ディートリッヒ・ボンヘッファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディートリッヒ・ボンヘッファー
煙草を吸うボンヘッファー(1939年)
生誕 1906年2月4日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ブレスラウ
死没 1945年4月9日(満39歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 バイエルン州
フロッセンビュルク強制収容所
出身校 ベルリン大学
影響を受けたもの ラインホルド・ニーバー
マハトマ・ガンディー

ディートリッヒ・ボンヘッファーDietrich Bonhoeffer, 1906年2月4日 - 1945年4月9日)は、ドイツ古プロイセン合同福音主義教会(ルター派)の牧師20世紀を代表するキリスト教神学者の一人。

第二次世界大戦中にヒトラー暗殺計画に加担し、別件で逮捕された後、極めて限定された条件の中で著述を続けた。その後、暗殺計画は挫折。ドイツ降伏直前の1945年4月9日、処刑を急ぐ国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)により、フロッセンビュルク強制収容所で刑死。ベルリン国立図書館の一階には、絞首台のロープが首にかけられたボンヘッファーを描いた大理石の胸像が展示されている。

生涯[編集]

ベルリン国立図書館に建つボンヘッファーの胸像

ドイツのブレスラウ(現在のポーランドヴロツワフ)で、精神医学の権威で1911年以降ベルリン大学で医学部教授を務めた父カール・ボンヘッファー (Karl Bonhoeffer) の家庭に、8人兄弟の6番目として生まれた。

1923年テュービンゲン大学神学部に入学。1924年にベルリン大学神学部に入学。

1927年(21歳)、学位論文「聖徒の交わり」(Communio Sanctorum) により最優等の成績でベルリン大学より神学博士号取得。

1928年には、 バルセロナで副牧師(牧師補)となり、翌1929年には、ベルリン大学助手となった。

1930年から1931年にかけてアメリカ合衆国に留学し、ニューヨークのユニオン神学校ラインホルド・ニーバーの下で学ぶ。この滞在中に、ハーレム地区アフリカン・メソジスト・エピスコパル教会の共同体と接触する機会があり、アフリカ系アメリカ人に対する差別の問題に触れる。その後、マハトマ・ガンディーの思想からの影響と共に、アメリカでの経験が福音の社会的側面に対してボンヘッファーの考えが変わり、神学者として出発する。その後キリスト者として、やがて同時代人として生きることを選ぶ一つの契機となったと考えられる。

1931年に帰国後、ベルリン大学講師となる。

1933年1月30日にアドルフ・ヒトラーが宰相に就任。ナチ党の政権取得直後、ボンヘッファーはラジオ放送でナチ党の「指導者原理」を露骨に批判したが、放送は強制的に中断された。

同年7月には、ユダヤ人の公職からの追放を目的とした「職業官吏再建法」(de:Gesetz zur Wiederherstellung des Berufsbeamtentums)が制定され、教会にもいわゆる「アーリア条項」が適用されるようになった。その後、秋までにはドイツ的キリスト者 (Deutschen Christen) と呼ばれるナチスの追随者がドイツのプロテスタント教会で支配的になるが、こうした動きに対抗し、9月21日、ボンヘッファーはマルティン・ニーメラーらと牧師緊急同盟を結成。これが後の告白教会に繋がる。ただし、アーリア条項に反対した当時の他の教会指導者たちとボンヘッファーが全く同一の考えを持っていたわけではない。他の指導者たちにとって反対すべき主要な理由は、教会の自由が侵害されるという点であるが、ボンヘッファーは問題の重大性を深く認識していたことが差異である。

同年、ロンドンのドイツ人教会の牧師に着任し、教会闘争において最も親しい友人となる世界教会会議議長チチェスターの主教ジョージ・ベルに出会う。

1934年4月22日、告白教会結成。5月末には第1回全国告白教会総会が開かれ、6月にはカール・バルト起草による「バルメン宣言」が全会一致で可決された。

同年4月、ロンドンから戻り、告白教会による非合法の牧師養成所(後にフィンケンヴァルデに移る)の所長となる。ただし、ナチズムとの妥協を図ろうとする穏健派が告白教会内でも多数派であり、こうした思想的相違から、告白教会内でのボンヘッファーの影響は大きくなかった。この頃、後の婚約者マリア・フォン・ヴェーデマイヤー (Maria von Wedemeyer) と知り合っている。

1936年8月に、ナチスに対する反対により、ベルリン大学から解任される。

1937年7月1日、ニーメラー逮捕。同年9月、フィンケンヴァルデの牧師養成所がゲシュタポにより閉鎖される。

1939年6月2日にニューヨークに向けて出発。アメリカではニーバーらがボンヘッファー亡命のための準備を整えていた。しかし、わずか1か月後にはドイツに帰国することを決断する。

1939年、ドイツ国防軍の将校を中心とした反ヒトラーグループ(ゲシュタポによって黒いオーケストラと名付けられる)に参加。ボンヘッファーの役割は、グループの精神的支柱となることのほかに、各国のエキュメニズムとの連絡、連合国側への情報提供、及び和平交渉であった。

1943年1月に、マリア・フォン・ヴェーデマイヤーと婚約。しかし、数か月後の4月5日に、ユダヤ人の亡命を援助したことにより逮捕。

1944年7月20日、黒いオーケストラによるヒトラー暗殺計画は失敗に終わった(7月20日事件)。多くの関係者が処刑、または逮捕され、ボンヘッファーの兄クラウス、義兄リューディガー・シュライヒャーも逮捕された。

1945年4月に黒いオーケストラの一員であったヴィルヘルム・カナリス提督の日記からボンヘッファーの関与が発覚。わずか数日後の4月8日、ボンヘッファーはフロッセンビュルク強制収容所へ移送されて死刑判決を受け、翌日絞首刑に処された。同日には、義兄ハンス・フォン・ドホナーニ、カナリスらも処刑された。兄クラウス、義兄リューディガーも4月23日にベルリンで銃殺された。ヒトラーが総統地下壕自殺し、ナチス体制が崩壊したのはボンヘッファーの刑死した3週間後のことだった。

思想[編集]

ハルツにて、堅信礼クラスの生徒たちと(1932年)

その早すぎる死のため、ボンヘッファーは自らの思想を語りつくすことはできなかったが、「安価な恵み」「高価な恵み」、「非宗教的キリスト教」、「成人した世界」などの論争的な術語により、第二次世界大戦後のキリスト教界に大きな影響を与えた。

上述したように、ボンヘッファーはガンジーから影響を受け、非暴力の抵抗を理想と考えたが、当時のドイツは限界状況にあり、違法な手段以外に選択肢はなかった。ボンヘッファーは、ある一定の状況においては殺人が善でありうると主張したのではない。殺人は悪であり、神の審きの対象であることに変わりはなく、マタイによる福音書26章52節にあるように、「剣を取る者は皆剣によって滅びる」のである。しかし、隣人のためにその罪を自ら引き受ける者が彼の時代には必要であるとボンヘッファーは考えた。そのようにして神の律法を一時的にでも超えて行くことは、彼によれば、将来における真の意味での律法の成就に不可欠であった。逆に、善を選ぶことが不可能な状況下において、より大きな悪を避けるためにより小さな悪を選ばないことは逃避であるとされ、批判の対象となった。

当時のナチ党の思想下による国民の影響についてボンヘッファーは、良心は葛藤を避けるために自律を放棄して他律に陥り、それが当時のドイツではヒトラー崇拝という形をとった、との見方をした。

著作(日本語訳)[編集]

  • たとい我死の蔭の谷を歩むとも ボンヘッファーの手紙(倉松功編訳、新教出版社、1956年)
  • 誘惑(堀光男訳、新教出版社、1958年)
  • 交わりの生活(岸千年訳、聖文舎、1960年)
  • 現代信仰問答(森野善右衛門訳、新教出版社、1961年)
  • ボンヘッファー選集(全9巻、新教出版社、1962年 - 1968年)
1 聖徒の交わり 教会社会学のための教養学的研究 / 大宮溥
2 行為と存在 / 国谷純一郎
3 キリストに従う / 森平太
4 現代キリスト教倫理 / 森野善右衛門訳
5 抵抗と信従 / 倉松功・森平太訳
6 告白教会と世界教会 / 森野善右衛門訳
7 キリスト論 / 村上伸
8 説教 / 大崎節郎
9 聖書研究 / 生原優堀光男畑祐喜
  • 創造と堕落 創世記1-3章の神学的釈義(生原優訳、新教出版社、1962年)
  • 主に従う(岸千年・徳善義和共訳、聖文舎、1964年)
  • この人を見よ(森平太編、新教出版社、1969年)
  • 共に生きること 抵抗と服従-獄中書簡(抄)(平石善司訳、現代キリスト教思想叢書 6 白水社、1973年)
  • 説教と牧会(森野善右衛門訳、新教出版社、1975年)
  • 共に生きる生活(森野善右衛門訳、新教出版社、1975年)
  • 教会の本質(森野善右衛門訳、新教出版社、1976年)
  • 主のよき力に守られて ボンヘッファー1日1章(村椿嘉信訳、新教出版社、1986年6月)
  • 日曜日 獄中からの小説草稿(高橋祐次郎訳、新教出版社、1987年12月)
  • ボンヘッファー獄中書簡集(E.ベートゲ編、村上伸訳、新教出版社、1988年11月)
  • ボンヘファー/マリーア 婚約者との往復書簡(マリーア・フォン・ヴェーデマイアー/高橋祐次郎・三浦安子訳、新教出版社、1996年12月)
  • 信じつつ祈りつつ ボンヘッファー短章366日(小池創造訳、新教出版社、1997年8月)
  • クリスマスの奇蹟(高橋祐次郎訳、新教出版社、1997年10月)
  • ボンヘッファー説教全集 1(1925 - 1930年)(畑祐喜・森平太訳、新教出版社、2004年1月)
  • ボンヘッファー説教全集 2(1931 - 1935年)(大崎節郎[ほか]訳、新教出版社、2004年5月)
  • ボンヘッファー説教全集 3(1935 - 1944年)(浅見一羊[ほか]訳、新教出版社、2004年8月)
  • ボンヘッファー聖書研究 旧約編(生原優・畑祐喜・村上伸訳、新教出版社、2005年8月)
  • ボンヘッファー聖書研究 新約編(浅見一羊・大崎節郎・長谷川晴子・畑祐喜・堀光男・村上伸・森野善右衛門・森平太訳、新教出版社、2006年10月)
  • 行為と存在 組織神学における超越論哲学と存在論(H.-R.ロイター編、池永倫明訳、新教出版社、2007年3月)

伝記[編集]

  • E.ベートゲ『ボンヘッファーの世界 その本質と展開』(日本ボンヘッファー研究会編訳、新教出版社、1981年3月)
  • エルンスト・ファイル『ボンヘッファーの神学 解釈学・キリスト論・この世理解』(日本ボンヘッファー研究会訳、新教出版社、2001年10月)
  • 森平太『服従と抵抗への道』(新教出版社、2004年)
  • サビーネ・ライプホルツ=ボンヘッファー、ゲルハルト・ライプホルツ『ボンヘッファー家の運命 その苦難・抵抗・勝利』(初宿正典訳、新教出版社、1985年5月)
  • マルティン・クスケ『この世的に生きるキリスト者 ボンヘッファーの幻』(日本ボンヘッファー研究会訳、新教出版社、1990年10月)
  • ザビーネ・ライプホルツ=ボンヘッファー『ボンヘッファー家のクリスマス』(ロコバント・靖子訳、新教出版社、1993年11月)

出典[編集]

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「ディートリッヒ・ボンヘッファー」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。