泉州銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泉州銀行のデータ
英名 The Senshu Bank, Ltd.
統一金融機関コード 0160
SWIFTコード SSBOJPJS
代表者氏名 吉田憲正
(よしだ のりまさ)(頭取
店舗数 64
ネット支店等は除く)
従業員数 1,348名(2009年3月末)
資本金 445億75百万円
総資産 2兆2,268億円
貸出金残高 1兆7,299億円
預金残高 1兆8,449億円
設立日 1951年1月25日
所在地
〒596-8654
大阪府岸和田市宮本町26番15号
特記事項:
経営指標はいずれも2009年3月
テンプレートを表示

株式会社泉州銀行(せんしゅうぎんこう、英文行名:The Senshu Bank, Ltd.)は2010年4月まで存在し、大阪府岸和田市に本店を置いていた地方銀行。いわゆる戦後地銀である。泉銀(せんぎん)と呼ばれており、大阪府泉州地域を地盤としていた。

概要[編集]

ロゴ
泉州銀行 本店
(現:池田泉州銀行 泉州営業部)

いわゆる戦後地銀ではあるが、設立当初に三和銀行より一部店舗を継承したなど関係が深く、1990年代の金融危機を受けて、2001年に三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の系列入りしている。2008年には大阪府の北摂地域を地盤とする池田銀行との経営統合の計画を発表した。2009年10月1日金融持株会社池田泉州ホールディングスを設立し、両銀行がその傘下に入る形となった。それから半年後となる2010年5月1日に、池田銀行に吸収され、池田泉州銀行となる。当行の本店営業部は、合併に伴い、泉州営業部となった。

その歴史から、一部の店舗では泉州銀行設立よりも古い歴史を有し、戦前に泉州地域に存在した辻林銀行(三和銀行と阪南銀行(現・三井住友銀行)に分割吸収)等にそのルーツを求めることもできる。

本店の建物は村野藤吾の設計。

沿革[編集]

営業政策[編集]

店舗展開[編集]

本店は岸和田市におくが、店舗数は堺市が一番多い。府外は東京支店、和歌山支店のみ。

通常の支店のほか、ネット上の支店であるダイレクト支店がある。

自動機サービス[編集]

ATMでの預金引出し取引については、同行親会社の三菱東京UFJ銀行、及びイオン銀行と相互に無料提携を行っていた。なお、三菱東京UFJ銀行ATMでの預金預入れ取引も無料提携の対象となっていたが、合併後、勘定系システム統合前の最終営業日である2011年12月30日をもって打ち切られた。また、池田銀行との経営統合に合わせて、阪急電鉄の鉄道駅構内にあるPatSatとも無料提携を行なっている。

システム[編集]

大正銀行三菱UFJフィナンシャル・グループ)及び鳥取銀行三菱東京UFJ銀行が筆頭株主、三菱UFJ信託銀行も大株主)と「BCS共同利用型基幹システム」を利用していた。

なお、池田銀行との合併後は、合併時点では旧行間をリレー接続する方式をとった上で、2012年1月、従前より池田銀行が採用していたNTTデータ地銀共同センターに片寄せされた(なお、鳥取銀行も、2012年5月にNTTデータ地銀共同センターへリプレースしている)。

関連会社[編集]