第1次中曽根内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第1次中曾根内閣から転送)
移動: 案内検索
第1次中曽根内閣
内閣総理大臣 第71代 中曽根康弘
成立年月日 1982年(昭和57年)11月27日
終了年月日 1983年(昭和58年)12月27日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第13回参議院議員通常選挙
第37回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1983年(昭和58年)11月28日
田中判決解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次中曽根内閣(だいいちじなかそねないかく)は、中曽根康弘が第71代内閣総理大臣に任命され、1982年(昭和57年)11月27日から1983年(昭和58年)12月27日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

自由民主党単独内閣。中曽根はロッキード事件被告人として糾弾されていた田中角栄の後押しで政権を握ったため、社会民主連合楢崎弥之助などは「中曽根内閣の上に田の字を付けて、田中曽根内閣」と皮肉った[1]

1983年、中曽根が訪韓し、教科書問題に決着を着けると共に「日韓新時代」を宣言。同年、演説において「戦後史の転換点」を強調した[要出典]。この後、ロッキード事件の裁判において田中に実刑判決が出た、同年12月の第37回衆議院議員総選挙において自民党は議席を減らす結果となった。

同年1月、都市再開発促進の規制緩和策であるアーバンルネッサンス計画を立ち上げ、都心部(特に東京23区内)の容積率を大幅に緩和した。これは後の地価高騰をもたらす根源的な要因となりバブル景気への道筋を作っていくことになった[2]

閣僚[編集]

政務次官[編集]

1982年11月30日任命。

楢橋進
鈴木正一 /田代由紀男:1983年7月12日 -

脚注[編集]

  1. ^ 前代、前々代の大平内閣鈴木善幸内閣が「角影内閣」と呼ばれていたが、田中の影響が更に増したという意味で「直角内閣」とも呼ばれた。
  2. ^ 段勲千昌夫の教訓』 (小学館文庫、2000年) ISBN 4094043616

参考文献[編集]

外部リンク[編集]