バハ1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バハ1000
開始年 1967
主催 SCOREインターナショナル
開催国 メキシコの旗 メキシコ
公式サイト
SCOREインターナショナル
テンプレートを表示

SCOREバハ1000(: Baja 1000)とは、メキシコバハ・カリフォルニア州にあるバハ・カリフォルニア半島で毎年11月に行われる自動車二輪車のデザートレース。「SCOREインターナショナル」が主催する。

バハ500、サンフェリペ250なども含む「SCORE ワールド・デザート・チャンピオンシップ」の最終戦であり、デザートレースの元祖として最も格式の高い一戦である。南北に伸びる半島の砂漠を舞台に不眠不休で走りきる、世界最長のノンストップレースにして、最も過酷と言われている[1]。初開催は1967年

概要[編集]

バハ1000の華、トロフィートラック
ハマー・H3
フォルクスワーゲン・ビートルを改造した車両は「バハ・バグ」と呼ばれる伝統のスタイルで、一つのクラスとして成立している。

ロサンゼルス州からわずか数百マイルしか離れていない、メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州にあるバハ・カリフォルニア半島を舞台に、毎年11月に行われている。コースの大半が砂漠で完走率は約50%と非常に厳しいレースとして知られている[2]。メキシコではバハ・ミル(Baja mil)と呼ばれる。

分類としてはデザートレースとなる。欧州式のラリーレイドダカール・ラリー等)のようなリエゾンと呼ばれる移動区間とSSと呼ばれる競技区間の構成とは異なり、スタートからゴールまで休息時間なく走行しタイムを競う。夜間走行もするため十分な光量のあるヘッドライトが必要になるが、昼でも相当に視界の悪い砂漠を夜に走るため危険度が非常に高い。途中にチームスタッフたちが臨時のピットを設営しており、タイヤ交換と燃料補給、必要があればメンテナンス、ドライバー交代を行う。ドライバーやナビ、ライダーは途中で交代しても良く、一般的には2~6人の交代要員を準備するが、あえて一人で挑戦して総合優勝を収めた者もいる。

エントリー料はクラスにもよるが2,500~5,000ドル程度。これに加えてマシン、スペアタイヤ、チームスタッフ、燃料、サポート車両などが必要になる。特に四輪で総合優勝を争いたい場合は、コース上でマシンを追跡して補給や修復、新ドライバーへの交代などを行える「チェイスカー」と呼ばれるサポート車両を複数台(トップチームでは10台以上)をレースコース上に散らばらせる必要がある。そうした周到な準備はできないアマチュアドライバーのために、チームスタッフやチェイスカーをパック料金で格安で提供するサービスがあり、地元の自動車系企業の良いシノギとなっている[3]

普段は静かなこの地が唯一賑わうイベントであり、およそ20万人もの観客が詰め掛ける[1] 知名度の高いレースの一つでありバハを冠した商品も数多く出ている。また「バハ」はオフロードレースの名前として欧米各地のイベント名につけられている(バハ・アラゴンなど)。

2006年には60台を超えるカメラと90名のクルー4台のヘリコプターを使って撮影された、デイナ・ブラウン監督によるBaja1000のドキュメンタリー映画『ダスト・トゥ・グローリー』が日本の映画館で公開された[4]

2012年の参加台数は298台、完走174台であった[5]アメリカメキシコからの参加が多く、総合優勝者はアメリカが多い。公道レースとしてはパイクスピーク・ヒルクライム同様著名なサーキットレーサーが多く参加するのも特徴で、F1王者のマリオ・アンドレッティジェンソン・バトンNASCARロビー・ゴードンインディ500勝者のパーネリ・ジョーンズアレキサンダー・ロッシ、ハリウッドスターのスティーブ・マックイーンジェームズ・ガーナーポール・ニューマンチャック・ノリスパトリック・デンプシーなどが知られる。もちろんWRCやダカールなどのスター選手の参戦も珍しくない。

日本のメディアやレースファンの注目度は低いが、二輪・四輪とも参戦例は多く、特に90年代は50台を超える参加者があった。近年は特に東洋タイヤ(TOYO)はこのレースに積極的であり、総合優勝含めて優れた戦果を残すチームが多く採用している。

なお同地では、2013年からダカール・ラリーと同じフォーマットの「バハ・ラリー」も10月に開催されている。

歴史[編集]

スティーブ・マックイーンもドライブしたバハ・ブーツ。50年後に映画監督のジェームズ・グリッケンハウス率いるSCGは、これをモチーフにしたマシンでクラス優勝を挙げた。
1972年大会

第二次世界大戦中、日本の空襲を警戒したフランクリン・ルーズベルト大統領は対空砲を設置する必要があり、その計画の中にカリフォルニアからバハまで伸びる舗装道路を建設する案があった。アメリカは中立国のメキシコにこの計画実行の許可を求めたが、メキシコが拒否したため、後に数多の人々が楽しむ広大な砂漠が残されることとなった[6]

1962年、ホンダの米国法人に務めていたジャック・マクコーマックとウォルト・フルトンが、新型バイクのCL72スクランブラーの信頼性をテストするための長距離走行を行うため、有名オフロードレーサーでトライアンフとホンダのディーラーマンでもあったバド・イーキンスに声をかけた。イーキンスはトライアンフとの関係を理由に走ることはできなかったが、代わりにティファナからラパスまでの国道1号線の950マイルに及ぶ険しい未舗装路のルートを提案した。最終的にライダーはバドの兄弟であるデイブ・イーキンスと、南カリフォルニアのホンダ車の卸売業者の息子であるビリー・ロバートソンJr.によって無事に成し遂げられた。これを飛行機で二人のジャーナリストが追跡し、計時も行われた(39時間56分)このテストランは、危機と隣合わせの冒険譚と合わせて多くの雑誌に取り上げられ、ホンダの名声を高めた。

1967年4月、オフロード用バギーの「メイヤーズ・マンクス」を展開していたブルース・マンクスは、この記録を破って宣伝に利用したいと考え、専用の「オールド・レッド」を開発して挑戦。34時間45分で、5時間以上も記録を更新した。目論見通り大々的にメディアに取り上げられたこの挑戦は、オフローダーたちの精神に火をつけ、複数の挑戦者が現れた。7月には記録は31時間にまで短縮された。

レジェンド的存在のロッド・ホール

同年6月、元海兵隊員で四輪駆動車を趣味とする花屋だったエド・パールマンによって、全米オフロード レース協会("NORRA", National Off-Road Racing Association )が設立され、10月31日に「NORRAメキシカン1000ラリー」という名称で始まったのが、バハ1000の開幕とされている。ティフアナからラパスまでの849マイル(1,366km)で争われ、ヴィク・ウィルソンとテッド・マンゼルスの運転するメイヤーズ・マンクスが27時間38分のタイムで優勝。参加台数68台、完走31だった[5]

1969年にはハリウッド俳優のスティーブ・マックイーンがバド・イーキンスと共に参戦し、注目を集めた。この年、ロッド・ホールのドライブするフォード・ブロンコが初めて四輪駆動車としての総合優勝を記録。ホールは1967年のNORRA時代からこのレースに参戦しており、以降もパーキンソン病に似た持病を抱えながらも、人生の全てをこのレースに捧げることになる。1980年代にはSCOREとHDRAで37連勝を記録するなど、一時代を築いた。

1974年はメキシコ連邦政府が運営する石油会社のペメックスが燃料価格を保証していたにも関わらず、オイルショックで参加者が集まらないことを恐れたNORRAによってキャンセルされた。このときメキシコ政府は開催権を非営利のメキシコ法人バハ・スポーツ委員会("BSC", Baja Sports Committee)に引き渡し、BSCは「バハ1000」という名で従来通りにイベントを開催して成功させた。しかしBSCはプロモーションに課題があり、メキシコ政府との協議により、1973年にレーサー及びエンジニアのミッキー・トンプソンによって設立されたSCOREインターナショナルに主催が引き渡され、1975年以降も「バハ1000」が行われるようになった。トンプソン自身も1982年に四輪ドライバーとして総合優勝を成し遂げている。

1975年にマルコム・スミスは、二輪・四輪の両方で総合優勝した初めてのドライバーとなった。

1970〜1980年代はフォルクスワーゲン・ビートル、時代が進むとより強力なエンジンのポルシェ・911RRコンポーネントを流用した、改造無制限のオープンホイールの「クラス1」のバギーが猛威を振るった。

「トラギー」

1994年に「トロフィートラック」が導入された。北米市場では商用・乗用共に絶大な人気があり、高い信頼性・パワフルなフロントV8エンジン・悪路走破性の高い大型ホイールとタイヤ・頑丈なリアアクスル・ロングトラベルなサスペンションなどもあいまって強力な戦闘力を発揮するピックアップトラックでの参戦は従来から多く、1980年代後半からバギーを凌ぐ勢力へと変わっていった(1979年にダッジがトラックとして初めて総合優勝を果たしている)。すでに規則も緩和されて骨格以外は別物であったが、この規定により骨格もレース専用に開発ができるようになり、多くのコンストラクターが参入して一躍レースの主役となった。クラス1バギーもトロフィートラックのコンポーネント(フロントエンジン・リアソリッドアクスル)と外観にオープンホイールを備えただけのようなものに変化し、「トラギー」と呼ばれた。しかし2000年代に入ってから、フロントエンジンのバギーが禁止されたことで姿を消した。

2000年にはミレニアム記念として「Baja2000」が開催された。ただし実際の距離は1,700マイル(2,720km)ほどであった。

50周年記念大会のTTレジェンドクラス(50歳以上限定のトロフィートラッククラス)で優勝を果たした21L号車のクルーたち

2017年は50周年記念であった。この年を持って、50年間欠かさず参戦をし続け、1度の総合優勝と25回のクラス優勝を達成していたロッド・ホールは引退した。そのわずか2年後、2019年に持病の悪化により81歳でこの世を去った。彼の息子チャドやジョシュや孫娘シェルビーもオフロードレーサーやコンストラクターとして活躍している。

ホール以外にはゴードン一族やマクミラン一族の活躍が知られる。1990年にボブ・ゴードンとその息子ロビー、娘ロビンの三人が四輪で総合優勝者となった。父/息子/娘による総合優勝は初であり、女性が総合優勝者となったのも初であった[7]。マクミランは1981年から40年以上に渡って参戦し14度もの総合優勝を記録しており、今はアンディ・ダン・ルーク・ジェシカの4人のマクミランが活動している[8]。本レースは経験が物を言う競技のため、彼らのように親や祖父が孫に伝える形で技術と精神が受け継がれ、家族ぐるみで代々参戦する場合も珍しくない。

コース[編集]

バハ・カリフォルニア半島を舞台に行われ大きく分けて下の二通りで行われる。距離は年によって異なるが、レース名に反して800〜1200マイル(約1,280km〜1,920km)とかなりの幅がある。またクラスによって距離が異なる場合もある。

  • ポイントtoポイント
  • ループ
    • スタートとゴール地点が同じで半島の途中まで行きまたスタート地点まで戻るコース。スタート・ゴール地点は伝統的にエンセナダが多い。

本番一ヶ月前からルートのGPSがダウンロードできるようになり、本番直前まで「プレランニング(プレラン)」と呼ばれる下見走行をすることが認められている。チームによってはここで、本番の二倍もの距離を走る場合もある[9]

途中4つのウェイポイントが設定され、これらを全て通過する必要がある。

ルートには主催者の意図しない、写真の「映え」を狙ったり、ジャンプを見たい観客たちによるお手製のジャンプ台などの障害やギミック、人呼んで「ブービートラップ」が仕掛けられていることもある。これはきちんとした設計に基づいたものではないため、クラッシュの原因につながる。裏を返せば観客が妙に多い部分にはブービートラップが仕組まれている事が多いということで、一つの目印になる。

車両[編集]

いずれの車両も大型のヘッドライトを備える必要がある。

  • 四輪
    • ピックアップトラックバギーカーバハ・バグUTVなどを中心に30近くものクラスに細かく分かれている。1994年から導入されている「トロフィートラック」(TT、トリック・トラックとも)クラスが頂点であり、本レースの華となる。
    • トロフィートラックは骨格の設計は自由だが、外観はベース車両のデザインを模している必要がある。ベース車両はトラックに限らず、SUVセダンでも良い。タイヤサイズは高さ42インチ(99cm)にも及び、サスペンションストローク量も24~36インチ(60cm~90cm)と非常に長い。ストローク量を多く取るため二輪駆動が長らく主流だったが、2010年代後半からトップチームを中心に四輪駆動が台頭し始めている。エンジンは800~1000馬力程度でガソリンは自然吸気のみ、ディーゼルターボはリストリクター付きがそれぞれの条件となる。レイアウトはフロントミッドシップエンジンと頑丈なリアリジットアクスルを組み合わせるのが基本となるが、リアミッドシップエンジンの参戦例もある。EVとしての参戦も可能である。ギアは古くからあるTH400の3速ATか、6速シーケンシャルシフトのどちらかを選択する。ドアは無く窓から乗り降りするため、NASCARのオフロードトラック版とも言える。
    • 比較的安価に参戦できる「トロフィートラック・スペック」もある。こちらは3速ATのみで、出力も500馬力程度に制限される。
    • 2012年に優勝したBJ Baldwinのトロフィートラックを例に取るとシャシは鋼管パイプフレームエンジンシボレー排気量7.5リットルV型8気筒で800馬力。駆動方式はフロントエンジン・リアドライブ方式で車両重量は2,898kg。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リヤが3リンク式サスペンションでストロークは前後それぞれ660mm/864mm。17インチのホイールに外径が39インチのタイヤを装着する。
    • バギーはリアエンジン(またはリアミッドシップエンジン)+リア独立懸架サスペンションという形式が指定されている[10]。リアエンジンゆえにトラクション性能が高い、軽量で低重心化しやすいなどのメリットがあり低速域では有利だが、オープンホイール故の空気抵抗やサスペンションストローク量の小ささ、リアヘビーな特性などがデメリットとなり、高速域ではトロフィー・トラックより劣る。エンジンはスペースや重量配分の都合から6気筒までの物が多いが、中にはV8エンジンを積むものもある。安価に参戦できる点が最大のメリットとなる。
  • 二輪/ATV
    • 排気量、ライダーの年齢別にクラスが分かれている。

日本勢の挑戦[編集]

タンドラのトロフィートラック(2001年)
ホンダ・XR600R(1992年)

日本人レーサー[編集]

  • 四輪
  • 1992年、塙郁夫選手が初めて参加。
  • 二輪
    • 1983年に風間深志が日本人として初めてヤマハ・TT600で参戦、クラス9位で完走[15]
    • 1984年に作家・ルポライターの戸井十月が初参戦。以降も参戦し続け、日本人最多参戦歴を持つライダーとなった[16]
    • 1992年に三橋淳が125cc以下のClass20で出場し40時間12分56秒で2位となった。 同年のClass20優勝はCR125で参加した渡辺裕之組33時間44分19秒。90年代は日本人参加者が多く、この年は雑誌にBaja挑戦予備校が紹介されて、日本人の二輪参加台数は50台以上、人は150人以上の参加があった。日本人のトップタイムは21時間54分59秒で石井正美組Class21で5位、優勝したダニーハメル組は16時間50分15秒だった。
    • 2015・2016年に風間深志風間晋之介親子が、晋之介のダカールの予行演習も兼ねてヤマハ・WR450Fで参戦。2015年はスポーツマンクラス5位で完走。2016年は序盤で晋之介が肋骨骨折の重症を負い、深志が夜間走行で苦戦して規定の36時間ギリギリとなったが、痛みを堪える晋之介の奮闘でなんとか完走を果たした[17]

日本メーカー[編集]

四輪では、TRD USAの開発したトヨタ・SR5(ハイラックス)が1993年、トヨタ・タンドラが1998年に総合優勝を果たしている。実際のピックアップトラック市場同様、トヨタは日本車の中では採用率が高く、多数派を占めるシボレーフォードに混じってよく見ることができる。また近年は米国ホンダ(HPD)も参戦し、クラス優勝を挙げている。

二輪は本レース誕生のきっかけにもなったホンダが圧倒的に強く、1997年から2013年まで17連勝するなど26回の総合優勝を記録。直近でも2021年まで6連勝を達成している。カワサキも1988年か1996年までの9連勝を含めて10勝、ヤマハが2勝を挙げている。

フィクション[編集]

  • タイムライダー(1982年)
    • アメリカ映画。バハ1000に参戦していた主人公が、レース中に1800年代の西部劇の時代にタイムスリップしてしまう話。
  • スーパー4WD THE BAJA(1994年)
  • ダスト・トゥ・グローリー (2005年東映
    • アメリカ映画。デイナ・ブラウン監督による2003年のバハ1000を題材とした90分のドキュメンタリー。日本でも2006年7月に劇場公開された。2016年には二作目となる「ダスト・2・グローリー」も公開された。
  • SCORE インターナショナル バハ 1000
    • レフトフィールドプロダクションによって制作されたビデオゲーム。プレイステーション2/3やX BOX、WIndowsなどのハードに対応した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]