームズ・ランゲラク
Mitchell James Langerak[1]
ラテン文字 Mitchell Langerak
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1988-08-22) 1988年8月22日(29歳)
出身地 エメラルド英語版
身長 193cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レバンテUD
ポジション GK
背番号 25
利き足 右足
ユース
1996-2002 オーストラリアの旗 Tieri Tigers
2003-2005 オーストラリアの旗 Bundaberg Waves
2006-2007 オーストラリアの旗 オーストラリア国立スポーツ研究所
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2010 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC 21 (0)
2007 オーストラリアの旗 サウス・メルボルンFC (loan) 14 (0)
2010-2012 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント II 10 (0)
2010-2015 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 19 (0)
2015-2017 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 37 (0)
2017- スペインの旗 レバンテUD
代表歴2
2006  オーストラリア U-20 5 (0)
2013- オーストラリアの旗 オーストラリア 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2015年4月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミチェル・ジェームズ・ランゲラクMitchell James Langerak, 1988年8月22日 - )は、オーストラリアエメラルド英語版出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラレバンテUD所属。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

クラブ[編集]

メルボルン・ビクトリーFC[編集]

2009年、メルボルン・ビクトリーユースでプレーするランゲラク。

2007年、Aリーグメルボルン・ビクトリーFCとの間に初めてのプロ契約を結ぶ[2]。入団後すぐ、出場時間と経験を得るため、そして余剰人員の放出のため、ビクトリアンプレミアリーグ英語版サウス・メルボルンFC期限付き移籍した。

期限付き移籍を終えると、ユージン・ガレコヴィッチアデレード・ユナイテッドFCに移籍するまで、ランゲラクはメルボルン・ビクトリーの第3ゴールキーパーだった。彼のメルボルン・ビクトリーでのデビューは2007-2008シーズンのシドニーFC戦で、2失点を許し試合はドローに終わった[3]

ガレコヴィッチがアデレード・ユナイテッドに移籍し、ランゲラクは第2ゴールキーパーとなった。第1ゴールキーパーのマイケル・セオ英語版が海外に移籍し、クラブはニュージーランド代表グレン・モスウェリントン・フェニックスFCから獲得した。モスが2009–10シーズンの第1ゴールキーパーとなり、ランゲラクはレギュラーの座を掴むことができなかった。

2010年4月13日、メルボルンはボルシア・ドルトムントによるランゲラク獲得オファーを断ったが、話し合いはまだ続いていると発表した。2010年5月4日、ドルトムントは再びオファーを出すものの、またしてもメルボルン側に拒否された。

ボルシア・ドルトムント[編集]

ボルシア・ドルトムントでのランゲラク(2014年)

2010年5月12日、メルボルンがドルトムントの三度目のオファーを受け入れ、ランゲラクはドルトムントと4年間の契約を結んだ。ドルトムント加入後、ブンデスリーガ2010-11シーズンにおいてランゲラクはクラブの第2ゴールキーパーとなり、リザーブチームではレギュラーになった。

ローマン・ヴァイデンフェラーの怪我での離脱に伴い、バイエルン・ミュンヘン戦でブンデスリーガ初出場を果たした。試合は3-1で勝利し、ランゲラクは堅実なパフォーマンスを見せた。ヴァイデンフェラーが復帰するまで、ランゲラクはファーストチームに初めて加わり、DFBポカール第2ラウンドの1.FCディナモ・ドレスデン戦に出場した。ヴェストファーレンシュタディオンでは多数の発炎筒が焚かれ、影響が懸念されたが勝利し、8万人超の観客の前で初めて無失点を記録できた喜びを試合後にユルゲン・クロップ監督に見せた。

2012年5月12日、ドルトムントに移籍して丁度2年、DFBポカール決勝戦バイエルン・ミュンヘン戦にて、32分に交代出場した。これはヴァイデンフェラーの負傷によるもので、試合序盤のマリオ・ゴメスのチャレンジによるあばらの怪我が疑われた結果だった。ドルトムントは5-2で勝利してカップを手にし、2つのリーグタイトルに加えて、ランゲラクにとっての3つ目のタイトルとなった。

2013-2014シーズンでは開幕戦のFCアウクスブルク戦に出場し、4-0のクリーンシートで勝利した[4]。これで、ランゲラクがブンデスリーガのリーグ戦で出場したここまで7試合全てでドルトムントが勝利したことになる。

2013年9月18日、ヴァイデンフェラーの退場によってチャンピオンズリーグSSCナポリ戦に出場し、これがチャンピオンズリーグデビューとなる。この試合でランゲラクはロレンツォ・インシーニェのシュートを止めようとしてゴールポストに激突し、前歯2本を折ってしまう[5]

2014年8月23日、2014-2015シーズン開幕戦のバイエル・レバークーゼン戦において、開始わずか9秒でのゴールを許してしまう。これはブンデスリーガ史上最速得点記録で、ドルトムントは0-2で破れた[6]

VfBシュトゥットガルト[編集]

2015年6月29日、VfBシュトゥットガルトへ2018年6月までの3年契約で完全移籍した[7]。2015-16シーズンはバイエルン・ミュンヘンへ移籍したスヴェン・ウルライヒの後釜と期待されていたが開幕前に筋束を断裂し、同期に加入したプシェミスワフ・ティトンに正GKの座を奪われ、リーグ戦3試合の出場に留まりチームも2部へ降格した。2016-17シーズンはライバルだったティトンが移籍したことに伴い正GKとなり、リーグ戦全試合フルタイム出場を果たして1シーズンでの1部復帰に貢献した。

レバンテUD[編集]

2016-17シーズンにはこのシーズンに加入したロン=ロベルト・ツィーラーに正GKの座を奪われたことで出場機会を求め、2017年8月30日にレバンテUDへ完全移籍した[8]

代表[編集]

オーストラリア代表U-20に選出され、AFCユース選手権2006に参加した。フル代表に招集されたのは2011年3月で、ドイツと戦う「17-man squad」と、ホルガー・オジェックに名付けられた一員となった。

ランゲラクがオーストラリア代表デビューをしたのは2013年10月12日のことで、フランスとの親善試合においてだった。この試合では、フランク・リベリーオリヴィエ・ジルーヨアン・キャバイェマテュー・ドゥビュシーカリム・ベンゼマの得点を許し、6-0の大敗を喫した。この試合はホルガー・オジェックのオーストラリア代表監督としての最後の試合となり、この試合の結果を受けてすぐに彼は解雇された。代表としての2度目の出場はカナダ戦で、ジョシュア・ケネディダリオ・ヴィドシッチマシュー・レッキーの得点により、3-0で勝利した。2014 FIFAワールドカップオーストラリア代表の23名のメンバーに選出された。

個人成績[編集]

2016年5月21日現在
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
2007 サウス・メルボルン ビクトリアンプレミアリーグ 14 0 - - 14 0
2007-08 メルボルン・ビクトリー Aリーグ 1 0 - 3 0 4 0
2008-09 4 0 - 1 0 5 0
2009-10 16 0 - - 16 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2010-11 ボルシア・ドルトムント ブンデス1部 1 0 - 0 0 1 0
2011-12 2 0 - 3 0 5 0
2012-13 3 0 - 0 0 3 0
2013-14 4 0 - 3 0 7 0
2014-15 9 0 - 6 0 15 0
2015-16 シュトゥットガルト 1 3 0 - 1 0 4 0
2016-17 ブンデス2部 34 0 - 2 0 36 0
通算 オーストラリア ビクトリアンプレミアリーグ 14 0 - - 14 0
オーストラリア Aリーグ 21 0 - 4 0 25 0
ドイツ ブンデス1部 19 0 - 12 0 31 0
ドイツ ブンデス2部 34 0 - 2 0 36 0
総通算 88 0 0 0 18 0 106 0
国際大会個人成績 FIFA 期間通算
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
AFC AFC CL AFC CUP CWC 期間通算
2007-08 メルボルン・ビクトリー 1 0 - - 1 0
2009-10 5 0 - - 5 0
UEFA UEFA CL UEFA EL CWC 期間通算
2010-11 ボルシア・ドルトムント - 0 0 - 0 0
2011-12 0 0 - - 0 0
2012-13 0 0 - - 0 0
2013-14 2 0 - - 2 0
2014-15 1 0 - - 1 0
通算 AFC 6 0 0 0 0 0 6 0
UEFA 3 0 0 0 0 0 3 0
総通算 9 0 0 0 0 0 9 0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 6試合 0得点(2013年- )


オーストラリア代表 国際Aマッチ
出場 得点
2013 2 0
2014 3 0
2015 1 0
通算 6 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

メルボルン・ビクトリーFC
ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

オーストラリア代表

個人[編集]

  • PFAハリー・キューウェルメダル:1回 (2009-10)

脚注[編集]

  1. ^ “2014 FIFA World Cup Brazil: List of Players” (PDF). FIFA. (2014年6月11日). p. 3. http://www.fifadata.com/document/fwc/2014/pdf/fwc_2014_squadlists.pdf 2014年9月16日閲覧。 
  2. ^ “Kevin Muscat top shelf”. Herald Sun. (2007年2月24日). http://www.heraldsun.com.au/sport/soccer/kevin-muscat-top-shelf/story-e6frfg8x-1111113049772 2014年9月16日閲覧。 
  3. ^ Mitch Langerak is keeping up”. The Age (2008年9月26日). 2014年9月16日閲覧。
  4. ^ 4-0:オーバメヤンの活躍で完璧なスタート”. Borussia Dortmund 公式ホームページ (2013年8月11日). 2014年9月16日閲覧。
  5. ^ ベンダー:「次は最高の結果を出さないとね!」”. Borussia Dortmund 公式ホームページ (2013年9月21日). 2014年9月16日閲覧。
  6. ^ ブンデスリーガ史上最速ゴール”. Borussia Dortmund 公式ホームページ (2014年8月24日). 2014年9月16日閲覧。
  7. ^ Der VfB verpflichtet Mitchell Langerak”. VfBシュトゥットガルト公式ホームページ (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
  8. ^ Langerak se compromete con el Levante UD por las dos próximas temporadasレバンテUD 2017年8月30日(2017年8月31日閲覧)

外部リンク[編集]