読売ジャイアンツの主催試合の中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項目では、日本のプロ野球球団読売ジャイアンツの主催試合(よみうり-のしゅさいしあい)ならびに、読売ジャイアンツと対戦する球団主催の試合の中継(ちゅうけい)放送について解説する。なお、ラジオによる中継放送についてはラジオ日本ジャイアンツナイターの項目を参照。

概要[編集]

日本のプロ野球試合の中継放送については統括組織ではなく、加盟する各球団が権利を有しており、放送局は各球団から放送権を購入して中継を行っている。

現在は、主に以下の3パターンが存在する。

  1. 資本的につながりが深い放送局に優先して中継させる。読売・中日の新聞系球団が該当。
  2. 中継映像制作の部分までを球団で留保する。横浜DeNAベイスターズ(巨人戦には当てはまらない)やパシフィック・リーグの球団が収益安定策として採用。
  3. 地域のメディアにほぼ平等に開放。北海道日本ハムファイターズ東北楽天ゴールデンイーグルス阪神タイガース広島東洋カープ福岡ソフトバンクホークスといった、「地域密着」を売りとした球団によくみられる。(新聞系やTV局が球団を保有している場合を除く。また、パシフィックリーグの球団はcs放送や一部地上波放送の映像制作を球団が行っている)

ジャイアンツ戦の場合は、長年、主催試合のテレビ中継は読売系の日本テレビによる独占状態が続き(但し1959年6月25日天覧試合阪神タイガース戦だけNHK総合テレビジョンとの併用中継)、全国の系列局へネットされていた事から、全国に多数の巨人ファンを獲得した。ビジターとなる対戦球団主催の試合については、上記ルールが適用され、日本テレビで放送される試合数はわずかとなっている。特に、中日・DeNA・ヤクルト主催試合については、日本テレビは放映権を持っていないため一切放送されていない(ヤクルトについては、国鉄スワローズ時代で後楽園球場を使用していた時代は放映権を持っていた他、1978年の日本シリーズのみ例外的に放送した。DeNAについては、前身である大洋の川崎球場本拠地時代に1974年まで、TBSから権利を購入する形で放送していた。また、中日についても、CBC東海テレビが日本テレビとネット関係を持っていた頃は放送されていた)。なお、2013年には系列局の読売テレビがヤクルト・DeNA主催の阪神戦を、札幌テレビがDeNA主催の日本ハム戦を放送しているため、該当2球団については日本テレビもフジテレビ・TBSでの地上波放送がない試合については個別での購入が可能になったとみられるが、実施には至っていない(オープン戦は2011年に系列CS放送の日テレG+で横浜主催の巨人戦を放送している)。

テレビ中継関連[編集]

主催試合のテレビ中継を巡って[編集]

日本テレビ中継試合については、放送時間が編成に左右されることが多く、読売社内では「ゲームセットまで放送されない」ことに対する不満の声が多かった。このため、2001年に読売側がNHKに対して試合の完全放送を提案。2002年から年間10試合程度を総合テレビで地上波独占放送、また年30試合程度をハイビジョンテレビで中継することを受諾した。

しかし、2004年球界再編や更なるテレビ視聴率の低下などから、従来の日テレによる民放独占の方針を改め、他局での中継譲渡も検討されるようになり、2005年5月21日開催の東京ドーム北海道日本ハムファイターズ戦の試合が日テレ以外で初めてテレビ朝日から全国中継された。更に2006年には、日テレのジャイアンツ主催試合中継は63試合(地方開催分を含む)にとどまり、残り10試合(全て東京ドーム開催分)はNHK総合で5試合、テレビ朝日で3試合(2005年も1試合のみ中継)、更に以前から主催試合中継が懸念されたフルネット系列局が少ないテレビ東京で2試合(BSジャパン同時中継により、系列局のない地域でも衛星受信機かケーブルテレビで視聴可能)が割り当てられ、ここに至って日テレ独占状態はついに完全崩壊となる。

また、以前からキー局のジャイアンツ戦中継枠のうち一部を地元球団の試合に差し替えて中継する準キー局もあるが(中日新聞社が大株主の在名局であるCBC東海テレビによる中日戦中継など)、近年では地方都市に本拠を置く球団の試合を地元テレビ局がジャイアンツ戦を差し替えて中継する例も増えている。

開幕試合のテレビ中継[編集]

1990年以降の巨人主催の開幕試合は以下の通り。地上波では、基本的に日本テレビが試合前のセレモニーからの完全生中継を行う。セレモニーでの国歌独唱や始球式は芸能人や有名スポーツ選手、その年話題となった人物などが務める場合が多い。

年月日 名前 職業 球場と対戦相手(太字はシーズン初戦) 国歌独唱 アナウンサー
1990/4/7 鈴木俊一 東京都知事(当時) 東京ドーム(対ヤクルト) ダーク・ダックス 小川光明
1991/4/6 古橋廣之進[1] 元水泳選手・日本オリンピック委員会会長(当時) 東京ドーム(対中日) 五十嵐喜芳 山下末則
1992/4/7 宮沢りえ 女優 東京ドーム(対阪神[2] 吉田填一郎
1993/4/10 中山美穂 歌手・女優 東京ドーム(対横浜) 陸上自衛隊
音楽隊
小川光明
1994/4/9 西田ひかる 歌手・タレント 東京ドーム(対広島) 日野皓正
1995/4/7 内田有紀 女優 東京ドーム(対ヤクルト) 錦織健 山下末則
1996/4/5 飯島直子 女優 東京ドーム(対阪神) 北島三郎 小川光明
1997/4/4 安室奈美恵 歌手(前年の日本レコード大賞受賞) 東京ドーム(対ヤクルト) 中丸三千繪 山下末則
1998/4/7 吉川ひなの ファッションモデル・タレント 東京ドーム(対広島[3] 五十嵐麻利江 小川光明
1999/4/2 水野真紀 女優 東京ドーム(対阪神) THE ALFEE
2000/3/31 大谷敬子 「国境なき医師団」代表 東京ドーム(対広島) 中居正広SMAP
2001/3/30 川原亜矢子 ファッションモデル 東京ドーム(対阪神) 藤井フミヤ 吉田填一郎
2002/3/30 菊川怜 女優 東京ドーム(対阪神) 緑川まり 船越雅史
2003/3/28 優香 タレント 東京ドーム(対中日) 一路真輝
2004/4/2 川上哲治 巨人OB[4] 東京ドーム(対阪神) 大地真央
2005/4/1 安藤美姫 フィギュアスケート選手 東京ドーム(対広島) D-51
2006/3/31 萩本欽一 タレント・茨城ゴールデンゴールズ監督(当時) 東京ドーム (対横浜) 森麻季
2007/4/3 末續慎吾 陸上選手 東京ドーム(対中日[5] 秋川雅史 村山喜彦
2008/4/1 白鵬翔 第69代横綱 東京ドーム(対中日[6] 松尾香世子 河村亮
2009/4/3 上村愛子 モーグル選手 東京ドーム (対広島) 坂本朱 村山喜彦
2010/3/26 長島圭一郎 スピードスケート選手(バンクーバーオリンピック男子500m.銀メダリスト) 東京ドーム (対ヤクルト) 小川里美 河村亮
2011/4/12 東日本大震災に被災し、宇部市に避難している児童 ユービーアールスタジアム(対ヤクルト) 陸上自衛隊
音楽隊
平川健太郎
2012/3/30 藤原新 陸上選手(ロンドンオリンピックマラソン男子日本代表) 東京ドーム(対ヤクルト) AKB48
2013/3/29 坂田藤十郎 歌舞伎役者 東京ドーム(対広島) 読売日本
交響楽団
蛯原哲
2014/3/28 キャロライン・
ケネディ
駐日アメリカ合衆国大使 東京ドーム(対阪神) SMAP
※2011年は当初、ハーバード大学教授のマイケル・サンデル氏に決定していたが東日本大震災の影響で開幕が延期したことなどから変更した(当初の対戦相手は横浜だった)。また、国歌独唱も当初は和田アキ子が担当する予定だったが、上記の理由により取りやめとなった。
またこの試合は、BS日テレで、BS放送として初の試みとなる「3D映像中継」[7]を実施することが決まっており、BSでは試合開始から最大21:24まで3D、21:24以後も続いている場合は最大21:54まで通常の2D(地上波・CSでも同時中継だが、こちらは全編2D)で放送するという予定になっていたが、これも中止となった。改めての開幕戦となった4月12日のヤクルト戦を含め、その年の3D中継は結局代替日への延期がなされず、2012年度以後も企画されていないため、事実上幻の企画となった。

テレビ中継の延長オプション行使[編集]

概ね1980年代に入ってから、ジャイアンツが絡む試合の大半(優勝決定後の消化試合は除く)は最大で30分延長のオプション(初期のテレビ朝日の中継では一定時間が経過すると試合展開の如何に関係なく自動的に30分延長となったが、現在は延長中でも試合が終了すればその時点で中継も終わる。ただし5分単位)にすることが恒例とされた。日本テレビフジテレビでは60分延長したことがあった(日本テレビの60分延長は初めは全試合だったが、後に土・日のみになった)。しかし、近年低下傾向であった視聴率が2005年度シーズンに於けるチームの低迷で更に低下したことで各テレビ局は以下の対応を行った。

フジテレビは2005年8月4日放映の広島東洋との対戦から最大延長を15分(21:09まで)に短縮し、1ヵ月後の9月からは延長の廃止を決定した。それに追随してTBSも2005年8月17日の中日戦からやはり延長オプションを30分から15分に縮小した。そして読売新聞系のテレビ局である日本テレビもついに8月9日からの横浜ベイスターズ戦から延長時間の見直しを行うことにし、30分延長の短縮は原則しないが、試合の展開で一方的な大差がついた場合は定時、または延長途中での打ち切りも行うことにした。だが延長中止の基準がきちんと確立されているとは言えず、ジャイアンツリードの試合が打ち切られたケースもある。また巨人の優勝が完全に消滅した同年9月以後、当初全国放送が予定されていた一部のビジターゲームの試合(雨天中止の予備日程が入った試合)のゴールデン枠での中継が中止され、広島戦と中日戦はそれぞれのホームタウンでは生中継されたが、関東広域圏では深夜の録画(ディレイ)中継に追いやられた。

2006年には開幕当初から2005年から引き続き延長時間を15分と設定している試合がある。同年も視聴率の低迷は続き、4月27日広島東洋カープ戦を皮切りにオリックス・バファローズ西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルス戦が放送されなかった(CSでは放送された)が、6月はプライムタイムに中継されていた。視聴率低迷を受けてフジテレビは7月の巨人戦の3試合の中継の延長放送の取り止めを表明し、併せて更に8月以後の5試合の地上波での中継放送そのものの取りやめを表明した。 また、7月6日には日本テレビが「延長の可能性あり」と発表しつつも中日戦の野球中継延長を取りやめ、それ以降の試合中継でも試合内容には関係なく延長は行われなかった。8月1日に日テレは「巨人の優勝の可能性が低いことや、中継後のレギュラー番組を楽しみにしている視聴者への配慮などを総合的に判断した(同局総合広報部)」としてテレビ中継の延長を原則行わないことを決め、ローカル中継と日テレG+の完全中継放送に変更となった。同日の阪神戦から実施された。

野球中継をしなかった場合の番組視聴率を下回ることもある野球中継の視聴率の低下と中継延長により21時台以後の番組の遅延から視聴者離れが深刻になることも挙げられることを踏まえ、今後も視聴率の低迷が続けば延長或いは中継自体が縮小になる可能性がある。

中継の取りやめ[編集]

2005年9月2日にフジテレビ・テレビ新広島で放送の広島戦は「編成上の都合」で広島(生放送)と東京(深夜枠での録画中継)との、2地区におけるローカル中継に留めた。これは本来7月10日開催予定だった試合が雨で中止になりその予備日としてこの日に組み込まれたものの、スポンサーとの折り合いが付かなかったためであるが、しかしこの日のレギュラー番組が平均15%を超える人気番組+『金曜エンタテイメント』の内容が2夜連続である為中継は避けたいという判断が働いたという見方もある。またテレビ朝日でも同9月8日にゴールデンタイムで放送する予定であったヤクルト戦を急遽深夜枠での放送に切り替えるという、初めての事例が発生した。さらに9月19日からのヤクルト3連戦は試合展開に関係なく延長なし、9月28日の阪神戦は伝統の一戦にもかかわらず、深夜のダイジェスト放送も無し、10月の主催4試合は地上波での生中継は実施せず、BS日テレとCSのG+での中継のみ(地上波は深夜のダイジェスト放送)となった。

2006年4月はチームが好調だったにも関わらず視聴率は低迷し、4月27日の対広島戦は地上波・BSでは放送されず、生中継はCSのJ sports plusのみで行われた。また、先述のとおり横浜、中日、広島主催のビジターゲーム(特に週末のデーゲーム)と、一部交流戦に関しても全国中継を行わない試合が発生した。特に、5月の楽天との交流戦ビジター試合では、第2試合(テレビ朝日系全国放送)以外では地上波の全国放送は無く、第3戦に至っては宮城県内でのテレビ中継すら行われなかったが、これはこの試合が主催者側の親会社である楽天へのID登録によって視聴可能なインターネットサイト「楽天イーグルスTV」での生放送が行われていることも影響している。最終的にパ・リーグでは楽天だけが球団主催の巨人戦の全てを地上波で中継しなかった。7月には低迷を続ける視聴率を受けてフジテレビが同月の延長の取り止めと8月以降の試合は原則として地上波ではなく系列のCS放送にて中継することを表明した。また8月11-13日、及び9月18、19日の広島戦ビジター(初日から8月は中国放送/TBS、日本テレビ/広島テレビ、テレビ朝日/広島ホームテレビ、9月はテレビ朝日/広島ホームテレビ、日本テレビ/広島テレビ制作。RCC以外はキー局主管)の全国放送も取りやめ、更に9月30日・10月1日の広島戦、10月3-5日の横浜戦のホームゲーム(東京ドーム)も地上波では録画中継を含め一切中継がない(広島戦は広島ローカル分も)という、日テレはジャイアンツの主力スポンサーでありながら全国中継はおろか、東京でも放映なしという異例の事態も起きた(いずれも衛星放送=BSCS衛星放送にて放送)。そして10月10日の東京ドームでの中日優勝決定試合も日テレ系列での地上波中継が一切行われず、日テレならびに地元局の中京テレビに中日ファンから苦情の電話が殺到する事態を招いた。TBSもその後延長放送なしにしたり、放送権を持っていても地上波での全国中継を行わず(地元地域のみのローカル放送の場合あり)、BS・CSの衛星放送のみで完全中継の放送を行う形となった。テレビ朝日系列でも延長放送なしになり、BS朝日のみの単独放送になっている。

2007年度はフジテレビ系列が最大15分の調整・テレビ朝日系列が4月の中継のみ最大15分の調整、TBS系列は3月30日の開幕戦のみ試合終了までの調整、日本テレビ系列は4月3日 - 5日の東京ドームでの開幕3連戦のみ21:24まで延長をするが、以降の日本テレビ・TBS・テレビ朝日各系列は基本的に延長しないことになった。また、巨人戦の一部ナイターは自局系BSデジタル放送などに振り替え、地上波では放送されない(相手チームの地元ローカルで延長なしの生中継もしくは深夜に録画中継の場合あり)。また、日テレでのホームゲームの中継を42試合に削減し、残りの試合はBS日テレで20試合、NHK総合や他系列局(テレビ東京テレビ朝日)に総計10試合が割り当てられた。8月24〜26日の広島vs巨人戦は広島県内でのローカル放送を含めた地上波はおろか、25・26日はBSでの放送もなく、J SPORTSでの中継だけとなった(24日はテレビ朝日・BS朝日・広島ホームテレビ共同制作でBS朝日生中継。J SPORTSはそのBS朝日の映像を使い、それにJ SPORTS独自の解説音源を入れて録画放送した)。

日テレでのホームゲーム中継は毎年削減され、2008年はほぼ前年並みの41試合だったが、2009年以後は放送の主軸を衛星に置くことになり、日テレG+は巨人主催の全72試合を生中継と深夜のディレード方式による録画放送(+阪神・広島主催の数試合=こちらは生中継のみで録画再放送無し)、BS日テレは地上波との同時中継を含めた年間52試合の放送に拡大し、地上波は注目の好カードなど26試合にと前年の半数弱に縮小。前年まで主催試合を放送していたテレビ朝日とテレビ東京は放送から撤退した。なお、2013年はTBSテレビが巨人主催のオープン戦の生中継をしたが、WBCの強化試合だった(会場は福岡ドームでしたが、ホームチームだった巨人はビジター用のユニフォームを着用してプレーした)。

2010年には地上波での平日ナイターの放送を8試合に縮小、比較的家族が視聴しやすい土曜・日曜・祝日のデーゲーム(14試合)の中継に軸足を置き、BSでは地上波同時を含め56試合の放送に拡大している。

地上波のデーゲーム中継もナイター同様に全国放送されていたが、2014年はデーゲーム14試合のうち全国ネットは2試合のみ、残る12試合は関東ローカルでの放送になることが発表されている[8]

なお、一部の試合は各系列のBSやCSでプロ野球トップ&リレー中継が行われている。交流戦のパ・リーグ各チーム主催試合に関しては完全中継がなされることが多い。

優勝決定前後の中継における問題[編集]

民放各局は巨人の優勝決定試合は通常より時間を大幅に延長する。2002年9月24日に巨人がリーグ優勝した際、試合中継を行っていたフジテレビが原監督の胴上げの瞬間を生中継するなどで150分の中継延長を行い、視聴率は平均で29.1%、瞬間最高では42.9%に達したが、翌日以降は巨人の試合を各局とも放送しなかった。当時は松井秀喜に最終戦まで三冠王の可能性があり(首位打者は獲得ならず)、最終戦に関しては翌朝ダイジェスト放送(最初にホームランシーンを5回流し、5打席連続ホームランで三冠王獲得、シーズンホームランタイ記録の55号達成!!というVTRを作って流した)という結果となったため巨人ファンがテレビ局に抗議するという問題も起きた。ただし、過去にも巨人の優勝の可能性が消えたときには中継が行われなかった年度がある。

2004年以降、視聴率低迷により日本テレビでも主催試合の中継を大幅に削減している。巨人が5年ぶりの優勝が決まった2007年10月2日は秋の改編期と重なり、日本テレビでも特番を編成したため中継枠が取れなくなった。NHKBS-1とBS日テレ、日テレG+では完全生中継したものの地上波では踊る!さんま御殿の2時間半スペシャル内で胴上げをワイプ放送し、21時30分より10分間優勝インタビューを流した。そのため女検事・霞夕子スペシャル以降の番組は10分繰り下げとなった。

試合がなく他力での優勝だったケースを除いて、巨人の優勝が地上波での実況中継という形で全く放送されなかったのは異例であるが、2006年の中日優勝の試合も巨人のホーム(東京ドーム)で、地上波での放映権のあるはずの日テレはおろか、中日の地元・愛知県中京テレビでも放映されず、苦情が相次いだ。

こうした事を踏まえて、2009年は優勝の可能性がある9月21日~23日の中日戦のデーゲームを3戦共地上波で放送された(リーグ優勝は9月23日に決定。ちなみにこの3連戦は巨人がすべて勝利した)。2012年9月21日の対ヤクルト戦は当初、BS日テレと日テレG+のみの放送だったが、優勝マジックが1だったため、予定を変更して急遽地上波でも放送した。この日、巨人はヤクルトに勝利し、3年ぶりのリーグ優勝を決めた。

2013年はマジック1で迎えた9月21日の広島戦は当初日本テレビでは中継の予定はなかったものの、予定を変更して急遽放送した。この日巨人は敗れ、優勝は決まらなかった。翌22日は、マジック対象チームの阪神がデーゲームで敗れ、ナイターの巨人は試合前に優勝が決まった。このため、この日は巨人戦の地上波中継は行われず、胴上げも祝勝会も地上波では生中継されなかった。[9]

クライマックスシリーズへの対応[編集]

2007年からはパ・リーグに続いてセ・リーグにもプレーオフ制度が導入され、『クライマックスシリーズ』として統一された制度の下で行われることとなった。レギュラーシーズンの優勝チームと日本選手権シリーズ出場チームが異なるかもしれないという事態となるが、中継権に関しては、統括組織ではなくレギュラーシーズン同様に各球団に優先決定権がある。しかし、日本シリーズに直結する試合であるだけに、出場する球団は、自社の利益と公益性との狭間で、難しい対応を迫られることとなる。

というのも、開催時期が各放送局にとって重要な、年度下半期の改編時期と重なることや、その後北京オリンピック予選など、大きなスポーツイベントが続いていくからである。

関連記述[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木俊一が始球式を務める予定だったが、東京都知事選挙立候補のため変更
  2. ^ この年のシーズン開幕戦は広島市民球場での対広島戦だった
  3. ^ この年のシーズン開幕戦は神宮球場での対ヤクルト戦だった
  4. ^ 球団創立70周年記念の一環として。
  5. ^ この年のシーズン開幕戦は横浜スタジアムでの対横浜戦だった
  6. ^ この年のシーズン開幕戦は神宮球場での対ヤクルト戦だった
  7. ^ BS初!プロ野球巨人戦3D中継実施!(2011年3月7日 2013年8月2日閲覧)
  8. ^ “2014年度  読売巨人軍主催ゲーム 野球中継について” (プレスリリース), 日本テレビ放送網株式会社, (2014年1月27日), http://www.ntv.co.jp/info/pressrelease/754.html 
  9. ^ 半沢40%超追い風 巨人V地上波放送なし