かまいたち戦法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

かまいたち戦法(-せんぽう)は将棋の戦法のひとつ。アマチュアの鈴木英春が開発した。▲5六歩・▲5七銀を基本形とする。先手番では▲7六歩、後手番では△6二銀が初手である。鈴木英春が禅寺で修行したとき、禅のことを知るためにはどの本を読めばよいか聞いたところ「この本だけでよい」と一冊の本を手渡された。その時「将棋にも『この戦法だけでよい』と言い切れる総合戦法は出来ないものだろうか」と考え、かまいたち戦法を創始した。別名を英春流という。

対居飛車[編集]

Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
対居飛車かまいたち戦法

飛車先をなかなか突かない。左金を7八に、左銀を8八に、右金を5八に構え、▲6九玉・▲7七角と動かす。角交換したときは▲7七同桂と取り、▲8九玉と動かし、▲6六歩を突いて▲6七金右とする。ミレニアム囲いに似ているが、右銀の位置が異なる。

対振り飛車[編集]

Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
対振り飛車かまいたち戦法

船囲いに近い構えから、5筋の位を取る。右銀を▲5六銀 - ▲6五銀と進め、左銀は6六に進める。▲7七角と出し、右金を6八に囲う。縦に長い構えであり、相手の囲いの発展を抑えている。対美濃囲いより対穴熊囲いのほうが有利である。