聖書批評学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖書批評学(せいしょひょうがく)は本文批評の主に保守派による呼び方である。

文書について、その本文を、文学的、資料、筆者、成立年代、執筆の意図、構成、文体などを確定する作業である。18世紀以降のヨーロッパで、合理主義精神の元で、その手法が新約聖書旧約聖書の研究に適用されるようになった。下層批評(本文批評)と上層批評(歴史・文献批評)からなる。

参考文献[編集]