ユルゲン・モルトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユルゲン・モルトマン(Jürgen Moltmann、1926年4月8日 - )はドイツ神学者希望の神学を提唱したことで世界的に知られる。

経歴[編集]

1926年ハンブルクに生まれる。ナチス・ドイツの軍隊に従軍して、第二次世界大戦中に捕虜になり、初めて神学に触れ、そこで十字架の苦難と復活の希望を心に焼き付けられ、それが希望の神学のきっかけになった。ゲッティンゲン大学プロテスタント神学部で学び、H・J・イーヴァント、E・ヴォルフ、O・ヴェーバーの影響を受ける。その後、イギリスに留学。帰国後、1953年から1958年まで、ブレーメンのヴァッサーホルスト教会で牧師となる。1958年から1963年まで、ヴッパータール神学大学、1963年から1967年までボン大学、1967年以降テュービンゲン大学で組織神学を教えた(1994年退官)。

最初は、改革派神学を研究していたが、エルンスト・ブロッホファン・リューラーに触発されて、1964年に『希望の神学』を著した。これによって、神学の中に未来と希望という次元を回復したので、世界的に有名になり。20世紀後半の神学の流れを形成した。

妻はフェミニスト神学研究で知られるE・モルトマン・ヴェンデル。夫婦の共著も多い。

著書[編集]

  • 『希望の神学』1964年
  • 『十字架につけられた神』1972年
  • 『聖霊の力における教会』1975年
  • 『神学の展望』1968年
  • 『創造の将来』1977年
  • 『三位一体と神の国』1980年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ユルゲン・モルトマン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。